本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > その他
 
Q&Aよくある質問集
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "その他" 【422 件中 51 件から 100 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 外国人の住民に対する広報事業について知りたい
横浜市のウェブサイトには、日本語のほか、英語、中国語(簡体字・繁体字)、ハングル、スペイン語、ポルトガル語、やさしい日本語のトップページを設け、広報よこはまの記事や、生活情報などを提供しています。掲載されている内容については、各ページを制作している部署にお問い合わせください。 それ以外の、外国語での広報全般については、市民局広報課へお問い合わせください。 また、インターFM897で、市政情…
 
Q 「暮らしのガイド」について知りたい
毎年4月に発行しています。 区役所(広報相談係)、行政サービスコーナー、市立図書館、地区センター、市民情報センターなどで、無料で入手できます。市民局広報課では郵送にも対応しています(郵送代として310円分の切手代はご負担ください)。 点字版やデイジー版(音声版)もあります。点字版、デイジー版は毎年6~7月に発行しています。 なお、外国人市民の方向けに、生活に必要な情報を市のウェブサイトで、6…
 
Q 「広報よこはま」市版にお知らせ情報を掲載してほしい
 「広報よこはま」市版には、横浜市または市の外郭団体などの関連組織が主催か共催している事業に限って掲載しています。そのため、個人主催の事業については掲載できない旨、ご了承ください。なお、広告掲載については、平成31年度は(株)横浜メディアアド(TEL450-1804)にお問い合わせください。 【問合せ】 市民局広報課(TEL 671-2332)
 
Q 季刊誌「横濱」について知りたい
季刊誌「横濱」は季刊(年4回/4月、7月、10月、1月初旬を予定)で発行しています。 市県内書店及び東京都内の主要書店、市役所市民情報センターなどで1冊630円で販売しています。また、インターネットでは、富士山マガジンサービス(雑誌のオンライン書店)からお買い求めいただけます。 なお、バックナンバーの在庫状況、価格等については、神奈川新聞社クロスメディア営業局(045-227-0850)、市役…
 
Q 障害がある人に対する広報事業について知りたい
視覚障害がある人を対象として、次の広報印刷物では点字版や録音版などを作成しています。  ・「広報よこはま」 点字版(市版のみ)・録音版(デイジー版とCD版)【希望者に配布】  ・「暮らしのガイド」 点字版・デイジー版【希望者に配布】  ・季刊誌「横濱」 デイジー版【1部600円/市役所刊行物サービスコーナーで販売】 ※デイジー版(DAISY:Digital Accessible I…
 
Q 「広報よこはま」が届かない
「広報よこはま」は、市版とお住まいの区の区版を一体で印刷して作成しており、主に自治会・町内会を通して配布しています。そのため、自治会・町内会に加入されていない場合は届かない場合があります。 自治会・町内会に加入されているにもかかわらず届かない場合は、お近くの自治会・町内会の役員の方にご連絡ください。 加入されていない場合は、市の公共施設や鉄道駅などに設置している「横浜市PRボックス」からお取り…
 
Q 「広報よこはま」視覚障害者向けのものを入手したい
市版の点字版と録音版、区版は録音版を希望者へお送りしています。希望する場合は、市民局広報課へお客様のお名前、住所、電話番号を連絡してください。
 
Q 広報テレビ・ラジオ番組について知りたい
広報テレビ番組を1番組、ラジオ番組を5番組(外国語放送含む)放送しています。各番組の内容については、市民局広報課へお問い合わせください。 1 テレビ番組                                                                                                 (1)ハマナビ(テレビ神奈川 デジタル3Ch) …
 
Q 横浜市の広報紙の発行日、配布期間について確認したい
「広報よこはま」は毎月1日に発行しています。市版部分と区版部分に分かれており、主に自治会町内会を通して1~10日に配布しています。自治会町内会での配布が困難な地域については、事業者での配布や、郵送での配布を行っている場合もあります。また、区役所や駅、公共機関等のPRボックスで入手することも可能です。PRボックスの場所については、各区役所の広報相談係にお問合せください。また広報紙は市及び各区のウェブ…
 
