本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 福祉
 
Q&Aよくある質問集
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "福祉" 【385 件中 201 件から 300 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 横浜市の介護保険以外のサービスはありますか
 横浜市では、介護保険サービスとは別に、援護の必要な高齢者の在宅生活を支援するサービスを提供しています。また、介護保険サービスの給付対象とならない方にも、自立生活の支援を目的としたサービスを提供しています。  詳しくは、各区役所高齢・障害支援課またはお近くの地域ケアプラザ等の地域包括支援センターにご相談ください。 1 在宅の要援護高齢者に対する支援を目的としたサービス  在宅での援護の必…
 
Q 訪問看護ステーションを開設したいのですが、助成制度はありますか。
訪問看護ステーションの開設時の助成を行っていましたが、平成16年度をもって廃止となっています。
 
Q 寝具丸洗い・乾燥事業とは何か
 寝具の衛生管理が困難な、ねたきりの高齢者や障害者の方、ひとり暮らしの高齢者の方を対象に、使用している寝具の丸洗い乾燥事業を横浜市独自事業として実施しておりましたが、平成25年度をもって事業終了いたしました。
 
Q 敬老祝金の対象年齢のはずなのに、もらっていないが。
 敬老祝金贈呈事業は、平成18年度をもちまして終了いたしました。    現在は、敬老月間である9月に満100歳以上の方に対して祝品、祝状の贈呈などを実施いたしております。  詳細は各区役所の高齢・障害支援課、敬老月間担当にお問い合わせください。  
 
Q 高額介護サービス費の申請手続きについて教えてください
 通常、高額介護サービス費の対象となるサービスを利用した3か月後(例えば、対象月が4月なら7月)の上旬に申請のお知らせをお送りしますので、それを持参してお住まいの区の区役所保険年金課保険係で申請手続をしてください(平成18年9月以降、最初に申請すれば、以降は自動的に払い戻しができるようになりました)。 ※申請のお知らせが届かない場合は、区役所保険年金課保険係にお問い合わせください。  …
 
Q 他の都道府県や市区町村で発行された敬老特別乗車証(敬老パス)で、市営バスに無料で乗れますか
 他の都道府県等で発行された敬老特別乗車証(敬老パス)には、それぞれ利用範囲が設定されており、横浜市内では御利用いただけません。  横浜市発行の敬老特別乗車証のみ御利用いただけます。  なお、詳細については発行元の自治体にお問い合わせください。
 
Q 深夜バスは、敬老特別乗車証(敬老パス)で乗れますか
 通常バス路線の深夜バスは深夜割増分の差額をお支払いいただきます。  しかし、最終電車発車後にその路線の代替輸送の目的等で運行されるような「深夜急行バス」については御利用いただけませんので御注意ください。各路線の詳細につきましては、該当のバス事業者までお問い合わせいただきますようお願いいたします。
 
Q 【障害者総合支援法】認定調査とは具体的にどんな調査をするのですか。
障害支援区分認定調査(以下「認定調査」という。) は、市町村職員又は市町村から委託を受けた指定一般相談支援事業者の相談員等であって、都道府県が行う障害支援区分認定調査員研修を修了した者 (以下「認定調査員」という。) が実施します。認定調査員は、以下の調査票①、②、④を用い、調査対象者本人、支援者などから聞き取りを行い、認定調査を実施します。 調査票は、①基本調査票、②特記事項、③医師意見書、④…
 
Q 【障害者総合支援法】障害支援区分の認定はどのように行うのですか。
全国統一基準の認定調査(基本調査)と医師意見書の一部項目に基づくコンピュータによる一次判定、その一次判定結果、認定調査票(特記事項)及び医師意見書に基づき、障害者等の保健又は福祉に関する学識経験を有する者のうちから、市町村長によって任命される委員によって構成される市町村に設置される審査会において、障害支援区分を審査判定(二次判定)し、その審査判定結果に基づき、市町村において障害支援区分を認定します…
 
Q 【障害者総合支援法】障害支援区分認定審査会の委員はどのような人がなるのですか。
障害者等(障害者若しくは障害児)の保健又は福祉に関する学識経験を有する者のうちから、市長が任命します。
 
Q デイサービスやデイケアの食費が高くなるので、弁当を持参したいが、構わないか。
 弁当を持参することは差し支えありません。 また、「ご飯」だけ自宅から持参し、「おかず」は事業所の提供するものを受けることも可能です。その際、あらかじめ契約で定めておくことにより、通常の食費とは別価格とすることも可能です。(平成17年9月7日全国介護保険指定基準・監査担当者会議)
 
Q 夫婦で特別養護老人ホームの二人部屋に入れるのか。その場合部屋代はどうなるのか。
 横浜市内の特別養護老人ホームの入所の判定は、「横浜市特別養護老人ホーム入所指針」に基づき、行われています。その指針においては、申込みをされた方、一人ひとりのお体の状態などに応じて、入所の必要性を個々に判定し、必要度の高い方から順番に入所していただくことになっています。 ご夫婦でも、お二人をご一緒に判断することはしておりません。 なお、もし仮に二人部屋にご夫婦で入所できた場合は、部屋代は多床室の料…
 
Q 過去の高額介護サービス費の支給は受けられますか。
 サービスをご利用になった月の翌月1日から2年以内(※1)(※2)、又は勧奨通知が届いた翌日から2年以内(※2)であれば、区役所保険年金課で手続きができます。  介護保険被保険者証、印鑑、申請書、振込先を確認できるもの等をお持ちになって、お住まいの区の区役所保険年金課にお越しください。 ※1 サービス利用料の自己負担分の支払日がサービスをご利用になった月の翌月1日以降の場合は、支払日の翌日…
 
