本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル
 
Q&Aよくある質問集
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "ごみ・リサイクル" 【135 件中 41 件から 60 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 港南区内で古着をリサイクルに出すにはどうしたら良いか
 現在、古着をリサイクルに出すには、主に下記の方法があります。 出された古着は、衣料品として需要があるものは主に海外で再利用され、そうでないものは繊維加工品の原材料となります。 (1)資源集団回収 お住まいの地域の自治会・町内会や子ども会等で、定期的に資源物を自主回収しています。回収量に応じて奨励金が交付され、回収を行っている団体の活動資金の一部にもなっています。回収日については回収場所…
 
Q ごみの出し方が分かるようなパンフレットはないか
パンフレット「ごみと資源物の分け方・出し方」 ・内容:横浜市での、「燃やすごみ」、「資源となるもの」、「粗大ごみ」などをはじめとするごみと資源物の分け方・出し方のマニュアル。 ・配布:区役所や資源循環局事務所でもお渡ししています。 ※同様な情報が資源循環局ホームページでもご覧になれます。 ※外国語版(英語、中国語、ハングル、スペイン語、ポルトガル語、ベトナム語)も作成しています。
 
Q 収集場所の新規設置、変更、廃止はどうすればよいか
 ごみ集積場所は、概ね10〜30世帯に1か所を基準として、利用される地域の方々のお話合いにより、居住している範囲内で場所を選定していただき、各区の資源循環局事務所に届け出ていただいております。  なお、資源循環局事務所では、収集車の運行や収集作業に問題がない場所であることなどを確認させていただいております。
 
Q 「小さな金属類」の範囲
 材質が主に金属でできているもので、一番長いところの長さが30cm未満の場合です。  具体的には、なべ・フライパン(取っ手を除いて長さが30㎝未満)・やかん・トースター・ワイヤーハンガーなどです。 ただし、傘は布・ビニールを取り除いた状態で長さ関係なくお出しいただけます。  なお、30cm以上ですと、「粗大ごみ」になりますので、粗大ごみ受付センターへお申込みください。  また、金属とそれ以…
 
Q 産業廃棄物処理業者を紹介してほしいのですが、どうしたらいいですか。
(1)横浜市から特定の産業廃棄物処理業者を御紹介することはできませんので、許可を持った産業廃棄物処理業者が結成している「公益社団法人神奈川県産業資源循環協会」にお問い合わせください。                   <問合せ先>  ・〒231−0023 横浜市中区山下町1 シルクセンター             【公益社団法人神奈川県産業資源循環協会】             (TEL…
 
Q 分別したものはどのようにリサイクルされるのか。
● プラスチック製容器包装については、異物除去や圧縮・梱包などの処理を行い、その後、再商品化事業者に引き渡され、ガス・油などの燃料やプラスチック製品の材料などにリサイクルされます。 ● 古紙・古布については、市内のリサイクル事業者へ引き渡したのち、古紙は製紙会社で新聞紙やダンボールなどの原料に、古布は古着として再利用されるほか、工業用の雑巾(ウエス)などとしてリサイクルされます。 ● スプレー…
 
Q 古布の出し方
古布は、洗濯して乾いているものを中身がはっきりと確認できる半透明の袋に入れて出してください。 なお、雨に濡れるとリサイクルできませんので、雨の日には出さないでください。次回の収集日に出すか、資源回収ボックスなどをご利用ください。 お問い合せ【資源循環局業務課】 (TEL 671−3816) (FAX 662−1225) (eメール sj-gyomu@city.yokohama.jp)
 
Q 粗大ごみ受付センターに電話がつながらない。
・粗大ごみ受付センターは、曜日や時間帯によってはお申込みの電話が集中し、つながりにくい場合があります。(特に、月曜日・火曜日や祝日の翌日は、電話が大変込み合います。) ・混雑時も話し中にはならず、長く呼び出していただいている電話から順におつなぎしますので、切らずにお待ちいただくか、お日にちや時間帯を変えておかけ直しくださいますようお願いします。 ・インターネットからもお申込みできますので、ご利…
 
Q G30とは何ですか?
平成22年度における全市のごみ排出量を13年度に対し30%削減する「横浜G30プラン」の目標達成に向けた、減量・リサイクル行動のことです。  Gは、ローマ字のごみ(Gomi)、英語のごみ(Garbage)、ローマ字の減量(Genryou)の頭文字をとって、30は、ごみ削減目標の30%をとっています。 平成22年度には、目標を大幅に上回る43.2%のごみ減量を達成することができ、「横浜市一般廃棄…
 
Q 横浜市が収集しない品目はどのようなものがあるか
 横浜市で収集しないごみは次のようなものです。 ・処理が困難なもの…タイヤ、原動機付自転車、オートバイ、ガスボンベ(カセット式ガスボンベを除く。)、消火器、化学薬品、農薬、自動車用鉛蓄電池、耐火金庫、ピアノ、石油類、塗料等  ※「タイヤ・バッテリー・消火器・金庫・ピアノ・塗料・薬品など収集しないものの処理方法」を参照 ・事業者がリサイクルを行うべきもの…エアコン、テレビ、電気冷蔵庫、…
 