Q 「広報よこはま」市版のEメール配信を申し込みたい
市のホームページ(www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/koho/insatsubutsu/koyoko/haishin/haishin.html)から申し込むことができます。 【問合せ】  市民局広報課(TEL 671-2332)
 
Q 「広報よこはま」区版にお知らせ情報を掲載してほしい
「広報よこはま」区版は、各区役所の区政推進課広報相談係が発行しています。区ごとに掲載の基準が異なりますので、直接区役所にご相談ください。 【問合せ】各区役所区政推進課広報相談係  青葉区役所(TEL 978−2221)  旭区役所(TEL 954−6022)  泉区役所(TEL 800−2335)  磯子区役所(TEL 750−2335)  神奈川区役所(TEL 411−7021)…
 
Q (旭区)2 特別相談 (1) 法律相談を受けたい。
2 特別相談(1)法律相談の予約 (1) 旭区の法律相談は第2・4火曜日、奇数月の第3火曜と毎週木曜日、午後1時〜午後4時、1人30分以内の予約制です。ご予約は、2週間前の同じ曜日(祝日の場合は翌日)の8:45〜17:15です。 (2) (さらに説明が必要な場合)   *勤務時間内なら:担当の係から説明します(転送)。
 
Q 遊水池と調整池の違いはなんですか。
 「横浜市開発事業の調整等に関する条例」第18条2項5号による、河道への負担を増加させない措置が必要な河川流域において、洪水の発生を防止し雨水の流出を抑制するために設置する池を「雨水調整池」といいます。また、同条例第18条2項6号による開発事業区域周辺の排水施設の整備状況が十分でない場合には、その周辺で溢水を発生させないため、排水を一時的に貯留する池を「遊水池」といいます。 なお、従前は開発面積…
 
Q ティー・ミーティング〜ようこそ市長室へ〜に参加するにはどうしたらよいですか。
 ティー・ミーティング〜ようこそ市長室へ〜は、不定期で開催しています。  参加希望の方は、グループ(5〜10人)単位で応募してください。  参加グループは抽選により、決定しています。  応募の方法につきましては、「広報よこはま」や「横浜市ウェブサイト」などで募集の都度お知らせしていますので、ご覧ください。   【問い合わせ先】    市民局広聴相談課    TEL 045−671−…
 
Q 緑区で「特別相談」を受けたい。
緑区では、次の「特別相談」を行っていますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、相談の受付を中止または電話相談に切り替えて実施しています。 【電話相談】 ・法律相談  (金、第1・第3月(8・12月を除く)、午後1時〜午後4時、予約制(相談日の1週間前の朝8時45分から予約開始))         ※予約開始日が祝日の場合は、1週間前の前開庁日の8時45分から。        …
 
Q 緑区役所に行きたい。
(1)電車の場合は、JR横浜線・市営地下鉄グリーンライン、中山駅から南口へ出てバスロータリーの奥の通りのコンビニエンスストア(セブンイレブン)を右の方角へ進みます。50mほど進み、左手に和菓子屋(亀屋万年堂)がありますので、その角を左に曲がります。交差点「緑区役所前」を直進すると、緑区役所正面入口があります。駅からの所要時間は5分程度です。 (2)車の場合は、長津田方面から向かう場合、県道1…
 
Q 「みどり区 ガイド・防災マップ」を入手したい。
「みどり区 ガイド・防災マップ」は、緑区へ転入された世帯と緑区民で入手を希望される方 を対象に、緑区役所総合案内窓口で配布しています。 「みどり区 ガイド・防災マップ」に関する問い合わせは【緑区区政推進課広報相談係】 (TEL:045−930−2219)へどうぞ。
 