Q 精神障害者生活支援センターについて知りたい。
【生活支援センターA型】 開館時間:各事業所ごとに設定。詳細はお問い合わせください。 ・神奈川区生活支援センター(休館日:毎週月曜日)  TEL 322-2907 FAX 322-2908 ・栄区生活支援センター(休館日:毎週月曜日) TEL 896-0479 FAX 896-0478 ・港南区生活支援センター(休館日:毎週水曜日) TEL 842…
 
Q 敬老パス発行に伴うシーサイドライン定期券の交付対象者は
 敬老特別乗車証をお持ちで、シーサイドライン沿線地区にお住まいの方に、シーサイドライン定期券を交付しております。 【対象となる町】  金沢区:昭和町、鳥浜町、富岡東1~4丁目、並木1~3丁目、幸浦1・2丁目、長浜、長浜2丁目、福浦     1~3丁目、柴町、海の公園、西柴2・4丁目、金沢町、寺前1・2丁目、泥亀1・2丁目、町屋町、     平潟町、洲崎町、瀬戸、乙舳町、野島町、六浦1~4丁…
 
Q 「福祉タクシー利用券」と「敬老パス」は併用できるのか
 併用できません。どちらか一方の選択制となっております。  福祉タクシー利用券の交付を受けている方で、敬老パスの交付を希望される方は、敬老パスをお申込みいただいたうえで、福祉タクシー利用券の残りをお住まいの区役所の高齢・障害支援課またはこども家庭障害支援課へ御返還ください。  また、福祉タクシー利用券の交付を受けられている方へも、敬老パスの御案内を送付しておりますが、引き続き福祉タクシー利用券…
 
Q 「福祉特別乗車券」を持っているが「敬老パス」の手続きは必要か
 「福祉特別乗車券」をお持ちの方も、70歳になられたら「敬老パス」に切り替えとなります。敬老パスを御希望の場合は、区役所からの御案内により申請手続きをしていただく必要があります。
 
Q 敬老パスの納付書(引換券)をなくしてしまった
 お住まいの区役所で再発行をいたしますので、御本人の確認ができるものを御持参のうえ、区役所高齢・障害支援課へお越しください。御本人が区役所へお越しいただくのが難しい場合は、お住まいの区役所高齢・障害支援課へお問合せください
 
Q 敬老パスの利用(乗車)方法は
横浜市内の乗合バス  乗車時に乗務員に御提示ください。  横浜市外の停留所から乗車し、横浜市内で降車される場合には、降車停留所を御乗車の際に乗務員へお伝えください。 市営地下鉄  有人改札口で係員に御提示ください。 金沢シーサイドライン  有人駅の新杉田・並木中央・金沢八景では敬老パスを改札口で御提示いただき、往復の乗車券をお受け取りください。  他の無人駅では、改札横に…
 
Q どのような場合に敬老パスの負担金が無料になるのか
【敬老パスの負担金が無料となる方】 1 身体障害者手帳の等級が1〜4級 2 愛の手帳等級がA1〜B2(または知能指数が75以下) 3 精神障害者保健福祉手帳を持っている 4 被爆者健康手帳、戦傷病者手帳を持っている 5 児童扶養手当を受給している 6 横浜市の母子生活支援施設に入所している 7 横浜市の介護保険料について低所得者減免を受けている 8 世帯全員が非課税で老齢福祉年…
 
Q 敬老パスの自分の負担金額がよくわからないのだが
 申請後に送付される納付書に負担金額が記載されますので、そちらで御確認ください。金額の御確認をしていただいたうえで交付を希望されない場合は、届いた納付書を破棄していただければ結構です。
 
Q 今度70歳になるが、敬老パスはいつから使えるのか
 誕生日の前日から御使用いただけます。なお、敬老パスの交付には御本人からの申請が必要となります。
 
Q 敬老パスの負担金を支払うための納付書(又は引換券)の裏面の申請書に必要事項を記入しなかったのだが
 敬老パスに引き換えた後の記載及び修正はできません。  裏面に申請のない方には、8月上旬に10月1日から有効となるパスの申請書を送付いたしますので、交付を希望される場合は、そちらの申請書をご提出ください。  ※なお、裏面に申請のあった方には、9月上旬に納付書(無料の方は引換券)を送付いたします。   8月上旬に申請書は送付いたしませんので、そのままお待ちください。 
 
Q 敬老パス発行に伴うシーサイドライン定期券の入手方法は
 対象となる方に対して、有効期間終了の約2週間前に、「シーサイド定期券引換券」(はがき)を送付しますので、9月の時は10月1日から有効の新しい敬老パスを、3月の時は有効期間内の敬老パスをお持ちの上、交付期間内(9月下旬~10月末、及び、3月下旬~4月末)に、お住まいの区の区役所高齢・障害支援課または、金沢シーサイドラインの有人駅(新杉田駅、並木中央駅、金沢八景駅)にて、お引き換えください。新杉田駅…
 
Q 横浜市と他の市町村との境や市外で敬老パスは利用できるのか
 横浜市営バスは運行系統の全区間で使用できます。民営バスについては市内の停留所で乗車又は降車していただければ、原則として市外に通じる路線についても、御利用いただけます。  各路線の詳細につきましては、該当のバス事業者までお問い合わせいただきますようお願いいたします。
 
