本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生
 
Q&Aよくある質問集
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "健康・医療・衛生" 【211 件中 61 件から 80 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 飼っていた犬が行方不明になったのですが?
できるだけ早く次の機関などに問い合わせてください。 確認できないときは2〜3日に1回は問い合わせてください。 (1)お住まいの区や隣接する区の福祉保健センター生活衛生課 (2)横浜市動物愛護センター(TEL 045−471−2111) (3)最寄りの警察署 (4)横浜市外の行政機関 ・大和市、鎌倉市、逗子市など    神奈川県動物保護センター(TEL 0463−58−34…
 
Q 精神科病院に入院したときの医療費について、補助や助成制度がありますか。
精神障害者入院医療援護金という制度があり、月1万円の援護金を支給します。 1 対象者は以下の全てを満たす方・横浜市に住民登録があること。  ・精神科病院又は一般病院の併設精神科病棟に「精神保健及び精神障害者福祉の関する法律」に基づき「任意入院」又は「医療保護入院」していること。  ・入院患者及びその患者と同一の世帯に属する世帯全員の申請年度の市民税所得割額が10万4400円以下であること。 2…
 
Q 精神科クリニックにかかっていますが、医療費の助成制度はありますか。
 指定医療機関において、精神疾患の継続的な通院治療を行う場合に、医療費の一部が公費で負担されます。(ただし、所得に応じて月額の自己負担額に上限が設けられます。)   自己負担は原則1割です。(ただし、所得に応じて月額の自己負担額に上限が設けられます。)   なお、一定所得以上の世帯(市町村民税額(所得割)23万5千円以上)に属する方で「重度かつ継続」に該当しない場合には、公費負担の対象外となり…
 
Q 飲食店で食事をしたら下痢をしてしまいました。お店を調査してほしいのですが。
 飲食店等を利用して下痢、嘔吐など食中毒が疑われる症状が現れた場合は、お住まいの区の福祉保健センター生活衛生課にご相談ください。
 
Q ノロウイルスの感染予防はどのようにしたらいいですか。
 ノロウイルスの感染は、ヒトからヒトに感染する場合と、食品を介して感染し食中毒になる場合とがあります。  感染症についてはお住まいの区の福祉保健センター福祉保健課健康づくり係に、食中毒については同じく生活衛生課にご相談ください。  問い合わせ先は、関連ホームページを参照ください。
 
Q (都筑区)介護予防についてどのような教室等があるか教えて欲しい。
介護予防や認知症予防のための講座を都筑区役所や各地域ケアプラザで開催しています。開催時期や会場・内容については都筑区福祉保健センター高齢・障害支援課高齢支援担当(tel948-2306)や各地域ケアプラザにお問い合わせください。 【各会場問い合わせ先】 葛が谷地域ケアプラザ  都筑区葛が谷16−3      tel 943−5951  fax943−5961   東山田地域ケアプラザ  都筑…
 
Q (都筑区)介護を実施している家族の情報交換や悩みを気軽に出し合える場がないか
 在宅の要介護高齢者の家族同志が情報交換できる場として、茶話会や講座などを各地域ケアプラザで、「介護者のつどい」として開催している。 〔開催日時と会場等:問い合わせ先〕  葛が谷地域ケアプラザ  都筑区葛が谷16−3      tel 943−5951  fax943−5961   東山田地域ケアプラザ  都筑区東山田町270      tel 590−3788  fax592−59…
 
Q 療育医療給付を受ける場合、所得制限がありますか。
所得制限はありません。  詳しくはお住まいの区の区役所こども家庭支援課までお問い合わせください。
 
Q 療育医療はどこの医療機関でもうけられますか。
いいえ、決まっております。 医療機関指定療育機関に限ります。 ※国立病院については厚生省が、その他の病院については健康福祉局医療援助課が指定しま  す。また、診療所及び薬局は指定の対象となりません。  詳しくはお住まいの区の区役所こども家庭支援課までお問い合わせください。
 
Q 療育医療には自己負担がありますか。
あります。 児童が退院後、入院治療費(保険診療費の自己負担分)および療養生活に必要な日用品等の費用が確定しましたら、所得に応じた自己負担分を本市発行の納入通知書に基づき支払ってください。  詳しくはお住まいの区の区役所こども家庭支援課までお問い合わせください。
 
