本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 子育て・赤ちゃん・子ども
 
Q&Aよくある質問集
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "子育て・赤ちゃん・子ども" 【83 件中 41 件から 60 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 里帰り出産をする予定です。里帰り先で上の子どもの乳幼児健康診査(健診)を受けたいのですが。
横浜市民が里帰り先の市町村で乳幼児健康診査を受ける場合は、横浜市が里帰り先の市町村あてに文書で依頼をする必要があります。まずは、お住まいの区の福祉保健センターにご連絡ください。 問合せ先  【こども青少年局こども家庭課】(TEL 045−671−2455 )
 
Q 放課後キッズクラブの参加対象と参加方法について教えてください。
参加できるのは、原則としてその小学校に通っている1~6年生です。学区内に在住していれば、私立、国立等の他校に通学するお子さんも参加できます。事前に各放課後キッズクラブに申込みをしてください。参加当日は受付を済ませてから遊びます。授業終了後にそのまま参加することもできますし、一時帰宅してから参加することもできます。帰宅するときには、帰宅する旨をスタッフに伝えてから帰ります。ただし、地域の事情等により…
 
Q 放課後キッズクラブではおやつの提供はありますか。
放課後キッズクラブでは、17時以降も参加する児童に対して、おやつの提供があります。
 
Q 住んでいる区以外で、乳幼児健康診査(健診)は受けられますか。
乳幼児健康診査では、診察や身体測定のほかに、育児に関する地域情報をお伝えしたり、精密検査等が必要なお子さんには専門医療機関をご紹介したり、その後のご相談にご対応させていただくなどをお住まいの区の福祉保健センターが担当しています。 そのため、乳幼児健康診査はお住まいの区の福祉保健センターでお受けいただきますようお願いしています。  事前にお知らせした日程が合わない場合は、別の健診日で受けることもでき…
 
Q 母子家庭等で疾病や出張等により、一時的に保育等のサービスを利用したい。
(1)対象は母子家庭、寡婦、父子家庭(以下、「母子家庭等」といいます。)で、  ・技能習得のための通学、就職活動等自立促進に事由  ・疾病、出産、看護、冠婚葬祭、転勤、出張、学校等の公的行事の参加等  社会通念上必要と認められる事由で一時的に生活援助や保育サービスが必要な方  ・生活環境が激変し(離婚等)、日常生活を営むのに特に大きな支障が生じている家庭                (2…
 
Q 鶴見区役所で手続きなどを済ませる間、小さい子どもを預かってほしい。
(1)対象   生後6か月から4歳までの乳幼児です。 (2)受付時間 月〜金(祝日は除く)    午前 8時50分〜11時50分(託児は正午まで)    午後 1時〜4時(託児は4時10分まで) (3)場所   区役所1階正面入り口入って、左手奥です。 (4)その他注意事項  ・託児定員を超えた場合には、お待ちいただく場合があります。  ・トイレやおむつの交換は託児前に済ませておいて…
 
Q (港北区)新しくできる保育園を教えてください。
 保育所の整備状況については、こども青少年局のページで見ることができます。(http://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/incubator/20140522211949.html) なお、港北区内の新規開設園は、来年度の港北区版の保育所等利用案内にも掲載いたします。
 
Q 子育てサポートシステムとはどのような事業ですか?
子育てサポートシステムは、市民同士が会員として登録し、子どもを預けたり預かったりすることで、地域での子育てをサポートしていく事業です。預かって欲しい人は利用会員として、預かってくれる人は提供会員として登録します。利用会員は預けたい日時を各区の地区リーダー(コーディネーター)に申し込みます。地区リーダー(コーディネーター)は申込みを受けられそうな提供会員を探して利用会員に紹介し、事前打合せで双方の合…
 
Q 放課後キッズクラブではどこで遊んで、どんな遊びができるのですか。
(どこで遊ぶの?)小学校内の多目的スペースや体育館、校庭などで遊びます。 (どんな遊びができるの?)室内では:ブロック、ドミノ、オセロ、囲碁、将棋、お絵かき、ぬりえ等。校庭、体育館では:ドッジボール、サッカー、一輪車、縄跳び、竹馬等
 
Q 土曜開庁日に、港北区こども家庭支援課で取り扱う業務は何ですか。
土曜開庁日に、港北区こども家庭支援課(1階)では次の業務を行います。 ○母子健康手帳の交付 ○児童手当の申請 ※注)他の自治体や機関への確認が必要な業務など、お取り扱いできないものもありますので、事前にお問い合わせください。 【こども家庭支援課こども家庭係】 (TEL 540−2340) (FAX 540−2426)
 
