本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生
 
Q&Aよくある質問集
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "健康・医療・衛生" 【87 件中 41 件から 60 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 【精神通院医療】自立支援医療診断書(精神通院医療用)の診断書は誰が書くのか?
かかりつけの医療機関(指定医療機関として指定を受けている医療機関)で記入してもらってください。
 
Q 近くの医療機関を教えてほしい。
(1)身近なかかりつけ医をお探しの場合 「横浜市医師会地域医療連携センター」へ電話でお問い合わせください。地域や診療科目などから医療機関の御案内をいたします。ご希望に応じてFAXで医療機関の地図や情報をお送りいたします。また、インターネットによる「かかりつけ医の検索」も行っていますのでご利用ください。 <受付時間>午前9時〜12時/午後1時〜5時 月曜日〜金曜日(土・日・祝日及び年末年始(12…
 
Q 医療ミスを受けたのだが、どうすればいいか。
治療行為等に過失があったか否かの判断は、裁判(訴訟・調停・仲裁)で行うしかなく、行政で適否の判断はできません。 横浜市内の医療機関に関する相談、苦情は「医療安全相談窓口」(TEL671−3500)で受け付けています。 法的な解決を希望される相談の場合は、弁護士会等の連絡先をご紹介させていただきます。
 
Q 肺炎球菌ワクチンの助成クーポンをなくしてしまいました。再び発行してもらえますか。
過去に、横浜市からクーポン券を受け取られた方で、現在も助成の対象者にあたる場合は、クーポン券の再交付を受けることができます。 クーポン券の紛失、破損、汚損、有効期限切れ又は5年以上の間隔を空けての再接種希望などの理由により、クーポン券の再交付を希望する場合は、再交付申請書に身体障害者手帳のコピーを添えて、健康福祉局障害自立支援課へ申請してください。 対象者の条件や、くわしい申請の方法などは直接…
 
Q 犬・ねこを飼いたいのですが、どこかで譲ってもらえますか。
横浜市動物愛護センターで譲渡しています。                   詳細はお電話でお問い合わせください。 問合せ先  【横浜市動物愛護センター】 (TEL 045-471-2111) (FAX 045-471-2133)
 
Q 市営墓地の申込には条件があるのか。
 申込の際には、原則として次の条件を満たすことが必要です。 (1)横浜市在住3か月以上の方で、資格審査時点で引き続き横浜市に住民登録のある方。 (2)1世帯1申込み (3)「遺骨保持区分」の申込者については、現に自宅や一時保管施設に遺骨を保管・収蔵している方  これらの条件を確認させていただくため、資格審査の際に住民票及び火埋葬許可証(かまいそうきょかしょう)等の書類をご提出いただきます。…
 
Q 放れている犬、遺棄された、もしくは怪我をしている犬や猫、親からはぐれた子猫を収容して欲しい。
遺棄された犬猫については警察に連絡したうえで、区福祉保健センター生活衛生課に連絡し収容を依頼してください。放れている犬、怪我をしている犬猫、親からはぐれた子猫は区福祉保健センター生活衛生課に連絡して収容の相談をしてください。
 
Q エイズの検査を受けたいのですが。
福祉保健センターなどで、エイズの検査と相談を、無料・匿名で行っています。 検査結果は、医師等からご直接御本人にお知らせします。 検査日、時間などについては、各区福祉保健センターなどに事前にお問合わせください。 (祝日と年末年始はお休みです。) (1)平日昼間 (結果は1週間後)*要予約    18区福祉保健センター     問合わせ先 福祉保健センター福祉保健課健康づくり係   …
 
Q 犬の登録と狂犬病予防注射について教えてください。
狂犬病予防法により、飼い主には犬の登録と毎年1回の狂犬病予防注射が義務付けられています。犬を飼い始めた日(生後90日以内の犬の場合は生後90日を経過した日)から30日以内に登録する必要があります。 (1) 狂犬病予防注射については、最寄りの動物病院で接種してください。  ・注射料金や診察時間等については、各動物病院にお問い合わせください。    (2) 登録については、動物病院で狂…
 
