本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生
 
Q&Aよくある質問集
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "健康・医療・衛生" 【217 件中 41 件から 60 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 救急時に市民病院にかかることはできますか
 救急診療科医師が常時待機し、24時間365日の救急医療体制をとっております。可能な限り迅速かつ適切な治療を受けていただけるように心がけていますが、時間帯によって大変混み合うことがあります。受診を希望される際は、事前に連絡の上ご来院いただきますよう、お願いいたします。 救急外来における診療受付:平日夜間・休日(当院の各専門外来診療時間以外) ※平日日中は、原則として救急車による搬送患者のみ…
 
Q 犬・猫のマイクロチップ装着費用の補助制度について教えてください
横浜市民が飼養する飼い猫及び飼い犬のマイクロチップ装着施術1件につき1,500円(上限)を補助します。 補助の対象は、4月1日以降に登録動物病院で施術をし、AIPO(動物ID普及推進会議)への登録を済ませたものとなります。(なお、犬の場合、狂犬病予防法に基づく登録及び令和2年度の狂犬病予防注射が済んでいることも条件となります。) …
 
Q 子どもが生まれたのですが、医療費助成の手続きについて教えてください。
 お子様のお名前が載った健康保険証と印鑑(朱肉を使うもの)を持って、お住まいの区の区役所保険年金課保険係に小児医療費助成の申請をしてください。   これまでに医療機関の窓口で支払った医療費がある場合は、保険診療の総点数、診療期間、領収金額、医療機関名の明記された領収書・金融機関の預金通帳も一緒にお持ちいただけば、払い戻しの申請もできます。  申請後、お子さんが1歳になられたときには、1歳の誕生…
 
Q 飲食店で食事をしたら下痢をしてしまいました。お店を調査してほしいのですが。
 飲食店等を利用して下痢、嘔吐など食中毒が疑われる症状が現れた場合は、お住まいの区の福祉保健センター生活衛生課にご相談ください。
 
Q 市民病院で健康診断を受けられますか
市民病院では、一般健康診断は行っておりません。
 
Q 横浜市立大学附属病院に受診の際に、必要なものは何ですか。また初診の際に特に注意することはありますか。
紹介状(保険医療機関発行のもの)、保険証、その他医療証(お持ちの方)、診察券(再診の方)が必要です。 本院は、他の病院や診療所からの紹介状(保険医療機関発行のもの)をお持ちいただくことを原則としています。 なお、紹介制以外の診療科は紹介状のない場合も受診できますが、診療費の他に初診料非紹介患者加算として選定療養費(5,400円)をいただくこととなります。これは、本院と地域医療機関が相互…
 
Q ひとり親家庭等医療費助成の対象の子供は何歳まで助成が受けられますか。
18歳になった日以後最初の3月31日までです。 ※その児童が中程度以上の障害を有する場合、高等学校等に在学中の場合は20歳未満です。   詳しくはお住まいの区の区役所保険年金課保険係にお問い合わせください。 問い合わせ先は関連ホームページを参照して下さい。
 
Q 市民病院で診断書を依頼するにはどうすればよいですか。診断書の料金と作成にかかる期間も教えてください。
1 申込方法 (1) 現在入院中の患者さんに関わる診断書及び死亡診断書   「診断書等申込書」に必要事項をご記入の上、1階総合案内「文書受付」にてお申し込みください。    受付時間は8時30分から17時00分までです。    なお、入院中に転科された方は、診療科ごとにお申し込みが必要となります。    また、退院後は、書類窓口にてお申し込みください。 (2) 上記(1)以外の…
 
Q 外を歩いている時に、マスクを外してはいけないのか
人と2m以上(十分な距離)離れている場合は、マスクを外して熱中症になるのを防いでください。 <熱中症予防に関すること>  健康福祉局保健事業課 671-2451
 
Q 横浜市がん検診は年に何回受けられますか。
大腸がん、肺がん、前立腺がん(PSA検査)は年度内に1回です。 胃がん、子宮がん、乳がんは2年度内に1回です。(前年度受けていない方が対象) 年度とは、4月1日から3月31日までの期間です。
 