Q 長寿のしおりをなくしてしまった(内容が古い)のですが、新しいのをもらえますか。
 長寿のしおりの優待は平成21年3月31日を持って終了しました。  引き続き【濱ともカード】でご利用ができます。一部利用施設やサービス内容が変更となっております。  詳しくは、【区役所高齢障害支援課】へお問い合せください。
 
Q 介護保険の事業者を紹介して欲しい。
 介護サービスを提供する事業者及び施設などの情報は、各区高齢・障害(又は高齢)支援課窓口で区内通所施設、入所施設の位置を示した地図情報や各サービスごとの事業者一覧(事業所名、法人名、住所、電話、FAX番号)などの情報提供を行っています。  また、神奈川県、県下市町村、(社)かながわ福祉サービス振興会が共同開発したインターネット情報提供システム「かながわ福祉情報コミュニティ」では、個々の事業者情報…
 
Q 敬老パスがいらなくなった場合、どこに返却すればいいのか。
 お住まいの区役所に御返却ください。  有効期間の開始日前に横浜市外へ転出された場合やお亡くなりになった場合などは、負担金を返還できる場合がございますので、お住まいの区役所高齢・障害支援課へお問い合せください。なお、有効期限開始後の返金はできません。
 
Q 敬老パスを拾ったが、どうしたらよいか
 お手数をおかけしますが、最寄りの区役所か交番へお届けください。
 
Q 高齢者の自宅へ食事を届けるサービスはないか。
 横浜市では、ひとり暮らしの中重度要介護者の方などで、食事の用意が困難な方に、栄養バランスのとれた食事を直接訪問してお渡しし、あわせて安否確認を行う、食事サービス事業を行っています。  なお、サービスを受けるためには、お住まいの区の【区福祉保健センター高齢・障害支援課】に申込書を提出する必要があります。 (1)対象者  ひとり暮らしの中重度要介護者(要介護2以上又は要支援・要介護1の一部…
 
Q 敬老パスの発行を郵送でできないか
 郵送での敬老パスのお渡しはできません。  負担金をお支払いいただく必要があること、敬老パスが金券であることなどから、市内郵便局での交付とさせていただいております。
 
Q 訪問理美容サービスの事業者として働きたい(理美容師からの問い合わせ)
 本サービス(事業)は、委託事業として実施しています。  「横浜市生活衛生協議会」に委託契約しており、本サービス(事業)の理容師・美容師として活動を希望する場合、同協議会が開催する研修を受講する必要があります。  協議会についての詳しいご質問等は、直接、横浜市生活衛生協議会にお問い合わせ下さい。 (TEL・FAX 222−0688)
 
Q 高齢者を対象とした理美容サービスについて知りたい
 横浜市では、理容所・美容所へ出かけることが困難な在宅の高齢者に対して、理容師・美容師がご自宅を訪問して頭髪のカットなどを提供する「訪問理美容サービス」を実施しています。  内容は次のとおりです。サービスを受けるには、申込が必要です。 [事業内容] (1)対 象 者 :次の[1]〜[3]の全てを満たす在宅の高齢者   [1]おおむね65歳以上    [2]要介護4又は5に認定されてい…
 
Q 長寿のしおりは何に使うのですか?
 長寿のしおりは、横浜市内にお住まいの満65歳以上の方にお渡ししています。  みなさんお一人お一人が、日常生活の中で健康づくりを行い、生きがいのある充実した生活を送るための参考にしていただくとともに、みなさん方にご利用いただける福祉・保健・医療の制度などをご案内しています。  また、長寿のしおりを提示することで、入場料が無料や割引になる施設があります。  長寿のしおりの優待は平成21年3…
 
Q 高齢者が今の住居の家主から立退き要求(取り壊し・建て替えなど)を受けたが、どうしたらいいか。
 横浜市では、民間賃貸住宅にお住まいで、建て替え、取り壊し、家主の自己使用による立退き要求を受け、住宅確保に困窮する高齢者のみの世帯に対し、住み替えにより必要となる家賃の差額等を助成しています。(ただし、転居前後の住宅については条件があります。)  (1)対象者 [1]から[7]の各号に該当する者    [1] 満65歳以上のひとり暮らし又は高齢者のみ(満65歳以上と満60歳以上の方)    …
 
Q 敬老パス発行に伴うシーサイドライン定期券の有効期間は
 定期券の有効期間は、4月1日〜9月30日、及び10月1日〜3月31日の半年間です。
 
Q 敬老パスの負担金は、いつ払うのか
 敬老パスの申請書を御提出いただいた後、負担金額を記載した納入通知書をお渡しいたします。そちらを横浜市内の郵便局にお持ちいただき、負担金をお支払いください。その場(郵便局)で敬老パスをお渡しします。  郵便局の取扱時間は、午前9時から午後4時までです。(土日祝日を除く。)  なお、下記郵便局ではお取り扱いできません。  神奈川郵便局(神奈川区)  椿ヶ丘簡易郵便局(金沢区)  横浜市…
 
Q 横浜市外から転入するが、どうやって敬老パスを手に入れられるのか。
 横浜市外からの転入手続き後、1・2ヶ月後に区役所から敬老パスの御案内を送付いたします。交付を御希望の場合は、同封の申請書に必要事項を御記入いただき、必要となる書類と併せて御返送ください。後日、納付書を送付いたします。  ただし、利用期間が短くなってしまう場合がありますので、早く利用したい場合には、住民登録の際に、御本人の確認ができるもの(健康保険証、免許証等)と転入前の市区町村で発行される課税…
 