Q 結核の治療を受けている子どもの療育医療給付制度について教えて下さい。
 罹患したお子さんが、その治療のため長期間入院が必要と、医師が認めた場合に給付します。通院治療に対しては給付はしておりません。  助成内容は、(1)入院治療費に対する給付(保険診療費の自己負担分)           (2)学習に必要な物品の給付           (3)療養生活に必要な日用品の給付助成 です 1 対象者   横浜市に在住している18歳未満の児童です。 2 申…
 
Q 未熟児で生まれた子どもの養育医療費給付制度について教えて下さい。
出生時体重が2,000グラム以下であるか、または正常児が出生時に有する諸機能を有していない未熟児に対して、医療費の家族負担分を市が負担する未熟児養育医療給付事業があります。 1 対象者 未熟児であること。 指定養育医療機関で入院治療をうけていること。 2 申請方法 <必要書類> ・養育医療給付申請書 ・養育医療意見書(医師記入) ・世帯調書  以上の様式は、区役所こども家…
 
Q 未熟児養育医療給付を受ける場合、自己負担がありますか。
所得に応じた自己負担額はありますが、医療保険加入者であれば本市小児医療費助成事業で助成ができますので、結果として医療機関窓口での自己負担は生じません。 詳しくは、お住まいの区の区役所こども家庭支援課、もしくは区役所保険年金課保険係までお問い合わせ下さい。 本市小児医療費助成事業については関連ホームページを参照して下さい。
 
Q 子どもが生まれたのですが、医療費助成の手続きについて教えてください。
 お子様のお名前が載った健康保険証と印鑑(朱肉を使うもの)を持って、お住まいの区の区役所保険年金課保険係に小児医療費助成の申請をしてください。   これまでに医療機関の窓口で支払った医療費がある場合は、保険診療の総点数、診療期間、領収金額、医療機関名の明記された領収書・金融機関の預金通帳も一緒にお持ちいただけば、払い戻しの申請もできます。  申請後、お子さんが1歳になられたときには、1歳の誕生…
 
Q 育成医療を受けてますが、住所等変更をした際に手続きは必要ですか。
氏名、住所、電話番号、健康保険証を変更した場合には、届出が必要です。 お住まいの区役所こども家庭支援課で手続きして下さい。 問い合わせ等詳細は関連ホームページを参照して下さい。
 
Q 育成医療給付は自己負担がありますか。
あります。所得に応じた自己負担金負担上限月額までは、医療機関の窓口に支払う必要があります。 詳しくは、お住まいの区の区役所こども家庭支援課までお問い合わせください。 詳細は関連ホームページを参照して下さい。
 
Q 小児医療費助成の対象者ですが、有効期限が過ぎた医療証はどうすればよいでしょうか。
 お住まいの区の区役所保険年金課保険係までご返却(郵送も可)ください。
 
Q 子どもの医療費助成について教えてください。
 本市では、小児医療費助成事業において、健康保険に加入しているお子様が、病気やけがで医療機関に受診したときに保険診療の自己負担額を助成します。 【平成27年9月30日までの受診分】  0歳から小学1年までは、通院及び入院、小学2年から中学卒業までは入院について助成します。 【平成27年10月1日から平成29年3月31日までの受診分】  0歳から小学3年生までは、通院及び入院、小学4…
 
Q 小児医療費助成の対象者ですが、医療費を支払ってしまったが、払い戻しの手続きについて教えてください。
<申請に必要なもの> ・医療証(発行されている場合) ・お子様の健康保険証 ・印鑑(朱肉を使うもの)(認印で可) ・領収書(患者氏名、保険診療の総点数、診療機関、領収金額、医療機関名のあるもの) ・振込先金融機関の預金通帳 ・申請する診療月分として健康保険組合から支給された高額療養費や附加給付金の金額を確認できる支給通知書等 ・課税(所得)証明書全件用(市外から転入された場合に必要と…
 
Q 育成医療給付は、どこの医療機関でも受けられますか。
自治体が指定する育成医療指定医療機関に限られます。(更生医療指定医療機関に準じています。) 交付された受給者証に記載されている指定医療機関(院外薬局も含む)以外では、育成医療は受けられません。 ◆病院・診療所は、育成医療の申請にあたって意見書を作成した医療機関のみとなります。 ◆薬局・訪問看護ステーションは、指定医が意見書で院外処方や訪問看護が必要と認めている場合のみ、申請時に1か所…
 
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.