本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生
 
Q&Aよくある質問集
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "健康・医療・衛生" 【87 件中 1 件から 87 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 市営墓地の申し込みはどのようにすればよいか。インターネットで申し込みはできるのか。
 インターネットでの申し込みはできません。  なお、横浜市営墓地・納骨堂の使用者募集については、年1回、約1か月の期間のみ、申込みを受け付けています。  令和2年度の募集・申し込みは9月30日(水)で終了しました。  令和3年度の募集の案内につきましては、横浜市ホームページ等で改めてお知らせします。 所管課:健康福祉局環境施設課 中区本町6-50-10 TEL:045-671-24…
 
Q 市営墓地の申込書を配布している場所を教えてほしい
 横浜市営墓地・納骨堂の使用者募集については、年1回、約1か月の期間のみ、申し込みを受け付けています。  令和2年度の募集・申込書の配布は9月30日(水)で終了しました。  令和3年度の募集の案内につきましては、横浜市ホームページ等で改めてお知らせします。 所管課:健康福祉局環境施設課 中区本町6-50-10 TEL:045-671-2450、FAX:045-664-6753
 
Q 市営墓地の申込には条件があるのか。
 申込の際には、原則として次の条件を満たすことが必要です。 (1)横浜市在住3か月以上の方で、資格審査時点で引き続き横浜市に住民登録のある方。 (2)1世帯1申込み (3)「遺骨保持区分」の申込者については、現に自宅や一時保管施設に遺骨を保管・収蔵している方  これらの条件を確認させていただくため、資格審査の際に住民票及び火埋葬許可証(かまいそうきょかしょう)等の書類をご提出いただきます。…
 
Q 新型コロナウイルス感染症にかかる慰労金支給事業の問い合わせ先について
 新型コロナウイルス感染症にかかる福祉施設職員等に向けた慰労金支給事業の支給対象者は、 ・医療従事者 ・障害サービス事業従事者 ・介護サービス事業従事者 ・救護施設職員  となっていますが、各事業の問い合わせ先は以下のとおりです。 ※医療、障害、介護は神奈川県が窓口となります。 ※横浜市が窓口となるのは、生活保護受給者が入所する救護施設(市内3施設)のみとなります。 ◆…
 
Q 熱中症が疑われる症状がある人がいるが、どうすればいいか。
意識がない、呼びかけに反応しない場合は、すぐに救急車を要請してください。 判断に迷う場合は、横浜市救急相談センター(#7119または232-7119)にご連絡ください。
 
Q 国の基準では2m以上離れている場合はマスクを外して熱中症を防ぐことになっているが、2mは現実的ではない。暑い日は人と距離を取れない場合もマスクを外してはいけないのか。
マスクをしている時は、 ・強い負荷のかかる運動を避ける ・こまめに休憩をとり、水分補給をする 等 の方法で、熱中症の予防を心がけてください。 <熱中症予防に関すること>  健康福祉局保健事業課 671-2451
 
Q 外を歩いている時に、マスクを外してはいけないのか
人と2m以上(十分な距離)離れている場合は、マスクを外して熱中症になるのを防いでください。 <熱中症予防に関すること>  健康福祉局保健事業課 671-2451
 
Q WBGT(暑さ指数)はどこで調べられるのか。
環境省のウェブサイトから全国各地のWBGTを調べることができます。 また、インターネットで「WBGT 横浜」と検索すると、横浜の暑さ指数(WBGT)の実況と3日間の予測を調べることができます。
 
Q 熱中症対策で「気温・湿度が高いときは特に注意しましょう」とあるが、具体的な数字を示してほしい
人によって異なるため、具体的な数字を示すことは難しいですが、気温が30℃を超えると熱中症による死亡者数が増加し、35℃を超えると特に注意が必要になります。 その他、気温・湿度・輻射熱の3つを取り入れた指標であるWBGT(暑さ指数)を参考にして、エアコンの活用や、こまめな水分補給などの熱中症対策をしてください。 <熱中症予防に関すること>  健康福祉局保健事業課 671-2451
 
Q 横浜市の熱中症対策について聞きたい
横浜市のウェブサイトや市営地下鉄ブルーラインの広告を使用して、予防啓発を行う他、環境省の予防啓発資料を配布しています。
 
Q 日野こもれび納骨堂の駐車場から車いすで参拝できますか。
 バリアフリーに配慮した施設であり、駐車場から車いすで参拝が可能です。 所管課:健康福祉局環境施設課 中区本町6-50-10 TEL:045-671-2450、FAX:045-664-6753
 
Q 日野こもれび納骨堂には、駐車場はありますか。
 駐車場は24台分あります。料金は100円/30分です。なお、お彼岸(春・秋)の土・日・祝日は駐車場を閉鎖します。 所管課:健康福祉局環境施設課 中区本町6-50-10 TEL:045-671-2450、FAX:045-664-6753
 