Q 敬老パス負担金額によって、パスの色が違うのか
 負担金額によって色などの違いはありませんが、男女及び年度で色分けをしております。
 
Q 浴場の入浴にかかる優待割引について教えてください。
市内にお住まいの65歳以上の方を対象に、「高齢者優待入浴券」を配布しています。優待券は、毎月1回好きな時に150円で浴場を利用出来ます。「高齢者優待入浴券」の配布日については、利用している各浴場へお問い合わせください。
 
Q 敬老パスの対象者は
 市内にお住まいで70歳以上の希望する方です。  今まで「福祉特別乗車券」をお持ちだった方も70歳になられたら「敬老パス」に切り替えになります。区役所からの案内により申請手続きをしてください。 「福祉タクシー利用券」をお持ちの方は、敬老パスとの選択制になります。
 
Q 横浜市福祉のまちづくり条例施設整備マニュアルはどこで販売していますか。また、いくらですか。
建築物編のみ、横浜市役所1階市民情報センターで1部1,080円(税込み)で販売しています。 その他の施設(道路、公園、公共交通機関の施設等)については、横浜市ホームページよりダウンロードしてご利用ください。
 
Q 今度70歳になるが、敬老パスはどうすればもらえるか
 対象者の方には、70歳になられるおよそ2か月前に区役所から御案内を発送いたします。同封の申請書に必要事項を御記入の上、御返送ください。後日、「納付書」をお送りしますので、そちらを横浜市内の郵便局にお持ち頂き、負担金をお支払い頂きますと、その場(郵便局)で敬老パスを交付いたします。また、負担金額のない方には「引換券」をお送りしますので、そちらを横浜市内の郵便局かお住まいの区役所へお持ちください。そ…
 
Q 郵便局へ敬老パスの受け取りに行く時には本人が行かなくても大丈夫ですか
 代理の方でもお受け取りいただけます。御本人及び代理の方の本人確認書類(健康保険証、免許証など)を郵便窓口に御持参ください。なお、「納付書」又は「引換券」の名前の記載欄は、本人の署名でない場合には、押印が必要になりますので御注意ください。
 
Q 要介護者を介護している家族への慰労金(在宅重度要介護者家庭援護金)はあるのか
※平成26年度をもって廃止となっています。
 
Q 敬老パスで利用できる交通機関は
1 横浜市内の乗合バス 横浜市営、川崎市営(注)、江ノ電バス、小田急バス、神奈川中央交通、フジエクスプレス、 川崎鶴見臨港バス、京浜急行バス、相鉄バス、大新東、東急バス、、横浜交通開発 (注)川崎市営バスは「たまプラーザ駅~向ヶ丘遊園駅」の東急バスと共同運行している区間で御利用いただけます。  ※横浜市営バスは全線で御利用いただけます。  ※横浜市営バス「ぶらり観光SAN路線」は御利用い…
 
Q 高齢者への虐待等に気付いたらどうしたよいか。
【在宅における高齢者虐待の防止】 高齢者や養護者が住み慣れた地域で安心して生活できるよう、高齢者に対する虐待の防止や虐待の早期発見・対応、養護者に向けた介護負担軽減等の支援、市民に向けた高齢者虐待防止の啓発を行います。 お住まいの区福祉保健センター又は、お近くの地域包括支援センター(地域ケアプラザ)に御相談ください。 相談者、通報者に関する情報は保護されますので、安心して御相談ください。 …
 
Q 生活が非常に苦しいが、敬老パスの負担金は無料または減免にならないのか。
 介護保険料の低所得者減免を受けている方は無料となります。また、世帯員全員が市民税非課税の方は年間での負担額が3,200円です。 無料となる方は次のとおりです。 1 身体障害者手帳の等級が1〜4級 2 愛の手帳等級がA1〜B2(または知能指数が75以下) 3 精神障害者保健福祉手帳を持っている 4 被爆者健康手帳、戦傷病者手帳を持っている 5 児童扶養手当を受給している 6 横浜市の…
 
Q 敬老パスは通勤でも使えるのか。
 お使いいただけます。使用目的での制限はございません。
 
Q 敬老パスの負担金とは
 10月1日〜翌年9月30日までの1年間を有効期間とし、敬老パス交付の際に所得に応じた負担金をいただいております。 有効期間の途中でのお申し込みの場合でも負担額に変更はございませんが、有効期間の途中で70歳になられた方や横浜市外から転入された方は、月割りの負担額をお支払いいただいております。  負担区分は次のとおりです。   (1)無料  身体障害者手帳の等級が1〜4級         …
 
Q 高齢者や障害者が緊急時、簡単に外部に連絡できる手段がほしい。
あんしん電話貸与事業  ひとり暮らし高齢者や障害者に対し、緊急通報装置を設置し、緊急時に即応できる連絡網を整備しています。  1対象者 (1)おおむね65歳以上のひとり暮らし高齢者等で、緊急時の連絡網が必要と認められる方 (2)1・2級の身体障害者手帳を持っている方で、ひとり暮らし又はそれに準ずる18歳以上の方  2設置品目   緊急通報装置  3利用料   利用者の方の属する世帯…
 
