本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 住民票・戸籍・実印
 
Q&Aよくある質問集
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "住民票・戸籍・実印" 【139 件中 81 件から 100 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 平成20年7月19日に改正された戸籍の附票の改製原戸籍の附票の写しを請求することができますか。
横浜市に本籍のある方の戸籍は、平成20年7月19日に紙による方法から磁気ディスクによる方法に変更しています。これに伴い戸籍の附票の管理方法も変更しています。 平成20年7月19日以前の戸籍の附票を改製原戸籍の附票といい、平成20年7月19日から5年間は保存していましたが、現在は廃棄していますので、この改製原戸籍の附票の写しを交付することはできません。
 
Q 外国籍の方との婚姻届はどのように届出するのですか。
外国籍の方との婚姻届をする場合は、相手(外国籍の方)の国籍や所在地、届出をする場所などにより必要な書類や手続きの方法が異なります。 手続きの方法について、「区役所戸籍課戸籍担当」にご確認のうえ、お届けくださるようお願いします。 また、外国籍の方が婚姻できる方であるかを証明するためのに必要となる書類(婚姻要件具備証明書等)については、各国の「大使館」または「領事館」にお問い合わせください…
 
Q マイナンバーの通知カードの廃止後に住所等の記載事項変更手続きを行えるか?
マイナンバー通知カードの廃止後(令和2年5月25日以降)は通知カードの住所等の記載事項変更手続きは行えなくなり、通知カードの記載が住民票上の表記と異なる場合、マイナンバーを証明する書類として使用できなくなります。
 
Q 別の印鑑で登録したいので、前の印鑑登録を廃止したいのですが
お住まいの区の区役所の窓口に届出をお願いします。 行政サービスコーナーでは届出することはできません。 印鑑登録を廃止し、別の印鑑の印鑑証明書が必要な場合は、登録印鑑廃止の申請を行い、再度印鑑登録の申請を行う必要があります。 次の印鑑は登録できません。 (1) 住民基本台帳に記録されている氏名、氏、名、旧氏又は氏名、旧氏の一部を組み合わせたもので表していないもの (2) ゴム印…
 
Q 身分証明書(破産者等に該当しないこと、成年被後見人でないことの証明)の郵送請求手続きについて
(1)請求先 ・<送付先> 〒231-8307 横浜市中区尾上町1丁目6番地 横浜市郵送請求事務センター ・請求する場合は、請求用紙、手数料分の定額小為替(郵便局で発行)返信用封筒(返信先を記入し、切手を貼付)を同封してください。 ・なお、電話及びファクシミリでの請求はできません。 (2)証明書を請求できる方  ・請求者本人及び請求者から頼まれた(委任を受けた)代理人の方 …
 
Q 住民票に記載されていた旧姓(旧氏(きゅううじ))を削除したが、再度、旧姓(旧氏)を記載する場合
住民票に記載されていた旧姓(旧氏)を削除した後に、姓(氏)に変更があった方は、再度、削除した以降に生じた旧姓(旧氏)を住民票に旧姓(旧氏)として記載することができます。 《手続きをする場所》 お住いの区の区役所戸籍課 《手続きできる方》 本人及びその代理人 《必要な書類》 ・住民票に記載する旧姓(旧氏)と現在の戸籍が繋がる全ての戸籍(除籍)謄本又は抄本 ※受理証明書、届書記載事項…
 
Q マイナンバーの通知カード廃止後に再発行の手続きは行えるか?
マイナンバーの通知カード廃止後(令和2年5月25日以降)は通知カードの再発行手続きが行えなくなります。通知カード廃止後にマイナンバーを証明する書類が必要な場合は、マイナンバー入りの住民票をお取りいただくか、マイナンバーカードを取得していただく必要があります。
 
Q マイナンバーの通知カード廃止後は通知カードをマイナンバーの証明として使用できなくなるのか?
マイナンバー通知カードの廃止後(令和2年5月25日)も通知カードの記載事項(住所、氏名等)が住民票と一致している場合は、通知カードをマイナンバーを証明する書類として引き続きお使いいただけます。 通知カードと住民票の表記が一致していない場合は、マイナンバーを証明する書類として使用できませんのでご注意ください。 通知カードの廃止後に通知カードと住民票の表記が一致していない場合で、マイナンバーを証明…
 
Q 住民票などで使用する偽証明書専用用紙(地紋紙)の色は変更したのか
証明書専用用紙については偽造防止を目的として定期的に様式を変更しています。 証明書専用用紙の色は2019年9月2日(月)からピンク色から青色に変更しました。 【対象の証明書】 戸籍全部事項証明書・住民票の写し・印鑑登録証明書・課税証明書・納税証明書 など  なお、マイナンバーカードによる各種証明書のコンビニ交付サービスの用紙は変更ありません。(用紙は白色のままです。)
 
Q 住基カードの紛失(見つからない場合、なくした場合)について
 希望される場合、届出によりカードの使用を一時的に停止することができます。なお、電話での受付も行っています。電話で届け出る場合も、お住まいの区の区役所戸籍課登録担当に御連絡ください。(受付時間は各区役所の開庁時間のみ) <届出先>お住まいの区の区役所戸籍課登録担当窓口
 
