本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生
 
Q&Aよくある質問集
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "健康・医療・衛生" 【218 件中 81 件から 100 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 小児医療費助成の対象者ですが、住所変更をしますが手続きについて教えて下さい。
<市内>  区内で転居をするときは、小児医療証、健康保険証及び印鑑をもってお住まいの区の区役所保険係へ届け出て下さい。 他の区に転出するときは、転入する区の保険年金課に、小児医療証、健康保険証及び印鑑をもって届け出て下さい。 <市外>  市外に転出するときは、転出する前に小児医療証、健康保険証及び印鑑をもってお住まいの区の区役所保険係へ届け出て下さい。 届け出先は関連ホームペ…
 
Q 小児医療費助成の対象者ですが、有効期限が過ぎた医療証はどうすればよいでしょうか。
 お住まいの区の区役所保険年金課保険係までご返却(郵送も可)ください。
 
Q 育成医療給付は自己負担がありますか。
あります。所得に応じた自己負担金負担上限月額までは、医療機関の窓口に支払う必要があります。 詳しくは、お住まいの区の区役所こども家庭支援課までお問い合わせください。 詳細は関連ホームページを参照して下さい。
 
Q 医療機関に診療費を支払ってしまったが、育成医療で払い戻しは受けられますか。
受けられません。ただし育成医療給付のうち、治療用装具費については、償還払いとなります。
 
Q 育成医療給付は、どこの医療機関でも受けられますか。
自治体が指定する育成医療指定医療機関に限られます。(更生医療指定医療機関に準じています。) 交付された受給者証に記載されている指定医療機関(院外薬局も含む)以外では、育成医療は受けられません。 ◆病院・診療所は、育成医療の申請にあたって意見書を作成した医療機関のみとなります。 ◆薬局・訪問看護ステーションは、指定医が意見書で院外処方や訪問看護が必要と認めている場合のみ、申請時に1か所…
 
Q 子どもが生まれたのですが、医療費助成の手続きについて教えてください。
 お子様のお名前が載った健康保険証と印鑑(朱肉を使うもの)を持って、お住まいの区の区役所保険年金課保険係に小児医療費助成の申請をしてください。   これまでに医療機関の窓口で支払った医療費がある場合は、保険診療の総点数、診療期間、領収金額、医療機関名の明記された領収書・金融機関の預金通帳も一緒にお持ちいただけば、払い戻しの申請もできます。  申請後、お子さんが1歳になられたときには、1歳の誕生…
 
Q 子どもの医療費助成について教えてください。
 本市では、小児医療費助成事業において、健康保険に加入しているお子様が、病気やけがで医療機関に受診したときに保険診療の自己負担額を助成します。 【平成27年9月30日までの受診分】  0歳から小学1年までは、通院及び入院、小学2年から中学卒業までは入院について助成します。 【平成27年10月1日から平成29年3月31日までの受診分】  0歳から小学3年生までは、通院及び入院、小学4…
 
Q 小児医療費助成の対象者ですが、医療費を支払ってしまったが、払い戻しの手続きについて教えてください。
<申請に必要なもの> ・医療証(発行されている場合) ・お子様の健康保険証 ・印鑑(朱肉を使うもの)(認印で可) ・領収書(患者氏名、保険診療の総点数、診療機関、領収金額、医療機関名のあるもの) ・振込先金融機関の預金通帳 ・申請する診療月分として健康保険組合から支給された高額療養費や附加給付金の金額を確認できる支給通知書等 ・課税(所得)証明書全件用(市外から転入された場合に必要と…
 
Q 小児医療費助成事業に所得制限はありますか。
 1歳児からの助成には所得制限があります。  市外から転入された場合は、課税(所得)証明書全件用が必要です。  詳しくはお住まいの区の区役所保険年金課保険係にお問い合わせください。  所得制限額、問い合わせ等詳細は関連ホームページを参照して下さい。
 
Q 育成医療を受けてますが、住所等変更をした際に手続きは必要ですか。
氏名、住所、電話番号、健康保険証を変更した場合には、届出が必要です。 お住まいの区役所こども家庭支援課で手続きして下さい。 問い合わせ等詳細は関連ホームページを参照して下さい。
 
Q 管理理容師又は管理美容師の資格取得等については、どうしたらいいですか。
管理理容師又は管理美容師の資格取得等については、『公益財団法人理容師美容師試験研修センター』にお問い合わせください。                                      <問い合わせ先>  公益財団法人 理容師美容師試験研修センター 東京都江東区有明3-7-26有明フロンティアビルB棟9階 (TEL 03-5579-0911)
 