Q 認知症高齢者グループホーム(認知症対応型共同生活介護)について知りたい
(1)認知症高齢者グループホーム(認知症対応型共同生活介護)とは  認知症高齢者が家庭的な雰囲気の中、住み慣れた地域で共同生活(5〜9人)を送りながら、日常生活の介護を受けます。居室、居間、食堂、浴室などを備え、利用者が能力に応じて日常生活を送ることによって、認知症の症状の進行を緩和することをめざします。 (2)対象者  認知症の状態にあり、かつ要支援2から要介護5に認定されている方で、共同…
 
Q 昨年度の敬老パスの更新でいらないと申し出たが、今年は希望したい。案内は来るのか。
 不要の申し出があった方には、更新の際のご案内は送付しておりません。  利用をご希望の場合は、お住まいの区役所高齢・障害支援課へお問合せください。 
 
Q 敬老パスを紛失したが、どうしたらよいか
(1)紛失の場合  再交付は有効期間内で1回のみ承っておりますので、御本人の確認ができるもの(健康保険証、免許証等)を御持参のうえ、お住まいの区役所高齢・障害支援課にお越しください。区役所窓口にて即日発行いたします。なお、代理人の方がお越しになる場合は代理人の方の本人確認書類と対象者の本人確認書類及び印鑑(認印)を御持参ください。ただし、敬老パスは金券であるため、まずはよくお探しいただいてからお…
 
Q 敬老パスについて、今はいらないが、後でも申請はできるか。
 御申請いただけます。ただし、数ヶ月遅れて発行した場合でも、負担金額が減額になることはありません。交付を御希望でしたら、なるべくお早目に御申請下さい。
 
Q 外国人は敬老パスをもらえますか。
 横浜市に居住されていることが条件となりますが、外国人の方へも交付しております。  お住まいの区の高齢障害支援課で申請をお願いします。
 
Q 引っ越しをするが(死亡したが)、敬老パスはどうしたらよいか
 お住まいの区役所に御返却ください。  有効期間の開始日前に横浜市外へ転出された場合(やお亡くなりになった場合)などは、負担金を返還できる場合がございますので、お住まいの区役所高齢・障害支援課へお問い合せください。(有効期間開始後の返金はできません。)
 
Q 指定された期日までに申込まないと、敬老パスを受け取れないのか
 期日を過ぎてもお申し込みはできますが、乗車証の有効期限は申請日にかかわらず翌年9月30日までとなっておりますので、御利用いただける期間が短くなってしまいます。  期日を過ぎてからお申し込みをいただいた場合も、それに伴う負担金額の減額はございません。
 
Q 敬老パスの交付を受けたいのだがどうすればいいのか。
 御本人の確認ができるもの(健康保険証、免許証等)を御持参のうえ、お住まいの区役所高齢・障害支援課にお越しください。なお、代理人の方がお越しになる場合は代理人の方の本人確認書類と対象者の本人確認書類及び印鑑(認印)を御持参ください。区役所窓口で申請書に御記入いただき、納付書(無料の方は引換券)をお渡しします(個人情報が含まれるため、代理人からの申請の場合は、その場で納付書・引換券を発行できません。…
 
Q 敬老パスの案内状に載っている、合計所得金額とは何か。
 前年の収入金額から必要経費等に相当する額を控除した金額で、譲渡所得の特別控除や株式等の損失にかかる繰越控除を行う前の金額から土地や建物売却に係る短期・長期譲渡所得の特別控除額を差し引いた金額をいいます。  例)  年金収入のみの方であれば、「年金収入額」−「公的年金控除」      給与収入のみの方であれば、「給与収入額」−「給与所得控除」      事業収入のみの方であれば、「事業収…
 
Q 敬老パスの申請書を無くしたので、また送って欲しい。
 再度お送りしますので、お住まいの区役所高齢・障害支援課へお問い合せください。
 
Q 敬老パスの制度の趣旨は
 高齢者の方が気軽に外出し、地域社会との交流を深め、豊かで、充実した生きがいのある生活が送れることを目的としています。趣味などの楽しみ、友人との交流、ボランティア活動など、様々なことに敬老パスを活用し、活動の幅を広げていただければと考えております。
 
Q 身体障害者福祉法15条に規定される指定医(15条指定医)について
(1)医療機関・医師の方へ ・身体障害者福祉法第15条に定める指定医の指定を受けるには、【横浜市障害者更生相談所】にお問い合わせ下さい。 【横浜市障害者更生相談所】TEL473-0666(代表)FAX473-0809 (2)市民の方へ ・お近くの身体障害者福祉法第15条の指定医については、【お住まいの区の福祉保健センター 高齢・障害支援課またはこども家庭障害支援課 障害者支援担当】にお…
 
Q 「住宅改修が必要である理由書」を作成するのは、ケアマネジャーでないとだめですか。
 住宅改修費は、市町村が必要であると認める場合に支給することとされているため、ケアマネジャー又は市町村が行う住宅改修指導事業に関わる福祉・保健・建築の専門家(市町村職員を含む)が記載した「住宅改修が必要である理由書」を必ず添付します。   横浜市では、当該理由書の作成者をケアマネジャー又は、各区高齢・障害支援課のケースワーカー・保健師に限定しています。 ケアマネジャーがいない場合には、【お住まい…
 
Q 障害者を雇用する場合、どんな助成制度がありますか。
障害者を雇用する事業主の方への相談や各種助成制度は、各公共職業安定所(ハローワーク)及び高齢・障害・求職者雇用支援機構 神奈川支部 高齢・障害者業務課にお問い合わせください。 「各公共職業安定所(ハローワーク)」  月曜日〜金曜日 午前8時30分〜午後5時15分  [窓口] 関連ホームページを参照してください。 「高齢・障害・求職者雇用支援機構 神奈川支部 高齢・障害者業務課…
 
