本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 福祉
 
Q&Aよくある質問集
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "福祉" 【385 件中 301 件から 385 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 敬老パスの納付書(引換券)をなくしてしまった
 お住まいの区役所で再発行をいたしますので、御本人の確認ができるものを御持参のうえ、区役所高齢・障害支援課へお越しください。御本人が区役所へお越しいただくのが難しい場合は、お住まいの区役所高齢・障害支援課へお問合せください
 
Q 【精神通院医療】年間収入金額のわかるものは、どのような場合に必要か?
市民税非課税世帯に属し、利用者本人(18歳未満の場合は保護者)の年間収入が80万円以下の場合に必要です。
 
Q 障害の程度に変化があった場合の手続を教えてください。
(1)申請手続 ・ご本人がお住まいの区の区役所高齢・障害支援課またはこども家庭障害支援課で手続してください。ご家族の方も手続をすることができます。 ・6か月以内に撮影した顔写真(たて4センチ、よこ3センチ、サングラス・ポラロイド写真は不可)が1枚必要となります。 ・指定医師が作成した身体障害者診断書・意見書が必要となります。(診断書・意見書の用紙は区役所高齢・障害支援課またはこども家庭障害支…
 
Q 高齢者が今の住居の家主から立退き要求(取り壊し・建て替えなど)を受けたが、どうしたらいいか。
 横浜市では、民間賃貸住宅にお住まいで、建て替え、取り壊し、家主の自己使用による立退き要求を受け、住宅確保に困窮する高齢者のみの世帯に対し、住み替えにより必要となる家賃の差額等を助成しています。(ただし、転居前後の住宅については条件があります。)  (1)対象者 [1]から[7]の各号に該当する者    [1] 満65歳以上のひとり暮らし又は高齢者のみ(満65歳以上と満60歳以上の方)    …
 
Q 敬老パスの発行を郵送でできないか
 郵送での敬老パスのお渡しはできません。  負担金をお支払いいただく必要があること、敬老パスが金券であることなどから、市内郵便局での交付とさせていただいております。
 
Q 敬老パスで未就学児を連れてバス乗車した場合、小児運賃は不要か
敬老パスで未就学児を連れてバス乗車した場合、各バス事業者によって小児運賃が無料となる人数の条件や取扱いが異なります。詳細につきましては、該当のバス事業者までお問合せいただきますようお願いいたします。
 
Q 障害者のためのパソコン講習会について
障害者のためのパソコン講習会を開催しています。 ・開催場所 障害者スポーツ文化センター横浜ラポール 3階パソコンルーム  ・対象者  障害者とその家族及びボランティア(15歳以上(中学生を除く)で市内在住・在勤者)  ・講習内容 パソコンの基本操作、インターネットの利用及び電子メールの送受信等 障害区分別に開催しています。 募集案内を[広報よこはま」に掲載しますのでご覧下さ…
 
Q 外国人は福祉特別乗車券(福祉パス)をもらえるか。
横浜市に住所を有していること、障害者手帳の所持などの要件を満たせば、交付できます。詳しくは、お住まいの区福祉保健センターへお問い合せください。
 
Q 中途失聴・難聴者のための社会適応訓練について知りたい。
病気や事故のために失聴・難聴になった方の自立更生を促進するため、読話や手話の学習をはじめ、各種コミュニケーションの方法の習得の訓練などを実施しています。 詳細については、横浜市障害者社会参加推進センターにお問合せください。 (TEL 045−475−2060) (FAX 045−475−2064)
 
Q 「横浜いのちの電話」に電話をしましたが話し中でつながりません。
社会福祉法人横浜いのちの電話では、ボランティアによる24時間の相談事業を行っ ており、本市は、この事業を支援しています。   「横浜いのちの電話」の相談体制は、夜間も含め、常時複数名の相談員を確保しておりますが、相談内容によっては1件が長時間にわたるため、特に深夜は電話がつながり難くなることがあるようです。ご理解をお願いいたします。
 