Q 飼っていた犬が行方不明になったのですが?
できるだけ早く次の機関などに問い合わせてください。 確認できないときは2〜3日に1回は問い合わせてください。 (1)お住まいの区や隣接する区の福祉保健センター生活衛生課 (2)横浜市動物愛護センター(TEL 045−471−2111) (3)最寄りの警察署 (4)横浜市外の行政機関 ・大和市、鎌倉市、逗子市など    神奈川県動物保護センター(TEL 0463−58−34…
 
Q 近所に迷惑な犬や猫の飼い方をしている人がいる、虐待している人がいるので指導して欲しい
区福祉保健センター生活衛生課がお話を伺うので区福祉保健センター生活衛生課に相談してください。
 
Q 検便をしてもらえますか?
横浜市では、食中毒等が疑われる場合を除いて検便を実施しておりません。 食中毒等が疑われる場合は、各区の福祉保健センター生活衛生課に御相談ください。 問合せ先は、関連ホームページを参照してください。
 
Q 免許申請(または進学、就職活動)のために健康診断書(医師の証明書)がほしいのですが。
診断書発行業務は、平成17年3月までは各区福祉保健センターで行っておりましたが、平成17年4月より廃止いたしました。診断書が必要な方はお近くの医療機関をご利用ください。
 
Q 地域中核病院等に関する相談がしたいのですが、どこに問い合わせたらよいですか。
横浜市では基幹的な役割を担う病院として、市立病院、横浜市立大学病院、地域中核病院等を独自に整備し、地域の医療機関などと連携し医療体制を構築しています。 下記項目に関するご相談は医療相談窓口へお問い合わせください。 •医療に関して、どこに問い合わせたらよいか分からない。 •医師が十分に説明をしてくれない。 •医療に関して疑問や不安があるが医師には相談しづらい。どのように相談したらよいか。…
 
Q 薬と食品または食品の飲みあわせについて知りたいのですが。
以下の機関にて相談受付を行っています。 1神奈川県薬物情報電話サービス  (TEL 210−4969)(薬務課 薬事指導グループ)  受付時間 平日午前9時から11時30分、午後1時から4時 2医薬品医療機器総合機構 医薬品・医療機器相談室  (TEL 03−3506−9457)  受付時間 平日午前9時から午後5時
 
Q 【精神通院医療】 課税証明書や非課税証明書が必要な場合はどんな場合か?
市町村民税は1月1日現在の居住地で課税されます。その年(申請月が1月から6月の間は前年)の1月1日に横浜市にお住まいでなかった場合には、本市に課税情報がありませんので、その時点でお住まいだった市町村から課税証明または非課税証明をとっていただく必要があります。
 
Q 23価肺炎球菌ワクチンの助成は、誰が受けられますか?
23価肺炎球菌ワクチン接種には、定期接種と任意接種があります。それぞれ条件が異なりますので、ご自身がどちらに該当するかをご確認ください。 【定期接種対象者】  過去に23価肺炎球菌ワクチンを接種したことがなく、市内に住民登録がある、以下の①または②方   ①■平成31年度(2019年度)■      各年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、 95歳、100歳…
 
Q 【精神通院医療】他の市町村から課税証明書を取り寄せるのにはどうしたらいいか?
郵送でも取り寄せることはできますが、手数料をどのように納めたらいいかなど、市町村によって異なる場合もありますので、詳しくは該当する市町村の市町村民税担当部署にお問い合わせください。
 
Q 日野こもれび納骨堂への行き方を教えてほしい。
 上大岡駅、港南中央駅から横浜市営バス111系統「港南台駅前行き」  洋光台駅から横浜市営バス76系統「港南車庫前行き」、111系統「上大岡駅前行き」、112系統「上永谷駅前行き」  いずれかのバスに乗車し、「洋光台北口」で下車、バス停より徒歩2分です。 所管課:健康福祉局環境施設課 中区本町6-50-10 TEL:045-671-2450、FAX:045-664-6753
 
Q 日野こもれび納骨堂合葬式納骨施設の使用期間(60年間)満了後、遺骨はどうなるのか。
 60年後までに改葬等の申し出がない限り、合祀施設(他の遺骨と合同埋蔵する施設)に移動します。  合祀施設に移動後は、改葬ができなくなります。 所管課:健康福祉局環境施設課 中区本町6-50-10 TEL:045-671-2450、FAX:045-664-6753
 
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生

アクセシビリティについて
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.