本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > その他
 
Q&Aよくある質問集
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "その他" 【349 件中 301 件から 320 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 常任委員会では何が行われているのですか。
本会議から付託された議案、請願及び陳情(国へ意見書の提出を求めるものなど)について所管局からの説明聴取などを行い、当該委員会としての議案等に対する態度(原案可決、否決等)を決定しています。なお、詳細につきましては、議会局議事課(TEL  671−3045)までお問い合わせください。
 
Q 議案等が議決されるまでの議会の流れを教えてほしい。
 市長や議員から提案された議案は、本会議に提出され、市会の議題となります。 この際、提案者が提案理由等を説明し、これを受けて議員が議案に対する質疑を行い、提案者がこれに答える議案関連質疑が行われます。 本会議での議案関連質疑が終了すると、さらに詳しく審査するため、議案は常任委員会へ付託されます。この付託とは、議案の審査の場所を本会議から常任委員会に移すことを意味します。 常任委員会では所管局等から…
 
Q (自分のホームページから)横浜市ホームページにリンクを張りたいのですが、何か手続きが必要ですか。
「横浜市インターネット情報受発信ガイドライン 細則2 Webページのリンク基準」に反しないものであれば、リンクは自由に張っていただいて結構です。特にご連絡いただく必要もありません。ただし、上記リンク基準に反していることが判明した場合は、リンクの取り消しをお願いすることがあります。
 
Q 定期監査(財政援助団体等監査)とは、どのような監査か教えてください。
(1)定期監査(地方自治法第199条第4項)とは、市の財務事務の執行、公営企業等の事業の管理に関し、予算の執行、工事の施行等が適正かつ効率的に行われているかについて、毎年度監査計画を定めて定期的に監査するものです。 (2)財政援助団体等監査(地方自治法第199条第7項)とは、市が財政的援助を与えている団体、出資・支払保証団体、信託の受託者及び公の施設の指定管理者について、監査委員が必要と認めるとき…
 
Q 請願・陳情の署名者は市外の人もなれますか
 署名者には、市内在住の要件は必要ありません。市外在住の人でも署名者になることは可能です。
 
Q 請願・陳情の提出方法について教えて下さい。
持参か郵送で提出することができます。 (1)持参による提出     市庁舎3階市会受付までお越しください。なお、持参される方は、なるべく請願・陳情の提出者にお願いしていますが、修正したり、内容のわかる方でも結構です。 (2)郵送による提出    請願・陳情書を下記あて郵送して下さい。郵送の場合、到着日が受理日となります。なお、受理要件が整っていない場合は、受理することができませんので、事…
 
Q 横浜市のホームページには、最近の監査結果しか載っていないが、以前のものを見たい。
(1)市庁舎の3階にある「市民情報センター」でご覧になれます。(2)問い合わせ先  【監査事務局 監査部】         (TEL 045−671−3356)          (FAX 045−664−2944)
 
Q 会計室会計管理課管理係の連絡先はどこでしょうか。
会計室会計管理課管理係  (TEL 045-671-2983)
 
Q 本会議では何が行われているのですか。
本会議は年4回(2月、5月、9月、11月)開催される定例会の期間の中で3日または4日開催されます。 一般的には、本会議第1日目は、市長から提案された議案に対する質疑(議案関連質疑といいます)、答弁がなされます。 本会議第2日目は、市政全般の施策についての質問(一般質問といいます)、答弁がなされます。 本会議第3日目は、議案等に対する討論(賛成か反対かの意見表明)と採決を行います。 なお、定例会によ…
 
Q 移動トイレはいつ設置(撤去)するのか
 移動トイレの設置は利用の前日、撤去は利用の翌日です。日曜日に設置・撤去はしません。ただし、日曜日でない祝日には行います。                                         設置・撤去の時間については、利用日が近くなりましたら資源循環局北部事務所からお電話でお知らせいたしますので、ご確認ください。  問合せ先 【源循環局北部事務所】 (TEL 045−953…
 
