本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生
 
Q&Aよくある質問集
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "健康・医療・衛生" 【100 件中 21 件から 40 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 脳卒中・神経脊椎センターについて教えてください。
 横浜市立脳卒中・神経脊椎センターは、脳卒中・神経疾患と脊椎脊髄・膝関節疾患、リハビリテーションの病院です。  脳卒中を中心とした脳血管疾患やパーキンソン病や筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの神経疾患、学齢期から成人期までの脊柱側弯症を含む脊椎脊髄疾患、高齢者に多い膝関節疾患等に対して、高度で専門的な治療を行っています。  また、入院直後からのリハビリテーションの実施や、患者さんの状態にあわせ…
 
Q 横浜市立大学附属市民総合医療センター(市大センター病院)の診療受付は何時からですか。
【診療受付時間】 ◆初診 午前8時30分~午前10時30分  ※総合案内にて午前8時~午前10時30分の間に診療申込をしてください。  ※診療科によっては、初診受付を行っていない曜日がありますのでご注意ください。 ◆再診 再来受付機は午前8時より稼働(再診受付終了時間は診療科によって異なります。) ◆休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日) 詳細は関連ホーム…
 
Q 横浜市立大学附属市民総合医療センター(市大センター病院)の入院患者さんの面会時間について教えてください。
新型コロナウイルス感染対策の一環として、面会制限を実施している場合があります。最新情報は当院ホームページをご確認ください。 【面会時間】 ◆平日・・・午後3時~午後8時(入館時間は午後7時30分まで) ◆土曜日・日曜日・祝日・・・午後1時~午後8時(入館時間は午後7時30分まで) ご面会の方は、1階受付窓口で面会簿にご記入の上、面会バッチをつけてください。 病棟に行かれましたら、病棟…
 
Q 新型コロナウイルス感染症の療養を終えたので、「宿泊・自宅療養証明書」を発行したい。
関連ホームページ内「3 療養証明書の発行について」をご覧ください。
 
Q 小児医療費助成の対象者ですが、住所変更をしますが手続きについて教えて下さい。
<市内>  区内で転居をするときは、小児医療証、健康保険証及び印鑑をもってお住まいの区の区役所保険係へ届け出て下さい。 他の区に転出するときは、転入する区の保険年金課に、小児医療証、健康保険証及び印鑑をもって届け出て下さい。 <市外>  市外に転出するときは、転出する前に小児医療証、健康保険証及び印鑑をもってお住まいの区の区役所保険係へ届け出て下さい。 届け出先は関連ホームペ…
 
Q 夜間に診察を行っている診療所・病院はありますか。
「横浜市救急相談センター」へ電話でお問い合わせてください。その時受診可能な医療機関を24時間年中無休で御案内します。聴覚障害者の方はFAXでお申し込みください。 <連絡先> TEL(局番なし)#7119(携帯電話、PHS、プッシュ回線)または045-232-7119(すべての電話でご利用できます)(FAX 242-3808) その他、夜間急病センターが横浜市内に3カ所開設されています。受診…
 
Q 横浜市内に一時預かりができる納骨施設はありますか。
横浜市が管理している納骨施設は、久保山霊堂(西区)の1か所です。 久保山霊堂( 西区元久保町1-1 電話・FAX 045-231-7343 ) 京急黄金町駅 →市営バス32系統→保土ケ谷車庫行「久保山霊堂前」下車すぐ 保土ケ谷駅東口→市営バス32系統→関内駅北口/県庁前行「久保山霊堂前」下車すぐ 久保山霊堂の休館日は、祝日及び年末年始(12月29日〜1月3日)にな…
 
Q 「よこはまウォーキングポイント」とは何ですか。
18歳以上の横浜市民(在勤者・在学者を含む)の方を対象に、ウォーキングを通じて楽しみながら健康づくりに取り組んでいただく事業です。 歩数計で参加する方法と、歩数計アプリをインストールしたスマートフォンで参加する方法があります。 事業の詳細や参加方法等については「よこはまウォーキングポイント事業事務局」へお問い合わせください。 【よこはまウォーキングポイント事業事務局】 電話:0570-…
 
Q 横浜市動物愛護センターについて
【住所】横浜市神奈川区菅田町75番4 【電話】471-2111 【FAX】471-2133 【開館時間等】月曜日〜土曜日 8時45分から17時15分(日曜日、祝日及び年末年始を除く) 【交通機関】 (1)JR横浜線 鴨居駅から  横浜市営バス12 系統 西菅田団地行 西菅田団地下車徒歩12 分  横浜市営バス36 系統 西菅田団地経由横浜駅西口行・東神奈川駅西口行 西菅田団地下車徒歩…
 
Q 新型コロナウイルス感染症のよくある質問まとめ
関連ホームページをご確認ください。
 
Q 肺炎球菌ワクチンの助成クーポンをなくしてしまいました。再び発行してもらえますか。
過去に、横浜市からクーポン券を受け取られた方で、現在も助成の対象者にあたる場合は、クーポン券の再交付を受けることができます。 クーポン券の紛失、破損、汚損、有効期限切れ又は5年以上の間隔を空けての再接種希望などの理由により、クーポン券の再交付を希望する場合は、再交付申請書に身体障害者手帳のコピーを添えて、健康福祉局障害自立支援課へ申請してください。 対象者の条件や、くわしい申請の方法などは直接…
 