Q 日野こもれび納骨堂合葬式納骨施設の使用期間(60年間)満了後、遺骨はどうなるのか。
 60年後までに改葬等の申し出がない限り、合祀施設(他の遺骨と合同埋蔵する施設)に移動します。  合祀施設に移動後は、改葬ができなくなります。 所管課:健康福祉局環境施設課 中区本町6-50-10 TEL:045-671-2450、FAX:045-664-6753
 
Q 日野こもれび納骨堂への行き方を教えてほしい。
 上大岡駅、港南中央駅から横浜市営バス111系統「港南台駅前行き」  洋光台駅から横浜市営バス76系統「港南車庫前行き」、111系統「上大岡駅前行き」、112系統「上永谷駅前行き」  いずれかのバスに乗車し、「洋光台北口」で下車、バス停より徒歩2分です。 所管課:健康福祉局環境施設課 中区本町6-50-10 TEL:045-671-2450、FAX:045-664-6753
 
Q 日野こもれび納骨堂の施設の見学はできますか。
 開館時は、自由に見学できます。見学にあたっては参拝中の方もいらっしゃいますので、ご配慮いただきますよう、お願いします。 開館時間:原則 午前9時から午後5時まで 休館日:11月第1月曜日 所管課:健康福祉局環境施設課 中区本町6-50-10 TEL:045-671-2450、FAX:045-664-6753
 
Q 日野こもれび納骨堂の合葬式納骨施設とはどのような施設ですか。
 シンボルツリーの地下に納骨施設を設け、粉状のご遺骨を個人単位で袋に入れて金属製の棚に収蔵し、地上の献花台の前にて参拝いただく施設です。  なお、遺骨を粉状にする作業は、横浜市では実施しません。ご自身で民間業者等をお探しいただいても結構ですし、「日野こもれび納骨堂の指定管理者」が施設の使用料・管理料とは別に、料金をいただいて粉骨作業を実施していますので、指定管理者へご依頼いただいても結構です。 …
 
Q 日野こもれび納骨堂自動搬送式納骨施設の使用期間終了後、遺骨はどうなるのか。
 自動搬送式納骨施設の使用期間は30年間です。30年後には、更新か改葬の手続きが必要です。 所管課:健康福祉局環境施設課 中区本町6-50-10 TEL:045-671-2450、FAX:045-664-6753
 
Q 日野こもれび納骨堂自動搬送式納骨施設では、遺骨はどのような状態で納められるのか。遺骨以外の遺品は入れられるのか。
 金属製の厨子という箱の中に、骨壺等に入れた状態で納めます。基本的には緩衝材は入れませんが、万が一御遺骨が安定しない場合、緩衝材を入れるなど個々に対応します。  また、遺骨(及び骨壺)以外の遺品を入れることはできません。 所管課:健康福祉局環境施設課 中区本町6-50-10 TEL:045-671-2450、FAX:045-664-6753
 
Q 日野こもれび納骨堂自動搬送式納骨施設には、骨壺をいくつ収めることができますか。
 遺骨の収蔵数に制限はありませんが、厨子(遺骨を納める箱)の重さを除き、お名前などを描く銘板の重さを含め11㎏以内という荷重制限があります。  厨子は7寸の骨壺が2つ入る大きさです(巾25㎝×奥行48㎝×高さ26㎝)。  遺骨の量には個人差がありますので、具体的に何体分まで入るとは申し上げられませんが、ご遺骨を骨壺から取り出し、袋等に入れた状態で納骨すれば、荷重制限の範囲内で収蔵体数を増やすこ…
 
Q 日野こもれび納骨堂自動搬送式納骨施設とはどのような施設ですか。
 受付で専用のカードをかざすと、遺骨が納められた厨子(箱)が自動で参拝ブースに運び込まれ、各参拝ブースにて参拝いただく施設です。  ご希望があれば、厨子に銘板を設置し、銘板にお名前などを描くことができます。  ホームページにイメージ図を掲載していますので、合わせてご覧ください。  基数は6,500基  使用料は30年間で1基あたり484,000円(税込)。使用開始時に一括でお支払いいた…
 
Q 市営墓地メモリアルグリーンの申し込みをしたいが可能でしょうか?
メモリアルグリーンは、平成25年ですべて募集を終了しています。 現在のところ、再募集等の予定はありません。 所管課:健康福祉局環境施設課 中区本町6-50-10 TEL:045-671-2450、FAX:045-664-6753
 
Q 病院や診療所に関する苦情や相談をしたいのですが、どこに問い合わせたらよいですか。
下記項目に関するご相談は医療相談窓口へお問い合わせください。 •医療に関して、どこに問い合わせたらよいか分からない。 •医師が十分に説明をしてくれない。 •医療に関して疑問や不安があるが医師には相談しづらい。どのように相談したらよいか。 •医療機関の職員の対応や接遇が気になる。 医療安全相談窓口 TEL:045-671-3500   専用メールアドレス:kf-soudan@cit…
 
