本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 福祉
 
Q&Aよくある質問集
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "福祉" 【385 件中 341 件から 360 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 介護保険の対象はどのような人ですか。
 横浜市内に住所がある40歳以上の市民の方が、横浜市の介護保険に加入することになります(介護保険に加入されている方を被保険者といいます)。 第1号被保険者…65歳以上の市民の方 第2号被保険者…40歳から64歳までの医療保険加入の市民の方  第1号被保険者及び第2号被保険者が介護サービスを利用する際の詳細については、関連Q&A509をご覧ください。
 
Q 住宅改修のサービス(工事)を提供(実施)したいのですが。
 介護保険の他のサービス(訪問介護、通所介護等)については、都道府県や市町村から指定を受けた事業者(指定居宅サービス事業者)でないとサービスの提供はできません。  ただし、住宅改修については、指定事業所はありません。このため、どの事業者でもサービス提供(工事)をすることはできます。   なお、住宅改修は対象となる工事が定められています。この対象範囲以外の工事の場合には、住宅改修費は支給されず、…
 
Q 介護保険に加入している家族(被保険者)が亡くなった場合の手続きを教えてください。
◆届出先  本人の住民票がある区の区役所保険年金課 ◆お手続きが必要な方  ・65歳以上の市民の方  ・40歳から64歳までの「要介護認定」を受けている方および   「介護保険被保険者証」の交付を受けていた市民の方 ◆ご用意いただくもの  ・本人の介護保険被保険者証  ・窓口にいらっしゃる方の本人確認のための証明書  (免許証などの顔写真付の身分証明書)  ・窓口にいら…
 
Q 「福祉特別乗車券」を持っているが「敬老パス」の手続きは必要か
 「福祉特別乗車券」をお持ちの方も、70歳になられたら「敬老パス」に切り替えとなります。敬老パスを御希望の場合は、区役所からの御案内により申請手続きをしていただく必要があります。
 
Q 市の高齢福祉について知りたい。介護保険を利用するにはどうすればよいか。
市の高齢福祉に関して、各区高齢・障害支援課や地域包括支援センター(地域ケアプラザ内等)に相談窓口があります。高齢福祉サービスの利用については、個々に一定の利用条件がありますので、相談窓口(関連ホームページ参照)で直接ご相談ください。 介護保険サービスを利用するためには、寝たきりや認知症など、介護が必要な状態かどうか「要介護認定」を受ける必要があります。申請の窓口は区高齢・障害支援課ですが、お…
 
Q 【障害者総合支援法】障害支援区分認定審査会とは何ですか。
障害支援区分認定審査会とは、主に、障害者等の障害福祉サービスの必要性を明らかにするために、障害者等の心身の状態を総合的に示す指標である障害支援区分を審査判定する市町村の附属機関です。障害支援区分認定審査会の委員は、障害者の保健又は福祉に関する学識経験を有する者のうちから、市長が任命する委員で構成されます。
 
Q 災害時におけるの聴覚障害者への情報提供は。
○災害時における避難勧告や指示等をファクシミリ通信網を利用して自宅のファックスへ配信します。配信を希望する場合は登録申請が必要です。 [対象者] 原則として1級から3級の身体障害者手帳の交付を受けている聴覚障害者で自宅にファックスがあるかた [登録先]住所地の区役所の福祉保健センター
 
Q 障害者が航空機に乗る際、運賃が割引になる制度はあるか。
航空会社によっては、国内航空運賃の割引があります。知的障害者の方は区福祉保健センターで手帳に割引対象者である旨の証明を受けてください。 (1)対象者 第1種障害者:障害者本人及び本人と同乗する介護者1名 第2種障害者:障害者本人及び本人と同乗する介護者1名(航空会社によっては障害者本人のみ) 精神障害者:障害者本人及び本人と同乗する介護者1名(航空会社によっては適用なし) ※第1種、…
 
Q 障害者が携帯電話を利用する際、割引を受けられる制度はありますか。
各携帯電話会社では、障害者が携帯電話を利用する際の基本使用料や通話料などを割引する制度などをおこなっています。割引内容などは、各社によって内容が異なります。 対象者は、障害者手帳の交付を受けている方です。 問合せ先 各携帯電話会社
 