Q 市民病院に入院しました。医療費の支払いに困っています。分割払い等はできますか。
 医療費の支払いについてお困りの場合には、入院中から患者総合サポートセンターの医療ソーシャルワーカーが相談に応じていますのでお申し出ください。各種の補助制度の紹介や手続きについての案内等を行っております。   また、一度に入院費の全額を支払うことが困難な場合には、お支払方法のご相談を受けることもできますので、1階総合案内「支払相談窓口」にてご相談ください。医事課の事務スタッフが対応いたします。 …
 
Q 肝炎の治療への医療費助成を受けたいのですが
□肝炎治療医療費助成制度  B型・C型肝炎の治療について、申請書が受理された日の属する月の初日から  治療予定期間に応じて医療費の助成が受けられます。  ■対象  ・市内にお住まいの方  ・C型ウイルス性肝炎の根治を目的とするインターフェロン治療(少量長期投与を除く)  及びインターフェロンフリー治療並びにB型ウイルス性肝炎に対して行われるインターフェ  ロン治療及び核酸アナログ…
 
Q 近所に迷惑な犬や猫の飼い方をしている人がいる、虐待している人がいるので指導して欲しい
区福祉保健センター生活衛生課がお話を伺うので区福祉保健センター生活衛生課に相談してください。
 
Q 重度障害者医療費助成の対象者ですが、住所を変更をします。手続きについて教えて下さい。
<市内>  区内で転居をするときは、医療証、健康保険証及び印鑑を持って、お住まいの区の区役所の保険年金課保険係へ届け出てください。 他の区に転出するときは、転入する区の保険年金課保険係に、医療証、健康保険証及び印鑑をもって届け出てください。 <市外>  市外に転出するときは、転出する前に医療証、健康保険証及び印鑑を持って、お住まいの区の区役所保険年金課保険係へ届け出てください。 …
 
Q 夜間に診察を行っている診療所・病院はありますか。
「横浜市救急相談センター」へ電話でお問い合わせてください。その時受診可能な医療機関を24時間年中無休で御案内します。聴覚障害者の方はFAXでお申し込みください。 <連絡先> TEL(局番なし)#7119(携帯電話、PHS、プッシュ回線)または045-232-7119(すべての電話でご利用できます)(FAX 242-3808) その他、夜間急病センターが横浜市内に3カ所開設されています。受診…
 
Q 横浜市立大学附属病院の診療受付は何時からですか。
【診療時間】午前9時〜午後4時 【診療受付時間】初診 午前8時30分〜午前10時30分 再診 <予約あり>指定時間(診療予約票の記載時間) <予約なし>午前8時〜午前11時 休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)問合せ先 【横浜市立大学附属病院代表電話】(TEL 787−2800)
 
Q ひとり親家庭等医療費助成事業に所得制限はありますか。
所得制限があります。 ひとり親家庭の父、母、養育者およびその配偶者、扶養義務者などの前々年の所得が所得制限限度額以上ある場合は、助成を受けることができません。 詳しくはお住まいの区の区役所保険年金課保険係にお問い合わせください。 所得制限額、問い合わせ等詳細は関連ホームページを参照して下さい。
 
Q 市民病院は紹介状がなくても受診できますか。
当院は原則として初診紹介制となっていますので、必ず、他の医療機関からの紹介状をお持ちください。 紹介状がない場合でも受診できますが、長くお待ちいただくことがあります。ただし、整形外科は完全紹介制です。紹介状をお持ちでない方は、医学的に緊急診療が必要と判断される場合を除き、受診できません。また、診療科によっては事前予約が必要な診療科もございます。 初診時に他の保険医療機関等からの紹介状がなく…
 
Q 保険証が手元にないのですが、受診できますか(市民病院)
 保険証がお手元にない場合、受診はできますが、診療費は全額自費(10割負担)となります。  受診した月の末日までに、当院1階総合案内「会計窓口」へ保険証をお持ちいただければ、保険適用額分を返金いたします。受診した月の末日を過ぎた場合は、当院からの返金は行いません。加入している健康保険組合等にご相談ください。
 
Q 横浜市浴場協同組合作成の銭湯マップに掲載されている銭湯が廃業となっていた
銭湯マップは横浜市浴場協同組合で作成しているものになります。 詳細については、組合にお問い合わせください。 連絡先:045-231-3341
 
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.