Q 地域中核病院等に関する相談がしたいのですが、どこに問い合わせたらよいですか。
横浜市では基幹的な役割を担う病院として、市立病院、横浜市立大学病院、地域中核病院等を独自に整備し、地域の医療機関などと連携し医療体制を構築しています。 下記項目に関するご相談は医療相談窓口へお問い合わせください。 •医療に関して、どこに問い合わせたらよいか分からない。 •医師が十分に説明をしてくれない。 •医療に関して疑問や不安があるが医師には相談しづらい。どのように相談したらよいか。…
 
Q 自立支援医療(精神通院医療)は、どこで申請するか
郵送申請ができます。宛先は下記のとおりです。 〒231-0005 横浜市中区本町6-50-10 横浜市健康福祉局精神通院医療・手帳事務処理センター 045-671-3623 郵送申請の他、各区役所の高齢障害支援課でも受け付けいたします。
 
Q 市民病院への行き方を教えてください
【バスでお越しの方】 バス停「市民病院」下車すぐ ・横浜駅西口から 市営87系統又は34系統(平日の日中のみ) ・東神奈川駅から 市営88系統(東神奈川駅西口~東横反町駅前~三ツ沢上町駅前~市民病院) ・保土ケ谷区内や相鉄線沿線から 208系統(横浜駅西口~和田町~市民病院) バス停「三ツ沢総合グランド入口」下車 徒歩1分 ・横浜駅西口から三ツ沢総合グランド経由のバスに乗車 …
 
Q 横浜市からもらった歩数計が壊れてしまった/失くしてしまった。新しく購入したいのですが。
よこはまウォーキングポイントでは、歩数計の再交付は行っておりません。 新しい歩数計で継続して参加するには、ご自身で歩数計を購入していただく必要があります。 購入方法や手続き等、詳細については「よこはまウォーキングポイント事業事務局」へお問い合わせください。 【よこはまウォーキングポイント事業事務局】 電話:0570-080-130/045-681-4655 受付時間:平日9:30~1…
 
Q 「よこはまウォーキングポイント」とは何ですか。
18歳以上の横浜市民(在勤者・在学者を含む)の方を対象に、ウォーキングを通じて楽しみながら健康づくりに取り組んでいただく事業です。 歩数計で参加する方法と、歩数計アプリをインストールしたスマートフォンで参加する方法があります。 事業の詳細や参加方法等については「よこはまウォーキングポイント事業事務局」へお問い合わせください。 【よこはまウォーキングポイント事業事務局】 電話:0570-…
 
Q 看護師・保健師・助産師・准看護師の免許申請について教えてほしい。
横浜市にお住まいの方は、市内すべての区の福祉保健センターで手続ができます。詳しくは以下にお問い合わせ下さい。 <連絡先> 青葉区福祉保健センター生活衛生課食品衛生担当 (TEL 978−2464) 旭区福祉保健センター生活衛生課食品衛生係 (TEL 954−6166) 泉区福祉保健センター生活衛生課生活衛生係 (TEL 800−2451) 磯子区福祉保健センター生活衛生課食品衛生係 (T…
 
Q 横浜市における被爆者援護事業について教えてもらいたい。
 本市では、被爆者の方に対する援護費の支給(10,000円/年)、はり・きゅう・マッサージ療養費の助成(3,000円/月額が限度)及び被爆者の子に対する医療費助成を行っております。  詳しくはホームページをご確認いただくか、各区福祉保健センター健康づくり係もしくは健康福祉局保健事業課へお問い合せ下さい。  なお、被爆者健康手帳に関する事項や各種手当など、その他の援護事業については神奈川県にて所…
 
Q 民泊サービスの提供を始めたいが、どうしたらいいですか。
 自宅の一部やマンションの空き室などを活用して宿泊施設を営業する場合、旅館業法に基づく旅館業の許可を受けるか、住宅宿泊事業法に基づく宿泊事業の届出を行う必要があります。  旅館業の営業許可については、宿泊サービスを提供する施設の所在地の【各福祉保健センター生活衛生課】にお問い合わせください。  住宅宿泊事業法の届出については【健康福祉局生活衛生課】が窓口ですので、お問い合わせください。
 
Q 急な病気やけがで、医療機関へ行くか救急車を呼ぶか迷っています。
「横浜市救急相談センター」へ電話でお問い合わせください。音声案内に従って番号を押すと、次のサービスにつながります。(24時間・年中無休) プッシュ1番 医療機関案内 その時受診可能な、医療機関案内を行います。 聴覚障害者の方は専用ファックス 045-242-3808に送付してください。FAX受付後に医療機関と調整の上、折り返しいたします。 プッシュ2番 救急電話相談  看護師が、症状に基…
 
