本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 子育て・赤ちゃん・子ども
 
Q&Aよくある質問集
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "子育て・赤ちゃん・子ども" 【87 件中 81 件から 87 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 予防接種の予診票(接種券)を紛失してしまいました。再発行してもらえますか。
福祉保健センターで、未接種の予防接種の予診票(接種券)をお渡しします。 ・予防接種の記録を確認しますので、「母子健康手帳」及び「年齢の確認できる書類(健康保険証等)」をご持参ください。なお、母子健康手帳を紛失された場合は、接種歴を口頭でお伝えください。 ・問い合せ先は関連ホームページを参照してください。
 
Q 放課後キッズクラブやはまっ子ふれあいスクールへの参加はどのようにすればよいのですか。
参加できるのは、原則としてその学校に通っている1〜6年生です。事前に各放課後キッズクラブまたは、はまっ子ふれあいスクールに申込みをしてください。参加当日は受付を済ませてから遊びます。授業終了後にそのまま参加することもできますし、一時帰宅してから参加することもできます。帰宅するときには、帰宅する旨をスタッフに伝えてから帰ります。ただし、地域の事情等により一時帰宅が認められない場合等もありますので、申…
 
Q 放課後キッズクラブやはまっ子ふれあいスクールへお弁当を持参することはできますか。
土曜日や長期休業中、給食のない日に参加する場合は、一時帰宅する場合を除いてお弁当が必要となります。
 
Q はまっ子ふれあいスクールの開設日・開設時間・費用を教えてください
開設日は毎週月曜日から土曜日までです。(祝日及び12月29日から翌年1月3日までを除きます。)開設時間は、従来型は平日は授業終了後から午後6時まで、土曜日、学校休業日及び長期休業期間中は午前9時から午後6時までです。充実型は平日は授業終了後から午後7時まで、土曜日、学校休業日及び長期休業期間中は午前8時30分または午前9時から午後7時までです。費用は、傷害見舞金制度負担金が年額500円かかります。…
 
Q 放課後児童クラブを新しく開設したい。手続き方法を教えてください。
放課後児童健全育成事業は、地域の理解と協力のもとに組織される、放課後児童クラブを運営する運営委員会等に補助をし、実施しています。運営委員会は、   自治会・町内会の代表者、民生委員・児童委員、青少年指導員、小学校の代表者 を必須構成員として組織していただいています。委託要件は次のとおりです。   ア 良好な衛生環境及び安全性を備えた、事業のための施設を確保していること。   イ 事業の委託…
 
Q 横浜市に引っ越してきました。他の市町村でいただいた母子健康手帳(母子手帳)は、使用できますか。
就学前までのお子さんの健康手帳として、他の市町村で交付された母子健康手帳(母子手帳)を引き続きご使用ください。 なお、乳幼児健康診査、予防接種など市町村によりサービス内容が異なりますので、お住まいの福祉保健センターにお問い合わせをしていただきますよう、お願いします。  問い合わせ先  【こども青少年局こども家庭課】 (TEL 045−671−2455)
 
Q 放課後キッズクラブやはまっ子ふれあいスクールの参加対象児童は?
参加できるのは、原則としてその学校に通っている1〜6年生です。学区内に在住していれば、私立、国立等の他校に通学するお子さんも参加できます。特別支援学校等に通学するお子さんの参加については、個別に対応させていただいているので、【こども青少年局放課後児童育成課】(TEL 671−3587)へ御相談ください。
 
Q&Aよくある質問集 > 子育て・赤ちゃん・子ども

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.