Q 政務活動費の金額を教えてほしい。
 政務活動費は、会派または議員に対して、議員1人あたり月額550,000円を毎月交付しています。 問合せ先【議会局秘書広報課】(TEL 671−3040)
 
Q 議案がどの委員会に付託されたのか教えてください。
議案につきましては、通常、各定例会の初日に付託されますので、その日以降に議会局議事課 (TEL  671−3045)までお問い合わせください。(なお、第1回・第2回定例会では、第2回目の本会議で付託されます。)また、市会ホームページの「議案一覧」にも掲載しています。
 
Q 請願と陳情の違いは何か教えて下さい。
 市政などについての意見や要望があるときは、誰でも請願書や陳情書を市会に提出することができます。 (1)請願に必要な事項 請願書を提出するときは、1人以上の市会議員の紹介を必要としますので、紹介議員の署名と押印をしてもらって下さい。 陳情書の場合は、市会議員の紹介は必要ありません。 (2)請願と陳情の処理方法 [1]請願について  常任委員会などで審査し、本会議で「採択」か「不採択」…
 
Q 定期監査(財政援助団体等監査)報告書を見たい。
(1)市庁舎の3階にある「市民情報センター」でご覧になれます。(2)最近の定期監査結果報告については、関連ホームページでもご覧になれます。(3)問い合わせ先  【監査事務局 監査部】(TEL 045−671−3356)  (FAX 045−664−2944)
 
Q 雨水流出抑制施設の管理費について、市からの補助はないのですか。
 横浜市からの管理費の補助はありません。雨水調整池等の雨水流出抑制施設の管理に関する経費は、「施設の管理に関する協定書」において、所有者が負担することになっています。  なお、この協定書は、「横浜市開発事業の調整等に関する条例」第18条第2項第5号により設置された雨水調整池について、施設の完成後に所有者と横浜市長で締結します。 問合せ先【道路局河川部河川管理課協議指導担当】 (TEL04…
 
Q 消火器の有効期限はありますか
 業務用消火器の標準的な使用期限は、製造からおおむね10年です。消火器を安全にお使いいただくために、10年を経過した消火器は交換するか、耐圧性能点検(水圧試験)を行ってください。  一般住宅用の住宅用消火器の標準的な使用期限は、業務用消火器とは異なり、製造からおおむね5年です。本体に使用期間又は使用期限が表示されていますので、期間内での交換を行ってください。
 
Q 横浜市消防職員の採用について、教えて下さい。
横浜市消防職員は、「大学卒程度」と「高校卒程度」の2種類の採用試験があります。 例年、「大学卒程度」では、消防【一般】、消防【専門】、消防(救急救命士)の3区分、「高校卒程度」では、消防、消防(救急救命士)の2区分で実施しています。 採用試験の詳細につきましては、横浜市職員採用案内ホームページ「始動。」を御確認ください。 【問合せ先】 TEL:045-671-3347(平日8時45分~…
 
Q 借りた仮ナンバーが盗難されましたが、どうしたらいいですか
まずは、最寄りの警察に被害届の提出をお願いします。 次に、借りた区の区役所総務課庶務係にも、御連絡をお願いたします。  問合せ先【各区役所総務課庶務係】
 
Q 区役所の横浜銀行派出所では、なぜ県や国へ納めるお金を扱ってくれないのですか。
金融機関の派出は、国の指導により、派出先、つまり、横浜市の業務しか行なえないことになっています。 したがって、預金などに代表される銀行業務を行なえないとともに、県や国など、横浜市以外の機関のお金も取り扱えません。
 
Q 雨水流出抑制施設はどのような場合に設置しなければならないのですか。
 横浜市域の内、臨海部に接する一部区域を除いた地域が、雨水調整池等の雨水流出抑制施設の設置が必要な区域となっています。  ただし、既に開発された区域や土地区画整理事業が完了した区域等で既に雨水流出抑制施設が設置されている場合は、雨水流出抑制施設が不要となる場合があります。詳細については、開発区域図を持参の上、担当部署【道路局河川部河川管理課】に確認してください。 問合せ先【道路局河川部河川…
 
Q&Aよくある質問集 > その他

アクセシビリティについて
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.