Q 難病患者のための医療費の助成制度はありませんか。
□特定医療費(指定難病)助成制度  原因不明で治療方法が確立していない、いわゆる難病のうち、厚生労働大臣が定める疾病を、「指定難病」といいます。指定難病については、治療が極めて困難であり、かつ、その医療費も高額に及ぶため、患者さんの医療費の負担軽減を目的として、一定の認定基準を満たしている方に対して、その治療に係る医療費の一部を助成しています。    ■対象疾病   指定難病(難病のうち厚…
 
Q 猫の不妊去勢手術費用の補助について教えてください
"補助対象者:横浜市民及び市内の自治会・町内会 補助対象動物:令和2年3月1日から令和3年2月28日までに登録動物病院で不妊去勢手術をした、市内に生息する飼い主のいない猫 実施動物病院:横浜市内及び川崎市、横須賀市、逗子市、鎌倉市、藤沢市、大和市、町田市の登録動物病院 …
 
Q 【精神通院医療】他の市町村から課税証明書を取り寄せるのにはどうしたらいいか?
郵送でも取り寄せることはできますが、手数料をどのように納めたらいいかなど、市町村によって異なる場合もありますので、詳しくは該当する市町村の市町村民税担当部署にお問い合わせください。
 
Q 【精神通院医療】自立支援医療診断書(精神通院医療用)の診断書は誰が書くのか?
かかりつけの医療機関(指定医療機関として指定を受けている医療機関)で記入してもらってください。
 
Q 【精神通院医療】「重度かつ継続」の多数該当とは、どのような場合に該当するか?
健康保険から支給される高額療養費を同じ健康保険に加入している世帯において申請前の12か月の間に4回以上支給された場合に該当します。
 
Q 【精神通院医療】 課税証明書や非課税証明書が必要な場合はどんな場合か?
市町村民税は1月1日現在の居住地で課税されます。その年(申請月が1月から6月の間は前年)の1月1日に横浜市にお住まいでなかった場合には、本市に課税情報がありませんので、その時点でお住まいだった市町村から課税証明または非課税証明をとっていただく必要があります。
 
Q 【精神通院医療】いつ(何年度)の市民税額で上限額が設定されるか?
申請月が4月から6月の間は前年度、7月から3月はその年度の市民税額になります。 例えば、平成25年7月の申請ならば平成25年度の市民税額になります。(平成24年1月から12月までの収入)
 
Q 肺炎球菌ワクチンの対象者ですが、かかりつけの病院が市外にあります。担当医に相談し、そちらの病院でワクチン接種を受けようと思いますが、クーポン券を利用して接種を受けられますか。
内部機能障害の方を対象にしたクーポン券(任意接種)は横浜市内の協力医療機関でのみご利用いただくことができます。 ただし、市外の医療機関で接種した場合と、協力医療機関で接種した際にクーポン券を忘れてしまった場合には、窓口で全額お支払いいただいた後、ご本人から横浜市に助成費を直接請求することができます(市内でも協力医療機関でない場合は請求できません。)。 詳しくは、健康福祉局障害自立支援課にお問い…
 
Q 23価肺炎球菌ワクチンの助成は、誰が受けられますか?
23価肺炎球菌ワクチン接種には、定期接種と任意接種があります。それぞれ条件が異なりますので、ご自身がどちらに該当するかをご確認ください。 【定期接種対象者】  過去に23価肺炎球菌ワクチンを接種したことがなく、市内に住民登録がある、以下の①または②方   ①■平成31年度(2019年度)■      各年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、 95歳、100歳…
 
Q 23価肺炎球菌ワクチンの対象者ですが、助成を受けるには申請が必要ですか?
いいえ、必要ではありません。 【定期接種対象者】  対象の年齢に達する年度の6月末から7月上旬に、横浜市健康福祉局健康安全課から案内と予診票を個別に送付します。 【任意接種対象者(障害がある方)】  初めて身体障害者手帳が交付された年度に、横浜市健康福祉局障害自立支援課から案内とクーポン券を個別に送付しています。  ただし、身体障害者手帳をお持ちの方で、5年の間隔をあけて再接…
 
Q 肺炎球菌ワクチンの助成クーポンをなくしてしまいました。再び発行してもらえますか。
過去に、横浜市からクーポン券を受け取られた方で、現在も助成の対象者にあたる場合は、クーポン券の再交付を受けることができます。 クーポン券の紛失、破損、汚損、有効期限切れ又は5年以上の間隔を空けての再接種希望などの理由により、クーポン券の再交付を希望する場合は、再交付申請書に身体障害者手帳のコピーを添えて、健康福祉局障害自立支援課へ申請してください。 対象者の条件や、くわしい申請の方法などは直接…
 
Q 近所に迷惑な犬や猫の飼い方をしている人がいる、虐待している人がいるので指導して欲しい
区福祉保健センター生活衛生課がお話を伺うので区福祉保健センター生活衛生課に相談してください。
 