Q 「ヨコハマ3R夢プラン」とは何ですか?
平成23年1月に策定した、「横浜市一般廃棄物処理基本計画(ヨコハマ3R夢プラン)」のことです。  3R(?リデュース(Reduce発生抑制)・?リユース(Reuse再使用)・?リサイクル(Recycle再生利用))を進めることによって、更なるごみ減量と脱温暖化に取り組み、豊かな環境を後世に引き継ぐことで、子どもたちが将来に「夢」を持つことができるまち・横浜の実現を目指します。 ■「ヨコハマ…
 
Q 家庭用電気式生ごみ処理機購入助成制度・生ごみコンポスト容器購入助成制度について
平成27年度をもちまして、助成制度は終了しました。
 
Q 自宅前に不法投棄物がありすぐ処理してほしい
ご自宅の前が集積場所の場合はお住まいの区の資源循環局収集事務所、道路上(公道)の場合は土木事務所へご相談ください。 なお、道路上や集積場所等にある不法投棄物については、原則として投棄した人に片付けてもらうことになります。そのため警告書等を貼り、おおむね1週間程度、警告および自主的に片付けてもらうためその場所に置かせてもらいます。その後、撤去されていない物については随時回収を行っていますので、ご理…
 
Q 横浜市南本牧第5ブロック廃棄物最終処分場での産業廃棄物の処分費用を教えてください。
 産業廃棄物の種類によって処分費用が異なります。  次の産業廃棄物は、1kgにつき13円が処分費用となります。  廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず[ただし、廃石膏ボードは除く。]、ゴムくず、がれき類、建設汚泥  次の産業廃棄物は、1kgにつき15円50銭が処分費用となります。  燃え殻、鉱さい、ばいじん、汚泥[ただし、建設汚泥は除く。]、ガラス…
 
Q グリーン購入とは何ですか。
「環境物品等の調達の推進等に関する法律」(いわゆるグリーン購入法)に基づき、 環境に配慮した物品等の調達、役務の提供をおこなうことです。  横浜市では、当該法律の施行に基づき「横浜市グリーン購入の推進に関する基本方針」及び、「横浜市グリーン購入の推進を図るための調達方針」を定めております。  また、日常業務から生じる環境負荷の低減を図り、持続的発展が可能な社会の形成に資することを目的に、…
 
Q 小規模事業所が排出する事業系ごみを、市が回収する制度はないのか
 横浜市では原則として事業活動(営利・非営利を問わず)に伴って生じる廃棄物(事業系ごみ)は収集しません(家庭ごみの集積場所に事業系ごみを排出すると、法令により罰せられることがあります)。  自己処理するか、許可を持った業者に委託して処分してください。  しかし、以下の3つの要件をすべて満たす場合は「住居併置事業所」として登録し、市が収集します(登録後に、ごみ袋に事業所名を明記する必要があり…
 
Q ごみ収集車のオルゴールの音が大きい(小さい)
 ごみを出し忘れている方やごみ集積場所の掃除当番の方などへ収集車がきたことをお知らせするために、原則としてすべての収集車で、わかりやすいメロディとともにごみの出し方などを放送しています。ただし様々な生活様式の方がいらっしゃいますので、ご要望の多い地域については、音量を調節したり、放送を中止している場合もあります。具体的な状況については、お住まいの区の資源循環局事務所にお問い合わせください。
 
Q 傘の出し方
 まず、金属製の骨組と布部分に分けてください。そして、金属製の骨組みは、週1回の「小さな金属類」で、布部分は、週2回の「燃やすごみ」で出してください。
 
Q 横浜市南本牧第5ブロック廃棄物最終処分場で処分できる産業廃棄物について教えてください。
<発生場所>  原則的に「横浜市内で発生する産業廃棄物」を受け入れています。  [※ 市外で発生するものは受入れ不可です。] <利用できる事業者>  南本牧第5ブロック廃棄物最終処分場を利用できる事業者は、市告示によって限られています。主なものは次のとおりですが、その他については【産業廃棄物対策課】(TEL 671-2515)までお問い合わせください。 ★ 横浜市内の中小企業の事業者…
 
Q 工場の煙突から煙が出ているが公害ではないか。
白い煙は焼却炉の排ガスに含まれている「水蒸気」であり、有害ではありません。 また、焼却炉の運転は、法の基準(※)を遵守した運転管理を行い、公害の未然防止を図っています。 排ガスの測定結果については、関連ホームページ「焼却工場」の工場データ「維持管理記録票」をご覧ください。 ※法の基準:廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則第4条(一般廃棄物処理施設の技術上の基準)
 
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.