Q 障害のある人の福祉施設にはどのようなものがありますか。
(1)障害者福祉施設  身体や知的に障害のある方が、入所や通所により、日常生活などの自立に必要な訓練を受けたり、職業訓練や福祉的な就労の場の提供を受けたりします。また日常生活の援助を受ける施設もあります。障害の種類や状態、ご本人の希望により、利用可能な施設が変わりますので、お住まいの区の福祉保健センター高齢・障害支援課 障害者支援担当(各区役所内にあります)にご相談ください。 (2)障害児…
 
Q 療育手帳(愛の手帳)を取得するには、どうしたら良いですか。
(1)申請手続 ・ご本人がお住まいの区の区役所高齢・障害支援課またはこども家庭支援課でご相談ください。ご家族の方もご相談できます。 ・1年以内に撮影した顔写真(たて4センチ、よこ3センチ、サングラス・ポラロイド写真は不可)が1枚必要となります。 (2)問合せ先 ・申請や交付について 【区役所高齢・障害支援課またはこども家庭支援課】
 
Q 住宅改修のサービス(工事)を提供(実施)したいのですが。
 介護保険の他のサービス(訪問介護、通所介護等)については、都道府県や市町村から指定を受けた事業者(指定居宅サービス事業者)でないとサービスの提供はできません。  ただし、住宅改修については、指定事業所はありません。このため、どの事業者でもサービス提供(工事)をすることはできます。   なお、住宅改修は対象となる工事が定められています。この対象範囲以外の工事の場合には、住宅改修費は支給されず、…
 
Q 障害者手帳を持っています。就職したいのですが。
(1)公共職業安定所(ハローワーク) 障害者の就職に関する相談や紹介を行っており、障害のある方が相談できる「みどりのコーナー」または「専門援助部門」が設置されています。なお、手話協力員も配置されていますので、配置日・配置時間は各公共職業安定所にお問い合わせください。 「みどりのコーナー」または「専門援助部門」の開庁時間]  月曜日〜金曜日 午前8時30分〜午後5時15分  ※受付時間は各公…
 
Q 住宅改修受領委任払いの事業所の登録をしたい
 事業所の登録をするには、横浜市の実施する研修会に参加し、必要書類を提出していただく必要があります。   研修会を受講し、必要書類の提出をされた事業者については、受領委任払い取扱事業者の一覧を名簿に掲載され、その名簿は区役所において市民案内用として利用しています。   【受領委任払い制度の概要】  介護保険の住宅改修は、原則として、利用者がかかった費用の全額をいったん自己負担し、後に区役…
 
Q ひとり暮らしの高齢者への電話貸与について知りたい。
 平成14年10月より、福祉電話設置事業を開始していましたが、安価な工事費で回線の貸与を受けられるようになり、また、NTTアナログ回線以外でも安価な電話回線があることから、平成19年4月に新規貸与を廃止いたしました。  なお、既存の利用者については、転居等の異動が生じるまでの間経過措置として現行制度を利用できます。  
 
Q 障害者の職業訓練について教えてください。
障害者のための職業訓練機関があります。 「神奈川障害者職業能力開発校」  相模原市南区桜台13-1     (TEL 042−744−1243) (FAX 042−740−1497) [対象者]身体障害者、知的障害者、精神障害者  [期  間]6か月~2年  [内  容]CAD技術、グラフィックデザイン、ITチャレンジ、ビジネス実務、サービス実務、総合実務  [授業料]無料(…
 
Q 新しく福祉用具を開発したので、介護保険の福祉用具として登録したいのですが。
 介護保険の福祉用具(福祉用具貸与(レンタル)・福祉用具購入)に、登録制度は ありません。  介護保険の福祉用具(福祉用具貸与(レンタル)・福祉用具購入)として対象と なる福祉用具は、介護保険法や告示等に示されています。そのため、介護保険法や 告示等にあてはまるものが対象となります。 1.福祉用具貸与(レンタル)   心身の機能が低下し日常生活に支障のある要介護者等は、  介護保…
 
Q 後見的支援を要する障害者支援条例について教えてください
 「横浜市後見的支援を要する障害者支援条例」は2002年7月1日に施行されました。  なお、詳細については、【健康福祉局 障害福祉保健部 障害施策推進課 相談支援推進係】(TEL 045-671-3604)までお問い合わせ下さい。 (参考) (1) 条例の基本的な考え方  1人では日常生活を営むことが困難な障害者で、特に親等がいない方や、親等が養護を行うことができない方に対して講ずべき…
 
Q 介護者の健康上の相談などに応じてもらえるところはありますか。
 区役所福祉保健センター高齢・障害支援課高齢者支援担当や、地域ケアプラザ(地域包括支援センター)などで相談に応じます。区役所の保健師などが、ご希望に応じてご家庭を訪問し、健康管理などのアドバイスをいたします。直接区役所や各施設にご相談ください。
 
Q よこはま地域包括ケア計画(第7期横浜市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画)を入手したい。
市庁舎1階の「市民情報センター」で「1冊620円」で販売しています。なお、市民情報センターでは郵送による対応も行っております(実費がかかります)。     【市民情報センター】 (TEL 045-671-3600)
 