Q 放れている犬、遺棄された、もしくは怪我をしている犬や猫、親からはぐれた子猫を収容して欲しい。
遺棄された犬猫については警察に連絡したうえで、区福祉保健センター生活衛生課に連絡し収容を依頼してください。放れている犬、怪我をしている犬猫、親からはぐれた子猫は区福祉保健センター生活衛生課に連絡して収容の相談をしてください。
 
Q 横浜市立病院において、小児科を受診したいのですが。
横浜市立病院では2つの病院で小児科診療を行っています。 横浜市立市民病院:所在地 神奈川区三ツ沢西町1-1、(TEL  316-4580) 小児科診療受付 月曜日〜金曜日 (新患の方)午前8時〜11時 (再診の方)午前7時30分〜11時 横浜市立みなと赤十字病院:所在地 中区新山下3-12-1、(TEL 628-6100) 小児科診療受付 月曜日〜金曜日  (新患の方)午前8時30…
 
Q 横浜市立大学附属市民総合医療センター(市大センター病院)の診療受付は何時からですか。
【診療受付時間】 ◆初診 午前8時30分~午前10時30分  ※総合案内にて午前8時~午前10時30分の間に診療申込をしてください。  ※診療科によっては、初診受付を行っていない曜日がありますのでご注意ください。 ◆再診 再来受付機は午前8時より稼働(再診受付終了時間は診療科によって異なります。) ◆休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日) 詳細は関連ホーム…
 
Q 横浜市立大学附属市民総合医療センター(市大センター病院)の住所、交通機関、駐車場などについて教えてください。
【所在地】横浜市南区浦舟町4-57 【電車を利用する方】京浜急行「黄金町」駅下車 徒歩10分 市営地下鉄「阪東橋」駅下車 徒歩5分 【バスを利用する方】  市営バス 68、102、158、324系統「浦舟町」下車 徒歩1分  京浜急行バス110系統「浦舟町」下車 徒歩1分  市営バス 南区総合庁舎前経由 199系統「市大センター病院前」下車 徒歩1分  神奈中バス 戸45系統「…
 
Q 横浜市立大学附属市民総合医療センター(市大センター病院)の入院患者さんの面会時間について教えてください。
新型コロナウイルス感染対策の一環として、面会制限を実施している場合があります。最新情報は当院ホームページをご確認ください。 【面会時間】 ◆平日・・・午後3時~午後8時(入館時間は午後7時30分まで) ◆土曜日・日曜日・祝日・・・午後1時~午後8時(入館時間は午後7時30分まで) ご面会の方は、1階受付窓口で面会簿にご記入の上、面会バッチをつけてください。 病棟に行かれましたら、病棟…
 
Q 横浜市動物愛護センターについて
【住所】横浜市神奈川区菅田町75番4 【電話】471-2111 【FAX】471-2133 【開館時間等】月曜日〜土曜日 8時45分から17時15分(日曜日、祝日及び年末年始を除く) 【交通機関】 (1)JR横浜線 鴨居駅から  横浜市営バス12 系統 西菅田団地行 西菅田団地下車徒歩12 分  横浜市営バス36 系統 西菅田団地経由横浜駅西口行・東神奈川駅西口行 西菅田団地下車徒歩…
 
Q 飼っていた犬が行方不明になったのですが?
できるだけ早く次の機関などに問い合わせてください。 確認できないときは2〜3日に1回は問い合わせてください。 (1)お住まいの区や隣接する区の福祉保健センター生活衛生課 (2)横浜市動物愛護センター(TEL 045−471−2111) (3)最寄りの警察署 (4)横浜市外の行政機関 ・大和市、鎌倉市、逗子市など    神奈川県動物保護センター(TEL 0463−58−34…
 
Q 小児医療費助成の対象者ですが、医療費を支払ってしまったが、払い戻しの手続きについて教えてください。
<申請に必要なもの> ・医療証(発行されている場合) ・お子様の健康保険証 ・印鑑(朱肉を使うもの)(認印で可) ・領収書(患者氏名、保険診療の総点数、診療機関、領収金額、医療機関名のあるもの) ・振込先金融機関の預金通帳 ・申請する診療月分として健康保険組合から支給された高額療養費や附加給付金の金額を確認できる支給通知書等 ・課税(所得)証明書全件用(市外から転入された場合に必要と…
 
Q 小児医療費助成の対象者ですが、住所変更をしますが手続きについて教えて下さい。
<市内>  区内で転居をするときは、小児医療証、健康保険証及び印鑑をもってお住まいの区の区役所保険係へ届け出て下さい。 他の区に転出するときは、転入する区の保険年金課に、小児医療証、健康保険証及び印鑑をもって届け出て下さい。 <市外>  市外に転出するときは、転出する前に小児医療証、健康保険証及び印鑑をもってお住まいの区の区役所保険係へ届け出て下さい。 届け出先は関連ホームペ…
 