Q 法律相談を受けたいのですが
 市役所3階市民相談室では、横浜市民(横浜市在住)を対象に、法的な問題を抱えた市民の皆様が問題解決の参考にできるよう、法律の専門家である弁護士による法律相談を行っております。昼間利用できない市民のために、夜間法律相談も実施しています。 (1)昼間の法律相談 ・市役所3階の市民相談室で、弁護士による面接相談として実施しています。相談時間は25分以内で、相談料は無料です。 ・月〜金(祝日及び…
 
Q 相談したいのですが
(1)市役所3階市民相談室では、市政に関する相談のほか、横浜市民(横浜市在住)を対象に法律相談をはじめとする各種の専門相談を実施しています。 相談は無料です。市政一般相談及び交通事故相談以外の専門相談は、すべて予約制での面談相談です。 ・市政一般相談(月〜金、8:45〜17:00) 市政の相談、案内、お問い合わせ等について、市職員による相談 ・法律相談(月〜金、9:00〜12:00、13:…
 
Q 鶴見区役所で司法書士相談を受けたいのですが…
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、令和2年3月10日(火曜日)実施予定の司法書士相談は休止します。 鶴見区役所では、鶴見区在住または在勤の方を対象とした、消費者金融など金銭関係、相続、不動産登記、成年後見などについて、司法書士による面接での相談を行っております。 ・相談時間は30分以内で、相談料は無料です。 ・第2火曜日の午後1時〜4時に実施しています。(祝日および12月28日…
 
Q 個人情報の本人開示請求の手続について教えてください
個人情報の本人開示請求をするには、個人情報本人開示請求書を提出していただく必要があります。 ・請求できる方は、本人及び本人の代理人です。 ・受付窓口は、横浜市役所3階の市民情報センター及び区役所の広報相談係です。個人情報本人開示請求書の用紙もそこに置いてあります。  受付時間 月曜日〜金曜日 市民情報センター 午前8時45分〜午後5時00分                    区役所…
 
Q 「広報よこはまみどり区版」にお知らせを掲載してほしい。
広報よこはまの各区版の編集方針は、各区で少しずつ異なります。 緑区では後援などで区が関わっている事業については、所管課経由でお申し込みいただいています。 限られた紙面のため、市の事業の記事の掲載分量が多い場合は、不掲載になることがあります。 ご了承いただきますようお願いします。 なお、区民の地域活動および文化・スポーツ等の推進に関する情報を掲載するコーナーの「区民のまど」は、2018年…
 
Q 防犯カメラが設置されているのか知りたいのですが、どこに確認すればよいのですか。
「地域防犯カメラ設置補助金」を活用して自治会町内会が設置した防犯カメラにつきましては、市民局地域防犯支援課【671-3705】もしくは、各区地域振興課で把握しています。しかしながら、県警察や民間企業等が設置しているものについては、それぞれが独自に設置しており、横浜市で把握していないため、台数や位置は分かりかねます。
 
Q 横浜市の施設に落書きされているのですが、どこに連絡すればよいのですか。
市の管理する施設への落書きにつきましては、それぞれ施設の所管部署が対応することとなっておりますので、所管部署へ直接ご連絡ください。
 
Q なぜ自分が市民意識調査の対象となったのですか?
 横浜市にお住まいの方から住民基本台帳(※)を使用して無作為に3,200人を選んで調査をお願いしています。お手間をおかけいたしますが、ご協力いただきますようお願いいたします。 ※ 市においては、公益上特に必要があると認められるとき(意識調査等も含む)に住民基本台帳の情報を利用できることになっています。(横浜市個人情報保護条例第10条第1項第5号) (参考) 住民基本台帳は世論調査…
 
