本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル
 
Q&Aよくある質問集
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "ごみ・リサイクル" 【112 件中 101 件から 112 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 他の地区からごみを持ち込まれている
 市民の皆様がどこのごみ集積場所を利用するかについては、地域の方々のお話合いにより決めていただいております。  なお、資源循環局では、ごみ出しマナーの向上に向けて、パンフレットの配布や、ごみ集積場所へのごみ出しのルール(「収集日以外や収集後にごみを出さない」など)を記載した掲示物の設置、収集車による広報等を行っております。  パンフレットや、ごみ集積場所への掲示物の設置をご希望の場合は、お住ま…
 
Q ロゴ・マスコットを使用したい
 「ヨコハマ3R夢!」ロゴ・マスコット及びこれまで使用してきた標語については、「ヨコハマ3R夢!」標語・ロゴ・マスコット取扱要綱に基づいて管理しています。市民・事業者の皆さんにご利用いただく場合には、使用申請をしていただく必要があります。  使用を希望する方は、要綱に定めた取扱事項を守っていただく必要があり、取扱事項が守られていない場合には使用をお断りする可能性があります。使用申請先は次の通りで…
 
Q 粗大ごみの手数料を教えてほしい。
粗大ごみの処理手数料は、次の手段で知ることができます。 (1)区役所等で配布している「ごみと資源物の分け方・出し方」パンフレット (2)横浜市資源循環局ホームページの「粗大ごみ処理手数料表」 (3)粗大ごみ受付センターに問い合わせる。
 
Q 神明台スポーツ施設ではどのようなスポーツができるのですか。
 廃棄物の埋立処分が終了し、地盤が安定した区域を利用してスポーツ施設等を整備し、地域の方々へ開放しています。現在開設している施設は次のとおりです。    〇第1軟式野球場     軟式野球、ソフトボール      〇第2軟式野球場     軟式野球、ソフトボール                 (抽選日において利用申し込みがない場合、ゲートボール利用可)    〇サッカー場      …
 
Q 「ヨコハマ3R夢」推進会議・各区推進会議の違いは何か
 「ヨコハマ3R夢プラン」の推進に向けて市全体の推進会議として設置しているのが「ヨコハマ3R夢」推進会議です。「ヨコハマ3R夢」推進会議は市長を委員長として、各区局・統括本部長が構成員となっています。  「ヨコハマ3R夢プラン」の推進は、各区の地域特性等も考慮しながら実施していくことが効果的であると考えられるため、各区役所の区長を本部長とし、区民・事業者・行政が構成員なる推進会議等を設置し、区ご…
 
Q 粗大ごみの種類・大きさを教えてほしい。(粗大ごみとは何か。)
・家庭から出されるもののうち、一番長い辺が、金属製品で30cm以上のもの、それ以外(プラスチック製品、木製品など)で50cm以上のものを粗大ごみとして有料で収集しています。       ・上記の大きさに満たない品物は、燃やすごみ・燃えないごみ(月・金または火・土に収集しているごみ)または小さな金属類(缶・びん・ペットボトルの収集日と同じ日)として、収集しています。
 
Q グリーン購入とは何ですか。
「環境物品等の調達の推進等に関する法律」(いわゆるグリーン購入法)に基づき、 環境に配慮した物品等の調達、役務の提供をおこなうことです。  横浜市では、当該法律の施行に基づき「横浜市グリーン購入の推進に関する基本方針」及び、「横浜市グリーン購入の推進を図るための調達方針」を定めております。  また、日常業務から生じる環境負荷の低減を図り、持続的発展が可能な社会の形成に資することを目的に、…
 
Q 袋は半透明でなければいけないのか(レジ袋をごみ袋として使ってよいか)
 横浜市では、平成12年2月から、家庭ごみ等は「中身のはっきりと確認できる透明または半透明の袋」で出していただいており、半透明のものであれば、レジ袋にごみを入れて出していただいてもかまいません。  なお、レジ袋だけをごみとして出す場合には、「プラスチック製容器包装」としてお出しください。
 
Q 路上に放置された自動車があるがどうすればよいか
【放置自動車通報電話】(TEL 671-3817)までご連絡ください。
 
Q 古い灯油(ガソリン、軽油等)を処分したいのですが、どうしたらよいですか。
消防署での処分は実施しておりません。 火災予防や環境汚染等の観点から、ご自身で処分するのではなく購入したお店などにご相談ください。
 
Q 放置自動車の撤去に日数がかかりすぎる
 放置自動車の撤去・処理につきましては、「横浜市放置自動車及び沈船等の発生の防止及び適正な処理に関する条例」に基づき実施しています。  処理にあたっては、市民の方々からの通報等をもとに各行政機関への照会を行い、所有者の判明した車両については所有者に撤去させ、所有者が判明しない車両については、廃物判定委員会で廃物と判定後、公告をした後に横浜市で撤去しています。また、あわせて警察でも調査を行っている…
 
Q 土・石はどうしたらよいか
一度に多量にならないよう少量ずつ、週2回の「燃えないごみ」の収集日に、半透明の袋に入れて出してください。
 
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル

アクセシビリティについて
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.