Q 横浜市からもらった歩数計が壊れてしまった/失くしてしまった。新しく購入したいのですが。
よこはまウォーキングポイントでは、歩数計の再交付は行っておりません。 新しい歩数計で継続して参加するには、ご自身で歩数計を購入していただく必要があります。 購入方法や手続き等、詳細については「よこはまウォーキングポイント事業事務局」へお問い合わせください。 【よこはまウォーキングポイント事業事務局】 電話:0570-080-130/045-681-4655 受付時間:平日9:30~1…
 
Q 横浜市がん検診は年に何回受けられますか。
大腸がん、肺がん、前立腺がん(PSA検査)は年度内に1回です。 胃がん、子宮がん、乳がんは2年度内に1回です。(前年度受けていない方が対象) 年度とは、4月1日から3月31日までの期間です。
 
Q 埋葬している遺骨を他のお墓に移したい(改葬)のですが、どうしたらいいですか。
改葬の流れ 1.新たに埋・収蔵する墓地などを決めます。 2.現在の墓地がある市町村役場(横浜市の場合は各区役所戸籍課)の担当窓口で「改葬許可申請書」を入手します。 3.現在の墓地などの管理者から「埋蔵証明」を受取ります。   (「埋蔵証明」は「改葬許可申請書」の所定の欄に墓地の管理者が証明をします。墓地管理者が定める様式でも構いません。) 4.改葬許可の申請と改葬許可証の…
 
Q 看護師・保健師・助産師・准看護師の免許申請について教えてほしい。
横浜市にお住まいの方は、市内すべての区の福祉保健センターで手続ができます。詳しくは以下にお問い合わせ下さい。 <連絡先> 青葉区福祉保健センター生活衛生課食品衛生担当 (TEL 978−2464) 旭区福祉保健センター生活衛生課食品衛生係 (TEL 954−6166) 泉区福祉保健センター生活衛生課生活衛生係 (TEL 800−2451) 磯子区福祉保健センター生活衛生課食品衛生係 (T…
 
Q 重度障害者医療費助成の対象者ですが、住所を変更をします。手続きについて教えて下さい。
<市内>  区内で転居をするときは、医療証、健康保険証及び印鑑を持って、お住まいの区の区役所の保険年金課保険係へ届け出てください。 他の区に転出するときは、転入する区の保険年金課保険係に、医療証、健康保険証及び印鑑をもって届け出てください。 <市外>  市外に転出するときは、転出する前に医療証、健康保険証及び印鑑を持って、お住まいの区の区役所保険年金課保険係へ届け出てください。 …
 
Q 子どもが生まれたのですが、医療費助成の手続きについて教えてください。
 お子様のお名前が載った健康保険証と印鑑(朱肉を使うもの)を持って、お住まいの区の区役所保険年金課保険係に小児医療費助成の申請をしてください。   これまでに医療機関の窓口で支払った医療費がある場合は、保険診療の総点数、診療期間、領収金額、医療機関名の明記された領収書・金融機関の預金通帳も一緒にお持ちいただけば、払い戻しの申請もできます。  申請後、お子さんが1歳になられたときには、1歳の誕生…
 
Q エイズの即日検査を受けたいのですが。
(1)即日検査とは何か?    検査当日に結果がわかる血液検査です。    検査は無料・匿名です。 (2)申込方法は?    事前電話予約制です。    専用番号【045−664−2525】8:00〜21:00年中無休    ※検査直前の平日(金曜)16時までに予約。(金曜日が祝日の場合はその前日)    検査当日の流れは『1.検査説明 2.採血 3.結果の説明』となります。  …
 
Q 新型コロナウイルス感染症にかかる慰労金支給事業の問い合わせ先について
 新型コロナウイルス感染症にかかる福祉施設職員等に向けた慰労金支給事業の支給対象者は、 ・医療従事者 ・障害サービス事業従事者 ・介護サービス事業従事者 ・救護施設職員  となっていますが、各事業の問い合わせ先は以下のとおりです。 ※医療、障害、介護は神奈川県が窓口となります。 ※横浜市が窓口となるのは、生活保護受給者が入所する救護施設(市内3施設)のみとなります。 ◆…
 
Q 横浜市における被爆者援護事業について教えてもらいたい。
 本市では、被爆者の方に対する援護費の支給(10,000円/年)、はり・きゅう・マッサージ療養費の助成(3,000円/月額が限度)及び被爆者の子に対する医療費助成を行っております。  詳しくはホームページをご確認いただくか、各区福祉保健センター健康づくり係もしくは健康福祉局保健事業課へお問い合せ下さい。  なお、被爆者健康手帳に関する事項や各種手当など、その他の援護事業については神奈川県にて所…
 
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生

アクセシビリティについて
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.