Q 市民意識調査の依頼という封筒が送られてきましたが、本当に市で行っているものですか?
 白い横浜市の封筒の中に、『「横浜市民意識調査 ご協力のお願い」』と『「横浜市民意識調査」調査票』が入っているものであれば、市で行っている調査です。ご協力をお願いいたします。 【調査の概要】  市民3,200人を対象に、市民の方の生活意識や市政に対する満足度・要望等をお伺いするアンケート調査です。今後の市政運営や政策立案の基礎資料として活用しています。 問合せ先 政策局 政策…
 
Q (港北区)司法書士相談の予約方法等について教えてください
日 時: 第1・3火曜日、午後1時〜4時 相談時間:おひとり25分間 予約方法:お電話(045−540−2221〜2223)または窓口(区役所1階1番窓口) 設定日時以外をご希望の場合は、横浜市役所市民相談室の司法書士相談をご利用ください。
 
Q パスポートの申請用紙は区役所に置いてありますか
1階1番窓口付近のラックに配架しています。土曜開庁日も受け取ることが可能です。 ※区によって配架している窓口は異なります。また、土曜開庁日に受け取ることができるかどうかは、各区区政推進課広報相談係へお問合せください。
 
Q 「横浜市歌」のカセットテープやCDは手に入りますか?
申し訳ありませんが、横浜市歌のカセットテープやCDの販売は現在行っておりません。(平成27年3月末をもちまして、横浜市歌CDの有償頒布を終了いたしました。) 横浜市歌のCDの貸出については、市民情報センターや、教育委員会事務局生涯学習文化財課で行っていますのでご利用ください。 市内の各市立図書館では、ピアノ伴奏の楽譜とともにCDの貸出しを行っています。ご利用の際には、「市歌のCD付…
 
Q 「横浜市歌」の楽譜が欲しいのですが
次の方法でご提供しております。 (1)ホームページからのダウンロードによる方法 ・<1>歌い方の手引きと歌詞/旋律と歌詞 ・<2>ピアノ伴奏(一般用) ・<3>ピアノ伴奏(学校または合唱団用(斉唱または同声二部合唱)) 以上を横浜市歌のホームページからダウンロードしていただけますのでご活用ください。 (2)窓口でのお渡し  (1)の楽譜が必要な方は、市民情報センターや教育委員…
 
Q 栄区役所、栄区内の市立保育園、栄土木事務所でのアルバイト募集情報を知りたい。
栄区役所、栄区内の市立保育園、栄土木事務所でのアルバイト募集については、栄区ホームページ上に随時掲載されます。 【問合せ先】栄区総務課(TEL 894-8311)
 
Q 行政地図情報提供システムに関することを教えて欲しい。
地図の内容については各地図情報の所管課にお問い合わせください。 ◆i-マッピー(まちづくり地図情報)に関する問い合わせ先  http://www.city.yokohama.lg.jp/kenchiku/kikaku/cityplan/sidou/renrakusaki.html ◆地盤地図情報 「地盤View(じばんびゅー)」に関する問い合わせ先  http://wwwm.city.…
 
Q 市民意識調査の宛名の本人は、現在住んでいない。または、死亡している。
大変失礼いたしました。 調査員が訪問しないようにいたしますので、申し訳ありませんが、下記担当部署、または、調査票に記載されている調査受託会社までご連絡ください。 問合せ先 政策局 政策課  電   話 671-2028(平日 8時45分から17時15分まで) ファックス 663-1225 Eメール  ss-ishiki@city.yokohama.jp
 
Q 市民意識調査に協力した場合、粗品などをもらえますか?
申し訳ありませんが、用意しておりません。 問合せ先 政策局 政策課          電   話 671-2028(平日 8時45分から17時15分まで)         ファックス 663-1225           e-mail ss-ishiki@city.yokohama.jp
 
Q 市民意識調査の記入の仕方などについての質問したい
 調査票の記入方法などについてのご質問は、下記の担当部署、又は、調査票に記載されている調査受託会社までご連絡ください。 問合せ先 政策局 政策課       電   話 671-2028(平日 8時45分から17時15分まで)      ファックス 663-1225      Eメール  ss-ishiki@city.yokohama.jp
 