Q 【精神通院医療】年間収入金額のわかるものは、どのような場合に必要か?
市民税非課税世帯に属し、利用者本人(18歳未満の場合は保護者)の年間収入が80万円以下の場合に必要です。
 
Q 障害の程度に変化があった場合の手続を教えてください。
(1)申請手続 ・ご本人がお住まいの区の区役所高齢・障害支援課またはこども家庭障害支援課で手続してください。ご家族の方も手続をすることができます。 ・6か月以内に撮影した顔写真(たて4センチ、よこ3センチ、サングラス・ポラロイド写真は不可)が1枚必要となります。 ・指定医師が作成した身体障害者診断書・意見書が必要となります。(診断書・意見書の用紙は区役所高齢・障害支援課またはこども家庭障害支…
 
Q 高齢者を対象としたIT講習会はありますか。
横浜市では、高齢者を対象としたIT講習は行っておりません。
 
Q 65歳以上で介護保険の認定を受けていないのですが、介護予防や健康づくりのために、何か受けられるサービスはありますか。
 すべての高齢者を対象に、地域で自立した生活を送ることができるよう、健康づくり(介護予防)に関する講座や教室等を実施しています。 詳しくは、区役所福祉保健センター・高齢・障害支援課または地域包括支援センターへお問い合わせください。
 
Q ヘルプマークを本人の代わりに受け取ることは可能ですか?
御家族等が代わりにいらっしゃる場合も、お渡ししています。
 
Q 在宅で医療や介護を受けたいのですが、どこで相談にのってもらえますか
 区役所福祉保健センター高齢(・障害)支援課高齢者支援担当や、地域ケアプラザ(地域包括支援センター)で相談に応じます。在宅療養生活を送るための、さまざまな医療や福祉サービスの情報を提供し、必要に応じて関係機関や関係者との調整をいたします。区役所や施設に直接相談においでいただくほか、状況に応じて、ご家庭を訪問し相談に応じます。直接区役所や各施設にご相談ください。お子さんの在宅医療については、区役所福…
 
Q 【精神通院医療】自分の病気が「重度かつ継続」該当するかどうかわからないが?
自立支援医療診断書(精神通院医療用)の用紙をお持ちになって、かかりつけの医療機関(指定医療機関として指定を受けている医療機関)でご確認ください。
 
Q 障害のある人が働く店について教えてください。
障害者の就労の場を確保し、障害者福祉に対する市民の理解を深めるため、「ふれあいショップ」を公共施設内に設置しています。 「ふれあいショップ事業」  【スタッフ】店長、障害者店員、サポート店員  【業  種】喫茶店、売店  【運営主体】社会福祉法人等(独立採算制) *障害者店員及びサポート店員の募集については、各店舗にお問い合わせください。 *各店舗の所在地、連絡先等については、…
 
Q  【精神通院医療】 誰の保険証(写し)が必要か?
○国民健康保険の場合 国民健康保険に加入されている家族全員分の保険証(写し) ○国民健康保険以外(健康保険組合、政府管掌保険等)の場合受診者と被保険者(被用者本人)の保険証(写し) ○生活保護世帯で医療保険に加入していない場合は不要です。
 
Q 現在敬老パスを持っていないが、次の10月から使える敬老パスを受け取りたい。どのように申し込めばいいか教えてほしい。
【10月1日から翌年7月31日まで】 お電話でお申込みの場合、8月1日以降にお住まいの区の高齢・障害支援課に御連絡ください。申請書を郵送いたします。 区役所高齢・障害支援課へ来庁される場合は、8月1日以降に本人確認書類をお持ちのうえ御来庁ください。(代理人の方がお越しになる場合は代理人の方の本人確認書類と対象者の本人確認書類、対象者の印鑑を御持参ください。) 申請書を御提出いただいた場合…
 
Q 敬老パスの申請書を無くしたので、また送って欲しい。
 再度お送りしますので、お住まいの区役所高齢・障害支援課へお問い合せください。
 
Q&Aよくある質問集 > 福祉

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.