Q 町名地番変更証明について(瀬谷区)
町名地番変更証明は、過去に町界町名地番整理事業などによって町名地番が変更されたことを証明する書類です。窓口もしくは郵送でご請求いただけます。 <申請者>どなたでも請求できます。 <対象>現在の瀬谷区域 <手数料>無料 <申請窓口>瀬谷区役所2階 25番窓口(戸籍課登録担当) <注意> 戸籍課で発行する「町名地番変更証明」は、変更当時にそこにお住まいだった方の氏名と住所の表示(変…
 
Q 外国人が海外から転入した場合の手続きについて
【概要】 外国人の方が国外から転入する場合の手続きです。 【対象】 ○適法に3か月を超えて在留する外国人住民の方(在留資格が短期滞在や外交等の方を除く)が 【届出人】 ○本人、世帯主または同一世帯の方 (平成24年7月9日から外国人住民の方も住民票の届出が必要になりました) 【届出期間】 ○引越した日から14日以内 ※14日目が区役所の閉庁日に当たるときは、翌開庁日が届出期間の末…
 
Q コンビニ交付で必要となる利用者証明用電子証明書の有効期限はどのくらいか
有効期間は、原則として発行の日後5回目の誕生日までとなります。 有効期間も満了の3か月前の日の翌日より更新を行うことができます。
 
Q 住民基本台帳カードや印鑑登録証でコンビニ交付を利用できますか?
コンビニ交付のシステムは、マイナンバーカードでないと利用できない仕様となっているため、住民基本台帳カードや印鑑登録証では利用できません。 また、住民基本台帳カードでコンビニ交付の利用ができる自治体もありますが、印鑑登録証は全国共通でコンビニの利用ができません。
 
Q コンビニ交付利用の際の暗証番号を間違えたらどうなるのか
暗証番号は3回連続で入力ミスをするとロックがかかり、利用できなくなります。その場合はお住まいの区の区役所戸籍課で暗証番号のロック解除及び初期化の申請が必要になります。
 
Q 戸籍に関する届出を郵送によりすることはできますか。
戸籍の届出については、郵送によりお届けいただくこともできます。郵送でお届けいただく場合は本籍地の「区役所戸籍課戸籍担当」に届書等の必要書類をご送付ください。(行政サービスコーナー及び市役所では受付することはできません。) なお、郵送により、お届けになる場合は、次の点にご留意ください。(詳細については、「区役所戸籍課戸籍担当」にご確認をお願いします。) (1)お届けいただいた届書の内容確…
 
Q 住民票に記載されている旧姓(旧氏(きゅううじ))を削除する場合
住民票に記載されている旧姓(旧氏)を使用しなくなった場合は、請求により削除することができます。 《手続きをする場所》 お住いの区役所戸籍課 《手続きできる方》 本人及びその代理人 《必要な書類》 ・マイナンバーカード ※カードに記載された旧姓(旧氏)を削除する必要があります。 ・窓口においでになる本人確認書類  ・代理人が届出をされる場合には委任状などの代理権限を確認できる書…
 
Q 住民票に旧氏が併記するとマイナンバーカードや印鑑登録証明書に旧氏が併記されるのか
住民票に旧氏を併記するとマイナンバーカード、印鑑登録証明書に旧氏が併記されます。 なお、マイナンバーカードを既に交付を受けている方は、各カードの追記欄に旧氏を記載しますので、旧氏記載の手続きの際はお持ちください。これからマイナンバーカードを新たに発行される場合は、氏名に旧氏が併記されます。 また、住民票の写し、印鑑登録証明書、マイナンバーカードについて、旧氏を非表示とすること、旧氏のみを表示す…
 
Q 土曜開庁日に、港北区戸籍課で取り扱う業務は何ですか。
土曜開庁日に、港北区戸籍課では次の業務を行います。 ○戸籍係:区役所2階 戸籍の届出、戸籍謄・抄本、除籍謄・抄本などの証明発行 ※注)他の自治体や機関への確認が必要な業務など、お取り扱いできないものもありますので事前にお問い合わせください。 ○登録係:区役所2階   印鑑登録、住民異動届、住民票の写し等各種証明書の発行        ※注)住民基本台帳ネットワークシ…
 
Q 婚姻した場合に外国籍配偶者の氏を名乗ることはできますか。
 婚姻届と同時または婚姻の日から6か月以内に「外国人との婚姻による氏の変更届(戸籍法107条2項の届)」をすることによって外国籍配偶者の方の氏を名乗ることができます。(婚姻届だけでは氏の変更はされません。) (1)ご持参いただくもの ・外国人との婚姻による氏の変更届(戸籍法107条2項の届) 1通(届出用紙は全国共通です。)(区役所戸籍課戸籍担当で届出用紙をお渡ししています。市役所、行政サ…
 
Q&Aよくある質問集 > 住民票・戸籍・実印

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.