Q 保育所に申し込めるのはどんなとき?
小学校就学前のお子さんで、保護者が次のような状況にあり、保育所等での保育を必要とする場合に利用することができます。 1 会社や自宅を問わず、1日4時間以上かつ月16日以上働いているとき 2 出産の準備や出産後の休養が必要なとき 3 病気・けがや障害のため保育が困難なとき 4 病人や障害者を介護しているとき 5 自宅や近所の火災などの災害の復旧にあたっているとき 6 仕事を探しているとき…
 
Q 放課後キッズクラブでの事故への対応はどのようになっていますか。傷害保険への加入は?
万一事故が発生した場合は、スタッフが必要な応急処置を行うと同時に、保護者へ連絡し、迎えに来ていただきます。緊急の場合は、スタッフが医療機関へ連れて行きます。医療機関へかかった場合には、傷害見舞金制度が適用されます。
 
Q 子育てについての相談はどこにすればよいのですか?
・お住まいの区の福祉保健センターの子ども・家庭相談事業の相談電話にお電話ください。 ・相談内容 乳幼児期から学童期・思春期までの幅広い相談について、保健・教育・福祉の各分野の専門スタッフが相談に応じます。 ・相談時間 月〜金(祝日・振り替え休日を除く)午前8時45分〜午後5時15分 ・子ども・家庭支援相談電話番号  鶴見区   (TEL 045−510−1840)  神奈川区  (TEL…
 
Q 放課後児童クラブの入会の申し込み方を教えてください。
各放課後児童クラブによって異なりますので、ご希望の放課後児童クラブに直接お問合せください。
 
Q (港北区)乳幼児の歯科検診をやっているそうですが、どうすれば利用できますか?
 「乳幼児歯科相談」(http://www.city.yokohama.lg.jp/kohoku/sabisu/kodomo/nyusika.html) があります。予約は045−540−2340。福祉保健センターこども家庭支援課へ。内容の問合せは540−2362〜2363にお願いします。
 
Q (緑区)歯つらつ1歳児の1日コースと2日コースの違いについて教えてください。
「歯つらつ1歳児」は、1歳のお子さんを対象としたむし歯予防の講座です。(1)申し込み方法   開催日によって、お子さんの対象と受付開始日が違います。   広報、チラシ等で確認して、電話又はファックス等で緑区こども家庭支援課へお申し込みください。   電話番号 045−930−2361  ファックス045−930−2435(2)持ち物   お子さんの歯ブラシと母子健康手帳をお持ちください。 (3)1…
 
Q 放課後キッズクラブ・放課後児童クラブで働きたい。どうしたらいいですか?
放課後キッズクラブ及び放課後児童クラブの採用は、各クラブが直接行っています。欠員状況、申し込み方法等、各クラブに直接お問い合わせください。 なお、人材を募集している事業所一覧については、こども青少年局のホームページでご覧いただけます。
 
Q 医療機関乳幼児健康診査を受診しました、領収書でお金を戻してもらえますか。
医療機関乳幼児健康診査では、領収書をお預かりして、お金をお戻しする、償還払いは行っていません。 医療機関乳幼児健康診査の公費負担は、母子健康手帳交付時にお渡しする医療機関乳幼児健康診査受診票 請求用とともに医療機関から請求を受け、医療機関に支払っています。 問い合わせ先  【こども青少年局こども家庭課】 (TEL 045−671−2455)
 
Q (緑区)子育て支援の情報がほしい。
(1)みどり子育て応援ガイドブックを発行します。  ・就学前のお子さんをお持ちの方にお配りします。  ・妊娠から出産、子育等の相談や各種手続き、子育て支援情報を掲載します。  ・こども家庭支援課にてお渡しします。  ・記事の内容   赤ちゃんが生まれる前の準備   赤ちゃんが生まれたら   いろいろな相談窓口の案内   乳幼児健康診査と0〜3歳児の特徴   子どもの発達と家庭で起こりやすい事故  …
 
Q 市外からの里帰り出産をしますが先天性代謝異常症等検査は受けられますか
受けられます。 横浜市民と同様に先天性代謝異常症等検査を受診できます。  <申込書> 各関係医療機関に申込書が備え付けられておりますので、御利用ください。 <検査費用> この検査の費用のうち、採血にかかる費用については、自己負担となりますので医療機関にお支払いただきますが、検査にかかる費用については、横浜市が負担します。 問い合わせ先  【こども青少年局こども家庭課】 (TEL 045−67…
 
Q&Aよくある質問集 > 子育て・赤ちゃん・子ども

アクセシビリティについて
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.