Q 医療ミスを受けたのだが、どうすればいいか。
治療行為等に過失があったか否かの判断は、裁判(訴訟・調停・仲裁)で行うしかなく、行政で適否の判断はできません。 横浜市内の医療機関に関する相談、苦情は「医療安全相談窓口」(TEL671−3500)で受け付けています。 法的な解決を希望される相談の場合は、弁護士会等の連絡先をご紹介させていただきます。
 
Q 休日に診察を行っている診療所・病院はありますか。
「横浜市救急相談センター」へ電話でお問い合わせてください。その時受診可能な医療機関を24時間年中無休で御案内します。聴覚障害者の方はFAXでお申し込みください。 <連絡先> TEL(局番なし)#7119(携帯電話、PHS、プッシュ回線)または045-232-7119(すべての電話でご利用できます)(FAX 242−3808) なお、横浜市内には各区に休日急患診療所があり日曜・祝日・年末年始…
 
Q 18歳未満で障害を持っていますが、医療費の援助はありますか。
 指定医療機関において、身体の障害を軽くしたり、回復させる治療を行う場合に、公費負担で必要な治療が受けられる「自立支援医療(育成医療)の給付事業」があります。  指定の医療機関で育成医療受給者証を提示することで、保険診療の自己負担の一部(生活保護の方は入院時食事代も対象)が公費で負担されます。 ※原則として事前申請が必要です。  育成医療の自己負担は原則1割です。ただし、所得に応じて…
 
Q B型・C型肝炎ウイルス検査を無料で受けられますか
□肝炎ウイルス検査事業  次の方は、無料でB型及びC型肝炎ウイルス検査を受けることができます。  ■対象   ・市内在住の方で、過去に肝炎ウイルス検査を受けたことがない方  ■検査の申し込み   ・下記の実施医療機関のうち、「肝炎検査」の欄に○がついている    医療機関に直接ご予約の上、検査をしてください。   ・「横浜市の肝炎ウイルス検査を受けたい」とお伝えください。 …
 
Q 脳卒中・神経脊椎センター介護老人保健施設ではどんなサービスが提供されるのですか。
・施設サービス(入所)  日常生活のお世話を中心にレクリエーション、リハビリテーション生活指導等を通じて、ご利用者様の1日も早い家庭 復帰を目指し、身体及び精神の回復、安定を図ります。 ・短期入所療養介護(ショートステイ)  看護・介護を行っているご家族の方の病気、休養、様々な理由によりご家庭での看護・介護が一時的に困難になった場合、短期間ご利用いただけます。 ・通所リハビリテー…
 
Q 「サロン」って何のことでしょう?(南区)
 身近な地域で様々な人が気軽に集える“場” のことです。  町内会館を始め、空き家や空き店舗、自宅の一室など、様々な場所で開くことができます。サロンに通うことによって、ご近所づきあいが始まったり、元気なお年寄りが増えたりしている例が多く見られます。また、子育て中のお母さんの憩いの場になっているサロンもあります。  このような、地域での場づくりは「南区地域福祉保健計画(関連ホームページ参照)」に…
 
Q 市民病院女性総合外来を受診したい。
市民病院では、女性の「男性医師には相談しにくい」、「検査を受けたいが恥ずかしい」といった悩みや、女性特有の症状について気兼ねなく相談したい、理解された診療を受けたい、など性差によるプライバシーを踏まえた医療要望に応えるため、女性総合外来を2003年5月から開設しています。 医療知識、経験が豊富な女性医師が対応します。(1人1回あたり20分を目安とさせていただきます。)  第3火曜日 午後3…
 
Q 保険証が手元にないのですが、受診できますか(市民病院)
 保険証がお手元にない場合、受診はできますが、診療費は全額自費(10割負担)となります。  受診した月の末日までに、当院1階総合案内「会計窓口」へ保険証をお持ちいただければ、保険適用額分を返金いたします。受診した月の末日を過ぎた場合は、当院からの返金は行いません。加入している健康保険組合等にご相談ください。
 
Q メモリアルグリーンの最寄りの駅はどこですか。
戸塚駅・大船駅から比較的多くバスが出ています。 この他にもバスの本数はかなり少なくなりますが、地下鉄「下飯田駅」や「立場バスターミナル」からもバスが運行しています。  なお、ドリームランドという遊園地は現在ありませんが、バス停留所は存在します。 〔参考例〕 戸塚駅までは、JR東海道線と市営地下鉄が乗り入れています。横浜駅から、JRだと約10分。地下鉄だと約25分。戸塚バスセンターからド…
 
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.