本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > その他
 
Q&Aよくある質問集
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "その他" 【428 件中 341 件から 360 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q クーリング・オフの手続方法について聞きたい。
「特定記録郵便」か「簡易書留」で郵送します。コピーは取っておきます。 通知書(ハガキ)の書き方 ・○年○月○日、貴社(販売員○○)と○○の購入契約をしましたが、解除します。 ・支払った代金○○円を至急返金してください。 ・受け取った商品は早急に引き取ってください。 ・○年○月○日 ・住所 ・氏名 クーリング・オフできる期間は、契約書面を受け取った日を含めて8日間です。 (一部20…
 
Q 請願・陳情の提出方法について教えて下さい。
持参か郵送で提出することができます。 (1)持参による提出     市役所の市会棟1階にあります議会局議事課に提出して下さい。なお、持参される方は、なるべく請願・陳情の提出者にお願いしていますが、修正したり、内容のわかる方でも結構です。 (2)郵送による提出    請願・陳情書を下記あて郵送して下さい。郵送の場合、到着日が受理日となります。なお、受理要件が整っていない場合は、受理すること…
 
Q 常任・特別・運営委員会の議事録を閲覧したい。
常任・特別・運営委員会の議事録については、委員会が開催された定例会終了後、概ね60日後に、市会ホームページの「会議録検索システム」で閲覧することができます。 また、次の場所で閲覧することができます。 (1)市民情報センター(市庁舎1階) (2)中央図書館、各区図書館 (3)横浜市立大学学術情報センター(金沢八景キャンパス図書館本館) 詳細については、議会局議事課(TEL 671-3045…
 
Q イッツコム(旧東急ケーブルテレビ)について
(1)加入したい連絡先 【イッツコム】(TEL 0120−109199)(2) 青葉区広報番組「あおバリューTV from丘の横浜」に関するお問合せ 放送内容以上の詳細については、担当課にお問い合わせください。【区役所代表電話】978−2323担当課がおわかりにならない場合は広報相談係までお問い合わせください。【青葉区広報相談係】(TEL 978−2221)(FAX 978−2411)なお、「あお…
 
Q 定期監査(財政援助団体等監査)とは、どのような監査か教えてください。
(1)定期監査(地方自治法第199条第4項)とは、市の財務事務の執行、公営企業等の事業の管理に関し、予算の執行、工事の施行等が適正かつ効率的に行われているかについて、毎年度監査計画を定めて定期的に監査するものです。 (2)財政援助団体等監査(地方自治法第199条第7項)とは、市が財政的援助を与えている団体、出資・支払保証団体、信託の受託者及び公の施設の指定管理者について、監査委員が必要と認めるとき…
 
Q 委員会の傍聴手続きについて教えてください。
議会局議事課(TEL  671−3045)にお問い合わせ下さい。
 
Q 横浜市消防職員の採用について、教えて下さい。
横浜市消防職員の採用には、「大学卒程度」と「高校卒程度」の2種類があります。 平成30年度は、「大学卒程度」を、消防【一般】、消防【専門】、消防(救急救命士)の3区分により試験を実施しております。 また「高校卒程度」は、消防、消防(救急救命士)の2区分により試験を実施しております。 例年、「大卒程度」は5月頃、「高卒程度」は7月頃から受付を開始します。 職員採用の詳細につきましては、横浜市…
 
Q 所得等報告書(資産報告書等)は、写し(コピー)をとることができますか。
所得等報告書(資産報告書等)は、条例の規定により、写しの交付請求や複写機、写真機等により写しをとることはできません。  問合せ先【議会局総務課】  (TEL 671−3041)
 
Q 青葉区ホームページにリンクを張りたい
青葉区ホームページはリンクフリーです。連絡先 【青葉区広報相談係】(TEL 978−2221)(FAX 978−2411)
 
Q (青葉区)法律相談(弁護士相談)を予約したがキャンセルしたい
お早めに広報相談係にキャンセルの連絡をお願いします。連絡先 【青葉区広報相談係】(TEL 978−2221)(FAX 978−2411)(eメール ao-koho@city.yokohama.jp)
 