Q 子どもの医療費助成について教えてください。
 本市では、小児医療費助成事業において、健康保険に加入しているお子様が、病気やけがで医療機関に受診したときに保険診療の自己負担額を助成します。 【平成27年9月30日までの受診分】  0歳から小学1年までは、通院及び入院、小学2年から中学卒業までは入院について助成します。 【平成27年10月1日から平成29年3月31日までの受診分】  0歳から小学3年生までは、通院及び入院、小学4…
 
Q 子どもが生まれたのですが、医療費助成の手続きについて教えてください。
 お子様のお名前が載った健康保険証と印鑑(朱肉を使うもの)を持って、お住まいの区の区役所保険年金課保険係に小児医療費助成の申請をしてください。   これまでに医療機関の窓口で支払った医療費がある場合は、保険診療の総点数、診療期間、領収金額、医療機関名の明記された領収書・金融機関の預金通帳も一緒にお持ちいただけば、払い戻しの申請もできます。  申請後、お子さんが1歳になられたときには、1歳の誕生…
 
Q 小児医療費助成事業に所得制限はありますか。
 1歳児からの助成には所得制限があります。  市外から転入された場合は、課税(所得)証明書全件用が必要です。  詳しくはお住まいの区の区役所保険年金課保険係にお問い合わせください。  所得制限額、問い合わせ等詳細は関連ホームページを参照して下さい。
 
Q 医療ミスを受けたのだが、どうすればいいか。
治療行為等に過失があったか否かの判断は、裁判(訴訟・調停・仲裁)で行うしかなく、行政で適否の判断はできません。 横浜市内の医療機関に関する相談、苦情は「医療安全相談窓口」(TEL671−3500)で受け付けています。 法的な解決を希望される相談の場合は、弁護士会等の連絡先をご紹介させていただきます。
 
Q 休日に診察を行っている診療所・病院はありますか。
「横浜市救急相談センター」へ電話でお問い合わせてください。その時受診可能な医療機関を24時間年中無休で御案内します。聴覚障害者の方はFAXでお申し込みください。 <連絡先> TEL(局番なし)#7119(携帯電話、PHS、プッシュ回線)または045-232-7119(すべての電話でご利用できます)(FAX 242−3808) なお、横浜市内には各区に休日急患診療所があり日曜・祝日・年末年始…
 
Q B型・C型肝炎ウイルス検査を無料で受けられますか
□肝炎ウイルス検査事業  次の方は、無料でB型及びC型肝炎ウイルス検査を受けることができます。  ■対象   ・市内在住の方で、過去に肝炎ウイルス検査を受けたことがない方  ■検査の申し込み   ・下記の実施医療機関のうち、「肝炎検査」の欄に○がついている    医療機関に直接ご予約の上、検査をしてください。   ・「横浜市の肝炎ウイルス検査を受けたい」とお伝えください。 …
 
Q 夜間に診察を行っている診療所・病院はありますか。
「横浜市救急相談センター」へ電話でお問い合わせてください。その時受診可能な医療機関を24時間年中無休で御案内します。聴覚障害者の方はFAXでお申し込みください。 <連絡先> TEL(局番なし)#7119(携帯電話、PHS、プッシュ回線)または045-232-7119(すべての電話でご利用できます)(FAX 242-3808) その他、夜間急病センターが横浜市内に3カ所開設されています。受診…
 
Q 横浜市肺がん検診はどのように受けられますか。
市内のがん検診実施医療機関で肺がんの検診を行っています。 また、福祉保健センター及び市民病院がん検診センターも肺がんの検診を行っています。 ※市民病院がん検診センターでの受診を希望される方は、関連ホームページを参照してください。 【対  象】市内在住の40歳以上で職場の検診など他に受診機会のない方       ※年度内に対象年齢になる方も含みます。        ※治療中の方は、受診…
 
Q 横浜市子宮がん検診はどのように受けられますか。
市内のがん検診実施医療機関で子宮がんの検診を行っています。 ※市民病院がん検診センターでの受診を希望される方は、関連ホームページを参照してください。 【対  象】市内在住の20歳以上の女性で職場の検診など他に受診機会のない方        ※年度内に対象年齢になる方も含みます。        ※治療中の方は、受診できない場合がありますので、かかりつけ医にご相…
 
Q 横浜市乳がん検診はどのように受けられますか。
市内のがん検診実施医療機関で乳がんの検診を行っています。  ※市民病院がん検診センターでの受診を希望される方は、関連ホームページを参照してください。 【対  象】 市内在住の40歳以上の女性で職場の検診など他に受診機会のない方         ※年度内に対象年齢になる方も含みます。          ※治療中の方は、受診できない場合がありま…
 
Q 横浜市がん検診にはどんな種類がありますか。
胃がん、肺がん、大腸がん、子宮がん、乳がん、前立腺がんの検診を行っています。 ※市民病院がん検診センターでは上記がん検診に加え、その他の部位のがん検診も実施しています。受診を希望される方は、関連ホームページを参照してください。 【対象者】肺がん、大腸がんは、40歳以上の方。 …
 