Q 市民意識調査には、宛名の本人以外の人が答えてもよいですか(調査期間中に不在、高齢や障害等で回答困難等)
 お気持ちはありがたいのですが、宛名のご本人様に回答いただきますようお願いいたします。  この調査では、性別や年齢の構成が実際の割合に近くなるよう、無作為にご回答いただく人を選んでいます。  ご本人以外の方にお答えいただくと調査結果が偏ってしまう恐れがあり、統計的に正確な数値が把握できません。そのため宛名のご本人がお答えいただきますようお願いします。  なお、ご本人が記入されるこ…
 
Q 記入した市民意識調査の調査票は、郵送などで提出できますか。
 申し訳ありませんが、調査員に直接お渡しいただくようお願いします。  調査員に対しては、個人情報保護の研修を実施するなどの措置を講じており、調査票は厳正に取り扱うよう指示をしておりますので、安心して調査票をお渡しください。  なお、提出方法についてご相談がある場合については、恐れ入りますが、下記担当部署、または調査票に記載されている調査受託会社までご連絡ください。 問合せ先 政策局 政策…
 
Q 市民意識調査の訪問の日にちを調整したい。
 調査員から連絡を取らせていただきますので、恐れ入りますが、下記担当部署、または、調査票に記載されている調査受託会社までご連絡ください。 問合せ先 政策局 政策課       電   話 671-2028(平日 8時45分から17時15分まで)      ファックス 663-1225      Eメール  ss-ishiki@city.yokohama.jp
 
Q 市民意識調査の委託会社が聞きなれない会社名なので、心配です。
 横浜市以外の市町村などからも世論調査を受注している、実績のある会社です。 ご安心いただきたいと思います。  なお、調査委託会社は、横浜市に登録している業者の中から、入札で決めています。 問合せ先 政策局 政策課          電   話 671-2028(平日 8時45分から17時15分まで)         ファックス 663-1225       …
 
Q 市民意識調査は、なぜ民間の調査員が回収に来るのですか。
調査についての専門知識や技術を持った民間の調査機関に調査を委託しています。 問合せ先 政策局 政策課          電   話 671-2028(平日 8時45分から17時15分まで)         ファックス 663-1225          e-mail ss-ishiki@city.yokohama.jp
 
Q 市民意識調査に協力することで個人情報が漏れないか心配です
 お名前などの個人情報は、横浜市の条例に従って、厳正に取り扱います。  委託会社においても、横浜市との契約の中で、個人情報の目的外使用の禁止、複写・複製の禁止、資料等を確実に返還すること、調査員に個人情報保護の研修を実施することなどの措置を講じています。(守秘義務契約)  横浜市民意識調査は、どういう意見の人がどれくらいいる、ということを調べる調査ですので、誰がどう答えたかを集計することは…
 
Q 市民意識調査に回答したくありません。回答している時間がありません。
 この調査は、横浜市民の生活意識や市政に対する満足度、要望などをお聞きして、市の事業に生かしていこうという趣旨で行っているものです。  お手間をおかけいたしますが、ぜひともご協力いただきますようお願いいたします。 問合せ先 政策局 政策課          電   話 671-2028(平日 8時45分から17時15分まで)         ファックス 663-1225   …
 
Q 港北区ガイドマップ(区民生活マップ)が欲しい
「港北区ガイドマップ」=区民生活マップは転入手続きをされた方にお渡ししているほか、区役所広報相談係(区役所1階1番窓口)にて配布しています。 郵送を希望される場合は、送付先の郵便番号・住所・氏名を記入し、140円切手(マップ1部の場合)を貼った返信用封筒(角型5号24cm×19cm以上)を次の送付先までお送りください。 <送付先> 〒222-0032 港北区大豆戸町26-1 港北区役所…
 
