本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 水道・下水道
 
Q&Aよくある質問集
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "水道・下水道" 【68 件中 61 件から 68 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 開発行為等に関する排水についての事前相談をしたいのですが。
1 都市計画法に基づく開発行為又は宅地造成等規制法の対象かどうかを建築局宅地審査課で確認してください。   2 開発行為等に関する下水道施設等の事前相談窓口は、次のとおりです。 (1)開発区域の面積が1000平方メートル以上については、環境創造局管路保全課です。 (2)開発区域の面積が500平方メートル以上から1000平方メートル未満については、各区の土木事務所です。 3 開発区域内…
 
Q なぜ、ペットボトル水をつくったのか
横浜市の独自水源である道志川の源流、道志の森は、きれいで豊かな水を130年以上にわたり、横浜市民に送り続けています。この貴重な森を未来に引き継ぐため、これからも守り育てていくことなどをPRするためにつくりました。なお、詳細につきましては公民連携推進課へお問い合わせ下さい。(TEL 045−633−0157) (FAX 045−663-2815)
 
Q 公共下水道台帳の閲覧および取得はどこでできますか。
公共下水道台帳の閲覧および取得方法は次の通りです。 (1)横浜市ホームページの行政地図情報提供システム(愛称:だいちゃんマップ) (2)横浜市環境創造局管路保全課(JR関内駅前の関内中央ビル7階)    システムの閲覧は無料です。コピーの取得は(A3版)30円/枚となっています。 (3)各行政区にあります土木事務所で担当区分の台帳が閲覧できます。  なお、埋設管の状況につきましては、…
 
Q どのような料金の支払方法がありますか
口座振替、クレジットカード払い、納入通知書支払いがあります。※お問い合わせ先は、関連ホームページを参照してください。
 
Q ほとんど利用していないのに水道料金が高いのですが
 現在の2か月分の水道料金は0m3〜16m3までの場合、基本料金の3,066円(消費税、下水道使用料含む)がかかり、それ以上ご使用の場合、使用水量に応じて計算しています。ですから、全く使用していなくても基本料金として3,066円かかることになります。  下水道使用料の詳細については、環境創造局ホームページ又は環境創造局経理課経営担当045−671−2826にお問い合わせください。 ※お…
 
Q 水道の平均使用量はどのくらいですか
 1人1日あたりの平均使用水量は222リットルです。検針期間を2か月62日とすると、1人2か月で、およそ14m3になります。(平成26年度実績)  この数値はあくまでも平均値です。各ご家庭の家族構成や使い方によって変わります。
 
Q 下水道使用料はどのように決まりますか。
 下水道使用料は、公共下水道に流される汚水の排出量に応じて、下記の下水道使用料単価表に基づいて算出します。汚水排出量が1か月当り8立方メートルまでは630円、以降、1立方メートルごとに加算される仕組みで、加算される単価が水量に応じて段階的に高くなる逓増制となります。  汚水の排出量は、水道をご利用の場合は水道局の検針による水道使用水量が汚水の排出量となります。また、井戸水などの地下水や雨水をご利…
 
Q 下水の無料点検チラシが業者から来ましたが、点検を受けなければいけないのですか。
 宅地内の排水設備は個人の管理となりますので、点検・清掃のために、横浜市が業者を派遣することはありません。無料点検の勧誘などがあっても、必要がなければハッキリとお断りください。  市の事業のための調査などで、職員や市の請負業者がお宅を訪問する場合は、必ず身分証明書を提示しますので、御確認ください。  不審な点がありましたら、環境創造局管路保全課または住所地の土木事務所にお問い合わせください。 …
 
Q&Aよくある質問集 > 水道・下水道

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.