Q 横浜市大腸がん検診はどのように受けられますか。
市内のがん検診実施医療機関で大腸がんの検診を行っています。 ※市民病院がん検診センターでの受診を希望される方は、関連ホームページを参照してください。 【対  象】市内在住の40歳以上で職場の検診など他に受診機会のない方       ※年度内に対象年齢になる方も含みます。        ※治療中の方は、受診できない場合がありますので、かかりつけ医にご相談ください。 【受診回数】年度…
 
Q エイズの即日検査を受けたいのですが。
(1)即日検査とは何か?    検査当日に結果がわかります。    専用シートに少量の血液をたらし感染を判定します。 (2)申込方法は?    事前電話予約制です。    専用番号【045−664−2525】8:00〜21:00年中無休    ※検査直前の平日(金曜)16時までに予約。(金曜日が祝日の場合はその前日)    検査当日の流れは『1.検査説明 2.採血 3.結果の説明…
 
Q エイズの検査を受けたいのですが。
福祉保健センターなどで、エイズの検査と相談を、無料・匿名で行っています。 検査結果は、医師等からご直接御本人にお知らせします。 検査日、時間などについては、各区福祉保健センターなどに事前にお問合わせください。 (祝日と年末年始はお休みです。) (1)平日昼間 (結果は1週間後)*要予約    18区福祉保健センター     問合わせ先 福祉保健センター福祉保健課健康づくり係   …
 
Q 検便をしてもらえますか?
横浜市では、食中毒等が疑われる場合を除いて検便を実施しておりません。 食中毒等が疑われる場合は、各区の福祉保健センター生活衛生課に御相談ください。 問合せ先は、関連ホームページを参照してください。
 
Q 犬の登録と狂犬病予防注射について教えてください。
狂犬病予防法により、飼い主には犬の登録と毎年1回の狂犬病予防注射が義務付けられています。犬を飼い始めた日(生後90日以内の犬の場合は生後90日を経過した日)から30日以内に登録する必要があります。 (1) 狂犬病予防注射については、最寄りの動物病院で接種してください。  ・注射料金や診察時間等については、各動物病院にお問い合わせください。    (2) 登録については、動物病院で狂…
 
Q 犬の糞放置防止の啓発用プレートが欲しい場合は?
各区福祉保健センター生活衛生課にて無償配付しています。
 
Q 飼い犬が死亡したときの登録抹消の手続きについて教えてください。
犬の登録を抹消する必要がありますので、お住まいの区の福祉保健センターまでご連絡ください。 ・手続きの詳細については、各区福祉保健センター生活衛生課にお問合せください。
 
Q 犬・ねこを飼いたいのですが、どこかで譲ってもらえますか。
横浜市動物愛護センターで譲渡しています。                   詳細はお電話でお問い合わせください。 問合せ先  【横浜市動物愛護センター】 (TEL 045-471-2111) (FAX 045-471-2133)
 
Q 薬と食品または食品の飲みあわせについて知りたいのですが。
以下の機関にて相談受付を行っています。 1神奈川県薬物情報電話サービス  (TEL 210−4969)(薬務課 薬事指導グループ)  受付時間 平日午前9時から11時30分、午後1時から4時 2医薬品医療機器総合機構 医薬品・医療機器相談室  (TEL 03−3506−9457)  受付時間 平日午前9時から午後5時
 
Q 横浜市内に一時預かりができる納骨施設はありますか。
横浜市が管理している納骨施設は、久保山霊堂(西区)の1か所です。 久保山霊堂( 西区元久保町1-1 電話・FAX 045-231-7343 ) 京急黄金町駅 →市営バス32系統→保土ケ谷車庫行「久保山霊堂前」下車すぐ 保土ケ谷駅東口→市営バス32系統→関内駅北口/県庁前行「久保山霊堂前」下車すぐ 久保山霊堂の休館日は、祝日及び年末年始(12月29日〜1月3日)にな…
 
Q 近くの医療機関を教えてほしい。
(1)身近なかかりつけ医をお探しの場合 「横浜市医師会地域医療連携センター」へ電話でお問い合わせください。地域や診療科目などから医療機関の御案内をいたします。ご希望に応じてFAXで医療機関の地図や情報をお送りいたします。また、インターネットによる「かかりつけ医の検索」も行っていますのでご利用ください。 <受付時間>午前9時〜12時/午後1時〜5時 月曜日〜金曜日(土・日・祝日及び年末年始(12…
 
Q 墓地を探しているのですが、市営墓地の募集について教えてほしい。
 横浜市が管理している墓地は、現在6か所あります。  1 久保山墓地     西区元久保町3−24/Tel&Fax:242−3201  2 三ツ沢墓地     神奈川区三ツ沢上町20−6/Tel&Fax:321−5430  3 日野公園墓地     港南区日野中央1−13−1/Tel&Fax:842−0771  4 根岸外国人墓地     中区仲尾台7−1/Tel:622−60…
 