Q 住民監査請求とはどのような制度か。
住民監査請求とは、市民が、市長や市の職員等による違法又は不当な公金の支出、財産の管理、契約の締結などの財務会計上の行為等があると考えるときに、監査委員に対し監査を求め、必要な措置を請求する制度です。(地方自治法第242条) 問い合わせ先【監査事務局監査管理課】(TEL 045−671−3361)(FAX 045−664−2944)
 
Q 消防隊員が着用する防火服の性能を教えて下さい。
消防局の防火服は、ISO(国際標準化機構)の基準に基づき、フラッシュオーバー(約1,000度の熱)の状況下において、熱傷に至るまで13秒以上確保できる性能を有しています。
 
Q 雨水流出抑制施設を設置しなければならない場所はどこですか。
 横浜市域の内、臨海部に接する一部区域を除いた地域が、雨水調整池等雨水流出抑制施設の設置必要区域となっています。  ただし、既に開発された区域や土地区画整理事業が完了した区域等で既に雨水調整池が設置されている場合は、雨水調整池が不要となることがあります。詳細については、開発区域図を持参の上、担当部署【道路局河川部河川管理課】で確認してください。 問合せ先【道路局河川部河川管理課協議指導担当…
 
Q 横浜市の姉妹都市・友好都市はどこですか。姉妹都市・友好都市の提携を行ったのはいつですか
(1)サンディエゴ(アメリカ合衆国)   ・1957年10月29日提携 (2)リヨン(フランス)   ・1959年4月7日提携 (3)ムンバイ(インド)   ・1965年6月26日提携 (4)マニラ(フィリピン)   ・1965年7月1日提携 (5)オデッサ(ウクライナ)   ・1965年7月1日提携 (6)バンクーバー(カナダ)   ・1965年7月1日…
 
Q 雨水流出抑制施設はどのような場合に設置しなければならないのですか。
 「横浜市開発事業の調整等に関する条例」で規定された一定の行為を行おうとする場合、雨水調整池等雨水流出抑制施設の設置が義務付けられています。 問合せ先【道路局河川部河川管理課協議指導担当】 (TEL045−671−2898)
 
Q 防火管理者または防災管理者の資格をとる講習を受講したい場合は?
【申し込み方法】  市内各消防署の窓口、または横浜市ホームページで申込みをすれば受講することができます。   ※電話での申込みはできません。  【開催する講習】  防火・防災管理新規講習(2日間)、防災管理新規講習(1日間)、乙種防火管理講習(1日間)、防火・防災管理再講習(半日)、甲種防火管理再講習(半日間)、防災管理再講習(半日)  ※甲種防火管理者の資格が必要な方は、防火・防災管理…
 
Q 外部監査報告書を見たい。
市庁舎の1階にある「市民情報センター」や市立図書館でご覧になれます。最近の包括外部監査結果報告については、関連ホームページでもご覧になれます。 【監査事務局監査管理課】(TEL 045−671−3361)(FAX 045−664−2944)
 
Q 住民監査請求を行えば、請求対象となった財務会計上の事務は是正されるのか。
請求者の主張に理由があると認められると監査委員が判断したときは、市長その他の職員に対し、期間を示して必要な措置を講ずべきことを勧告します。市長その他の職員は、勧告を尊重する義務を負うものとされていますが、勧告には法的拘束力や強制力はありません。したがいまして、結果として、請求対象となった財務会計事務が是正されない場合も考えられます。このような場合には、住民訴訟を提起して事務の是正を図ることができま…
 
Q 政務活動費の金額を教えてほしい。
 政務活動費は、会派または議員に対して、議員1人あたり月額550,000円を毎月交付しています。 問合せ先【議会局総務課】(TEL 671−3041)
 
Q 横浜市インターンシップについて
平成31年度横浜市インターンシップ募集は終了しました。 次年度以降の募集については、決まり次第ホームページに掲載します。 次のホームページで御確認ください。
 
Q&Aよくある質問集 > その他

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.