Q 介護保険事業所の指定を受けたいが手続きを知りたい
 介護保険サービスを提供しようとする場合は、サービスを行う事業所ごとに横浜市長の指定又は開設許可(介護老人保健施設)を受ける必要があります。手続きをするための問合せ先は次のとおりとなります。また、横浜市のホームページにも手続きの流れが掲載されています。 居宅サービスに関すること 【健康福祉局介護事業指導課】 (TEL 045-671-3413) 地域密着型サービスに関すること 【…
 
Q 100歳になるが、お祝いしてもらえますか
年度内に100歳以上になられる方に対して、敬老月間である9月に祝品、祝状の贈呈などを実施いたしております。 詳細は各区役所の高齢・障害支援課、敬老月間担当にお問い合わせください。
 
Q 敬老の日に行われる催し物などについて教えて欲しい
例年、次のような行事を実施しています。  施設の優待利用  [1]施設の無料開放 *対象者  市内在住の65歳以上の方(身分証等を持参) *実施日 敬老の日前後 *実施施設  金沢動物園、よこはま動物園ズーラシア、そごう美術館、帆船日本丸・横浜みなと博 物館、ランドマークタワー(展望フロア)、日本郵船氷川丸、日本郵船歴史博物館、 横浜人形の家、マリンタワー(展望フロア) [2]…
 
Q 高齢者を対象としたIT講習会はありますか。
横浜市では、高齢者を対象としたIT講習は行っておりません。
 
Q 介護保険で利用できる施設サービスにはどのようなものがありますか。
介護保険で利用できる施設サービスには次のようなものがあります。(要支援の方は利用できません。) 1.特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)入浴、排せつ、食事の介護等、日常生活上の世話、機能訓練、健康管理および療養上の世話を行う施設です。 2.介護老人保健施設利用者が自立した日常生活を営むことができるよう、日常生活動作のリハビリ等を行いながら、在宅生活の復帰をめざす施設です。  在宅生活の復帰…
 
Q 介護保険の利用限度を超えてサービスを利用したいが可能ですか。
1.介護保険の利用限度を超えてサービスを利用することは可能ですが、  利用限度を超えて利用した場合には、超えた部分は全額自己負担となります。 2.利用限度を超えて利用する必要がある場合には、担当のケアマネジャーに  ご相談ください。 3.介護保険サービスの利用限度については、  横浜市介護保険パンフレット「横浜市の介護保険総合パンフレット「ハートページ」」 (または、関連ホーム…
 
Q 介護保険サービスを利用した際の利用料の負担について教えてください。
1.利用者負担  介護保険サービスを利用したときは、かかった費用の1割(一定以上の所得がある場合は、2割または3割)を自己負担します。また、介護保険施設等を利用した場合の食費や部屋代、日常生活費などは全額自己負担となります。 ※施設サービス等を利用する際、所得に応じて自己負担が軽減される制度が設けられています(関連ホームページ1を参照してください)。 2.利用料の負担軽減  1か月の1…
 
Q 交通事故にあったあとに介護保険を利用するときは、どのような手続きが必要ですか。
1.交通事故や傷害事件等、第三者(加害者)から傷害を受けたことが原因で介護保険のサービスを利用した場合は、「第三者の行為に係る届出書」や警察の交通事故証明書等の提出が必要です。医療分とは別に届出が必要ですので、お住まいの区の区役所保険年金課保険係にご相談ください(関連ホームページをご覧ください)。 2.被害者の方は、区役所へ届出書を提出された後、通常通り介護保険サービスを利用することがで…
 
Q 介護保険サービスの高額介護サービス費の払戻しに関する制度と手続きはどのようなものですか
1.高額介護サービス費の払い戻し制度について  介護保険のサービスを利用した時の1か月の利用料(かかった費用の1割(一定以上の所得がある場合は2割または3割)の自己負担分)が一定の上限額を超えたときは、その超えた額の一部が申請により高額介護サービス費として払い戻されます。   ただし、要介護度ごとに1か月間に使える介護サービスの利用限度額がありますので、その限度額の範囲内で自己負担した…
 
Q 要介護認定の結果が出る前に介護保険のサービスを利用したいのですが。
 要介護認定を申請した被保険者は、認定前であってもサービスを受けることができます。 要介護認定は、原則として申請日から30日以内に決定されますが、要介護認定の効力は申請日に遡りますので、申請時点から介護サービスの利用が可能になります。 認定結果が通知されるまでの間は、暫定的な被保険者証(介護保険資格者証)が交付されますので、利用者はこの資格者証を提示してサービスを利用することになります。 ただし、…
 
Q 横浜市介護サービス自己負担助成制度とはどのようなものですか。
 要介護(要支援)認定を受けており、収入要件等が一定の基準に該当する場合、在宅サービスやグループホームを利用する際の利用者負担、グループホームの家賃・食費・光熱水費及び特別養護老人ホーム等のユニット型個室の居住費について、利用者負担の一部を助成します。  対象者の要件、対象となるサービス、助成内容、利用手続きの概要は、関連ホームページ1を参照してください。 <問合せ先> お住まいの区…
 
Q 介護保険サービスの利用料の負担軽減や助成制度について教えてください。
1.横浜市介護サービス自己負担助成   収入要件などが一定の基準に該当する場合、介護保険サービスの利用料などが一部軽減されます。詳細は関連ホームページ1を参照してください。 <問合せ先>  お住まいの区の区役所保険年金課保険係 2.社会福祉法人による利用者負担軽減   横浜市に、軽減を実施することを届け出た社会福祉法人が提供する介護保険サービスを利用した場合、利用料が軽減されます…
 