Q 医療機関での診療内容について疑問があるのですが、どうしたらよいですか。
医師の行った診療内容について、その適否の判断をお答えすることは出来ません。直接主治医などに納得行くまでお話しいただくことをお勧めします。医療従事者との対応方法や、横浜市内の医療機関に関するご相談・苦情等は、【健康福祉局健康安全部医療安全課内 「医療安全相談窓口」】(TEL 671−3500)で受け付けております。
 
Q (自身・家族等が)こころの健康問題・病気で悩んでいます。
1 平日昼間について (月から金 午前8時45分から午後5時)【お住まいの区の福祉保健センター高齢・障害支援課 障害者支援担当】にお問い合わせ下さい。  鶴見  (TEL 510−1848)  金沢 (TEL 788−7848)  神奈川 (TEL 411−7115)  港北 (TEL 540−2377)  西   (TEL 320−8450 )  緑 (TEL 930−2434)  …
 
Q スポーツ医科学センターのトレーニング室はどのように使うのですか
休館日を除いて毎日開催されている利用講習会を受講された高校生(15歳)以上の健康な方がご利用いただけます。 講習会の受講については、お電話でお申し込みください。
 
Q クリーニング師の免許申請等については、どうしたらいいですか。
クリーニング師の免許申請等については、お住まいの区の福祉保健センター生活衛生課にお問い合わせください。
 
Q 食品衛生責任者となることができる資格を取得するための講習会について教えてください
食品衛生責任者養成講習会は、横浜市内では「一般社団法人 横浜市食品衛生協会」が実施しています。 一般社団法人 横浜市食品衛生協会へお問い合わせください。  (TEL 045-711-1911)
 
Q 横浜市がん検診は年に何回受けられますか。
大腸がん、肺がん、前立腺がん(PSA検査)は年度内に1回です。 胃がん、子宮がん、乳がんは2年度内に1回です。(前年度受けていない方が対象) 年度とは、4月1日から3月31日までの期間です。
 
Q 横浜市立大学附属病院の住所、交通機関、駐車場などについて教えてください。
所在地:横浜市金沢区福浦3-9 交通機関 シーサイドライン「市大医学部」下車 徒歩1分 駐車場 あり 来院者用駐車場377台(身障者用17台含む) 駐車料金は、3時間までは310円(ただし30分まで無料)、以降1時間ごとに100円加算。精算機は1階防災センター前にあります。 なお、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、愛の手帳(療育手帳)の交付を受けた患者さんは、受診当日の駐車場料金を免除させ…
 
Q 免許申請(または進学、就職活動)のために健康診断書(医師の証明書)がほしいのですが。
診断書発行業務は、平成17年3月までは各区福祉保健センターで行っておりましたが、平成17年4月より廃止いたしました。診断書が必要な方はお近くの医療機関をご利用ください。
 
Q 重度障害者医療費助成の対象者ですが、住所を変更をします。手続きについて教えて下さい。
<市内>  区内で転居をするときは、医療証、健康保険証及び印鑑を持って、お住まいの区の区役所の保険年金課保険係へ届け出てください。 他の区に転出するときは、転入する区の保険年金課保険係に、医療証、健康保険証及び印鑑をもって届け出てください。 <市外>  市外に転出するときは、転出する前に医療証、健康保険証及び印鑑を持って、お住まいの区の区役所保険年金課保険係へ届け出てください。 …
 
Q 埋葬している遺骨を他のお墓に移したい(改葬)のですが、どうしたらいいですか。
改葬の流れ 1.新たに埋・収蔵する墓地などを決めます。 2.現在の墓地がある市町村役場(横浜市の場合は各区役所戸籍課)の担当窓口で「改葬許可申請書」を入手します。 3.現在の墓地などの管理者から「埋蔵証明」を受取ります。   (「埋蔵証明」は「改葬許可申請書」の所定の欄に墓地の管理者が証明をします。墓地管理者が定める様式でも構いません。) 4.改葬許可の申請と改葬許可証の…
 
Q 脳卒中・神経脊椎センターについて教えてください。
 横浜市立脳卒中・神経脊椎センターは、脳卒中・神経疾患と脊椎脊髄・膝関節疾患、リハビリテーションの病院です。  脳卒中を中心とした脳血管疾患やパーキンソン病や筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの神経疾患、学齢期から成人期までの脊柱側弯症を含む脊椎脊髄疾患、高齢者に多い膝関節疾患等に対して、高度で専門的な治療を行っています。  また、入院直後からのリハビリテーションの実施や、患者さんの状態にあわせ…
 
Q 浄化槽の清掃をしたいのですが教えてください。
浄化槽の清掃は、市の許可を受けている浄化槽清掃業許可業者に委託してください。 問合せ先【資源循環局一般廃棄物対策課】 (TEL 045-671-2547)
 
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生

アクセシビリティについて
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.