Q 「戸塚行政情報誌とつかナビ」という冊子が欲しい。冊子について聞きたい。
「戸塚行政情報誌とつかナビ」は、過去に戸塚区役所区政推進課が発行していた情報誌ですが、平成28年現在は発行していません。 「戸塚行政情報誌とつかナビ」に代わるものとして、現在「横浜市暮らしのガイド」を発行しています。「横浜市暮らしのガイド」の配布場所はこちらから確認できます。 「暮らしのガイド」はどこで入手できますか。 http://qa.city.yokohama.lg.jp/search…
 
Q 認知症対応型共同生活介護事業所(認知症高齢者グループホーム)、小規模多機能型居宅介護事業所、看護小規模多機能型居宅介護事業所を「地名(〇〇町等)」に新設(建設)したいが、現在その地域の募集は行われているのですか。
募集対象エリアは各年度によって異なります。 募集を行っていない時期については、直近の募集に係る資料をホームページに掲載していますので参考にご覧ください。なお、次回の募集の際には、対象エリアが変更となる可能性があることをご留意ください。 募集期間中については、ホームページに掲載しております「建設の手引き」をお読みいただき、新設(建設)を希望する地域が募集対象エリアに含まれているかをご確認ください…
 
Q 認知症対応型共同生活介護事業所(認知症高齢者グループホーム)、小規模多機能型居宅介護事業所、看護小規模多機能型居宅介護事業所に消防用設備(スプリンクラー設備、自動火災報知設備、消防機関へ通報する火災報知設備)を設置するにあたり補助制度はありませんか。
平成27年3月末までに開所している事業所を対象に補助制度を設けています。 補助を受けるためには、募集期間中に事業計画書を提出していただき、所定の審査を経て、事業計画が選定される必要があります。 募集の時期は各年度によって異なりますので、最新の情報や手続きの概要については、ホームページでご確認ください。 なお、通所介護事業所(デイサービス)等その他の地域密着型サービス事業所を対象とした補助制度…
 
Q 認知症対応型共同生活介護事業所(認知症高齢者グループホーム)、小規模多機能型居宅介護事業所、看護小規模多機能型居宅介護事業所を新設(建設)したいが手続きを知りたい
募集期間中に事業計画書を提出していただき、所定の審査を経て、事業計画が選定される必要があります。 募集の時期や対象エリア等の条件は各年度によって異なりますので、最新の情報や手続きの概要については、ホームページでご確認ください。 【健康福祉局介護事業指導課】(TEL:671−3414 FAX:681−7789)
 
Q 港北区のキャラクター「ミズキー」について教えて下さい。
港北区制70周年を記念して平成21年(2009年)に誕生した、港北区のマスコットキャラクターです。詳細については、区役所広報相談係 045-540-2222までお問合せください。
 
Q 鶴見区役所で法律相談を受けたいのですが
 鶴見区役所では、鶴見区在住または在勤の方を対象とした、法律の専門家である弁護士による法律相談を行っております。毎週金曜日と毎月第1・3水曜日の午後1時〜4時に実施しており、相談時間は20分以内、相談料は無料です。(祝日および12月28日~1月4日は実施しません。)  相談日の1週間前の開庁日の8時45分から17時まで、予約を受け付けています。鶴見区役所広報相談係の窓口かお電話【電話:510…
 
Q 消防団員になる方法を教えて下さい。
消防団員になるには。横浜市内に居住し、勤務し、 又は在学している人ならば、男性でも女性でも入団できます。 問い合わせ・連絡先については、 ・必要資格等に関するお問合せは、 【消防局消防団課】(TEL 334−6403) ・入団手続きに関するものは、下記連絡先まで。 【鶴見消防署 総務・予防課消防団係】(TEL 503−0119) 【神奈川消防署 総務・予防課消防団係】(TEL 316…
 
Q&Aよくある質問集 > その他

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.