Q 介護保険のサービスを利用するにあたって居宅介護支援事業者を選ぶにはどうしたらよいですか。
 区役所高齢・障害支援課の窓口や地域ケアプラザ等(地域包括支援センター)で、事業者の名簿を備えており、相談にも応じています。また、かながわ福祉サービス振興会が運営するインターネットホームページ「かながわ福祉情報コミュニティ」でも、福祉関連の最新事業者情報等を提供しています。(関連ホームページ1をご覧下さい)   利用者の意向をふまえてケアプラン(居宅サービス計画)を作成したり、個々のサービス事業…
 
Q 介護保険で利用できる在宅サービスにはどのようなものがありますか。
1.訪問介護   ホームヘルパーが利用者の自宅を訪問し、身体介護や生活援助を行います。 2.訪問入浴介護   看護職員や介護職員が家庭を訪問し、居室内に浴槽を運び込み、入浴サービスを  行います。 3.訪問看護   主治医の指示に基づき、看護師等が自宅を定期訪問し、健康チェックや療養の世話、  助言などを行います。 4.訪問リハビリテーション   在宅で療養できるよう…
 
Q 医療費控除の対象となる介護保険サービスについて
 1年間で一定額を超す医療費(本人と生計を同じくする家族・親族の医療費の合計額)を支払った場合、確定申告により、所得税及び住民税(市民税・県民税)の医療費控除として所得から差し引くことができます。介護保険サービスのうち、医療に関連する一部のサービスについては、医療費控除の対象として認められるものがあります。 1.医療費控除の対象となる介護保険サービス (1)医療系のサービス    訪問看…
 
Q 障害者が航空機に乗る際、運賃が割引になる制度はあるか。
航空会社によっては、国内航空運賃の割引があります。知的障害者の方は区福祉保健センターで手帳に割引対象者である旨の証明を受けてください。 (1)対象者 第1種障害者:障害者本人及び本人と同乗する介護者1名 第2種障害者:障害者本人及び本人と同乗する介護者1名(航空会社によっては障害者本人のみ) 精神障害者:障害者本人及び本人と同乗する介護者1名(航空会社によっては適用なし) ※第1種、…
 
Q 市営住宅の高齢者優遇措置について知りたい
○特認B組 住宅に困窮している高齢者世帯のため、市営住宅公募の際に一般申込者より当選率を優遇しています。 なお、「高齢者世帯」とは、申込者が60歳以上の方で「次の1〜4のいずれかに該当する同居親族」だけからなる世帯をいいます。 1 配偶者の方 2 60歳以上の方 3 18歳未満の方 4 身体障害者、知的障害者及び精神障害者の方
 
Q 視覚障害者のための社会参加訓練事業について
 【盲人社会・家庭等生活訓練】  視覚障害者の家庭生活に必要な訓練及び社会生活に必要な知識を習得するための教室等を実施しています。     詳細については横浜市障害者社会参加推進センターにお問合せください。        (TEL 045−475−2060)        (FAX 045−475−2064)
 
Q 使用済み切手やカード等を寄付したい
国際団体等が集めており、さまざまなことに活用されています。
 
Q ボランティアをどのように始めたらいいか、講習を受けてみたい。
ボランティア入門講座や、ボランティア活動を行うときに必要な知識と技術を身につける講座(障害理解、障害児者のサポート、手話等)を、各区社会福祉協議会で行っています。
 
Q 有料道路の通行料金が割引される制度を利用したい。
割引対象に該当し、事前に割引登録した場合には、高速道路で、通行料金が割引されます。(割引率は最大50%) ・割引対象  (1)障害者ご本人が運転する場合     身体障害者手帳の交付を受けているすべての方が対象です。     (本人又は親族等(※)が所有する乗用自動車等で割引登録が可能です)  (2)障害者ご本人以外の方が運転し、障害者ご本人が同乗する場合     身体障害者手帳又…
 
Q 自宅での入浴が困難なのですが、入浴サービスを受けられますか
  家庭での入浴が困難な重度障害者の方を対象者に訪問入浴サービス及び施設入浴サービスを行っています。  [対象者] 家庭での入浴が困難な64歳以下の在宅の重度障害者       ※介護保険対象者は介護保険優先  [費用]  訪問入浴の場合 1回1、250円       (生活保護世帯及び生計中心者が市民税非課税世帯は無料)        施設入浴の場合 1回1、290円       (生活保護世帯…
 
Q 地域包括支援センターはどのような活動をしていますか。
 地域包括支援センターは、横浜市から委託を受けた公的な相談窓口です。  地域の身近な相談窓口として、在宅の要援護高齢者等の総合的な相談(介護保険を含む)に応じるとともに、各種サービスに関する情報提供、サービスの利用に関する調整、公的福祉保健サービスの利用申請手続の受付・代行等を行っています。 横浜市では、地域ケアプラザと一部の特別養護老人ホームがその役割を担っています。  なお、地域包括…
 
Q 横浜市社会福祉センターはどのような施設ですか。
<所在地> 中区桜木町1丁目1番地 横浜市健康福祉総合センター4~5階、8~10階 <最寄駅> JR/市営地下鉄「桜木町」駅 徒歩2分 <開館時間> 月~金曜日:午前9時~午後9時 土・日・祝日:午前9時~午後5時 <事業内容> ①ホール、会議室等の貸出し 有料:ホール、会議室、軽運動室(一般の方にも貸し出しています) 無料:ボランティアセンター諸室、相談室、憩い…
 
Q&Aよくある質問集 > 福祉

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.