Q 災害時におけるの聴覚障害者への情報提供は。
○災害時における避難勧告や指示等をファクシミリ通信網を利用して自宅のファックスへ配信します。配信を希望する場合は登録申請が必要です。 [対象者] 原則として1級から3級の身体障害者手帳の交付を受けている聴覚障害者で自宅にファックスがあるかた [登録先]住所地の区役所の福祉保健センター
 
Q ヘルプマークをもらう基準はありますか?
身体機能等に特に基準を設けてはいません。
 
Q 「福祉タクシー利用券」と「敬老パス」は併用できるのか
 併用できません。どちらか一方の選択制となっております。  福祉タクシー利用券の交付を受けている方で、敬老パスの交付を希望される方は、敬老パスをお申込みいただいたうえで、福祉タクシー利用券の残りをお住まいの区役所の高齢・障害支援課またはこども家庭障害支援課へ御返還ください。  また、福祉タクシー利用券の交付を受けられている方へも、敬老パスの御案内を送付しておりますが、引き続き福祉タクシー利用券…
 
Q 施設入所はしていないが、ショートステイの利用でも負担限度額認定は受けられるのか。
「特別養護老人ホーム、介護老人福祉施設、介護療養型医療施設、介護医療院」におけるショートステイは、認定証がお使いいただけます。 上記の施設以外は基本的に対象外ですが、有料老人ホームも「短期入所生活介護または介護予防短期入所生活介護のサービスを利用する場合」のみ対象となります。
 
Q 身体障害者がけがや急病等で緊急を要する場合の通報システムは。
○けがや急病など緊急を要する場合に、ペンダント型発信器を押すことで近隣の協力者や消防局へ通報できる電話を設置します。 (対象者)  1級、2級の身体障害者手帳を持っているかたで、ひとり暮らし又はそれに準ずるかた (費用)設置料・基本使用料は世帯の課税状況に応じて利用者負担があります。 (ダイヤル通話料は利用者負担です。) (窓口)住所地の区役所の福祉保健センター
 
Q 腎不全者のための料理教室について知りたい。
効率の良い透析治療に必要な日常生活での水分、塩分など摂取の自己管理や、いかにおいしくその材料を調理するかを学びます。 詳細については、横浜市障害者社会参加推進センターにお問合せください。 (TEL 045−475−2060) (TEL 045−475ー2064)
 
Q 福祉の仕事がしたいのですが。
福祉関係の求人情報など、就職に関するご相談は、神奈川県社会福祉協議会のかながわ福祉人材センター(TEL 312−4816)にお問い合わせ下さい。
 
Q 現在敬老パスを持っていないが、次の10月から使える敬老パスを受け取りたい。どのように申し込めばいいか教えてほしい。
【10月1日から翌年7月31日まで】 お電話でお申込みの場合、8月1日以降にお住まいの区の高齢・障害支援課に御連絡ください。申請書を郵送いたします。 区役所高齢・障害支援課へ来庁される場合は、8月1日以降に本人確認書類をお持ちのうえ御来庁ください。(代理人の方がお越しになる場合は代理人の方の本人確認書類と対象者の本人確認書類、対象者の印鑑を御持参ください。) 申請書を御提出いただいた場合…
 
Q ジュニアボランティアに参加したいのですが。
 5月頃に、民生委員児童委員や主任児童委員が、区内市立小学校にジュニアボランティア募集を依頼し、各学校でのとりまとめを、お願いしています。詳しくは担任の先生等におたずねください。 【福祉保健課福祉保健係 TEL 954−6101】
 
Q 敬老パスの自分の負担金額がよくわからないのだが
 申請後に送付される納付書に負担金額が記載されますので、そちらで御確認ください。金額の御確認をしていただいたうえで交付を希望されない場合は、届いた納付書を破棄していただければ結構です。
 
Q メンタル面でお悩みの方へ(青葉区)
「ほっとサロンあおば」  メンタル面でお悩みの方、生活相談や居場所(ふれあいスペース)として ご利用できます。 【ご注意ください!】 青葉区生活支援センター ほっとサロンあおばでは、現在モデル事業を実施しています。平成31年度中に運営時間、ふれあいスペースの時間などが変更(延長)になる予定です。詳しくは直接お問い合わせください。 ●運営時間 9:30~19:30 (月曜休館) …
 
Q 濱ともカードの使える協賛店一覧のパンフレットはどこで配っているか
区役所、行政サービスコーナーで配っています。
 
Q 昨年度の敬老パスの更新でいらないと申し出たが、今年は希望したい。案内は来るのか。
 不要の申し出があった方には、更新の際のご案内は送付しておりません。  利用をご希望の場合は、お住まいの区役所高齢・障害支援課へお問合せください。 
 
Q 介護保険の利用限度を超えてサービスを利用したいが可能ですか。
1.介護保険の利用限度を超えてサービスを利用することは可能ですが、  利用限度を超えて利用した場合には、超えた部分は全額自己負担となります。 2.利用限度を超えて利用する必要がある場合には、担当のケアマネジャーに  ご相談ください。 3.介護保険サービスの利用限度については、  横浜市介護保険パンフレット「横浜市の介護保険総合パンフレット「ハートページ」」 (または、関連ホーム…
 
Q 【精神通院医療】診断書を医療機関で書いてもらうのに、意見書料はかかるのか?
医療機関(指定医療機関として指定を受けている医療機関)にご確認ください。
 
Q 地域ケアプラザの住所・電話番号・運営主体を知りたいのですが。
関連ホームページの地域ケアプラザ一覧の中で、住所・電話番号・運営主体について記載しています。
 
Q 住宅改修のサービス(工事)を提供(実施)したいのですが。
 介護保険の他のサービス(訪問介護、通所介護等)については、都道府県や市町村から指定を受けた事業者(指定居宅サービス事業者)でないとサービスの提供はできません。  ただし、住宅改修については、指定事業所はありません。このため、どの事業者でもサービス提供(工事)をすることはできます。   なお、住宅改修は対象となる工事が定められています。この対象範囲以外の工事の場合には、住宅改修費は支給されず、…
 
Q 指定された期日までに申込まないと、敬老パスを受け取れないのか
 期日を過ぎてもお申し込みはできますが、乗車証の有効期限は申請日にかかわらず翌年9月30日までとなっておりますので、御利用いただける期間が短くなってしまいます。  期日を過ぎてからお申し込みをいただいた場合も、それに伴う負担金額の減額はございません。
 
Q シーサイドライン定期券の引き換えハガキの発送日はいつか
令和2年3月18日から順次、金沢区民でシーサイド定期券交付該当地区にお住いの方に発送します。
 
Q ユニバーサルデザイン(UD)タクシーとは、なんですか。
広い開口部にスライドステップを備え、車いすのまま乗車できるなど、障害者や高齢者に配慮された誰もが使いやすい一般タクシー車両で、一般タクシー料金で利用が出来ます。 *予約・詳細は、導入事業者に直接お問い合せください。
 
Q 敬老パスについて、今はいらないが、後でも申請はできるか。
 御申請いただけます。ただし、数ヶ月遅れて発行した場合でも、負担金額が減額になることはありません。交付を御希望でしたら、なるべくお早目に御申請下さい。
 
Q 視覚障害者のための社会参加訓練事業について
 【盲人社会・家庭等生活訓練】  視覚障害者の家庭生活に必要な訓練及び社会生活に必要な知識を習得するための教室等を実施しています。     詳細については横浜市障害者社会参加推進センターにお問合せください。        (TEL 045−475−2060)        (FAX 045−475−2064)
 
Q 【精神通院医療】「世帯の特例」がよくわからない。
社会保険の方は、「特例」に該当することはありえません。 国民健康保険の場合は、同じ国保に加入している全員の所得で判定されますが、「世帯」全員では課税であっても、利用者本人と配偶者が非課税で、かつ、課税の方が利用者及び配偶者を税法上の扶養にとっていない(控除対象の「扶養家族」としていない)場合には、別の世帯として取り扱うことができるというものです。 該当されると思われる場合は、申請書裏面の「世帯…
 
Q 再認定通知書がきましたが、どのようにするのか手続を教えてください。
(1)対象者 ・障害程度に変化が予想される方で手帳交付時に再認定を受けていただくよう言われた方が対象です。 (2)申請手続 ・ご本人がお住まいの区の区役所高齢・障害支援課またはこども家庭障害支援課で手続してください。ご家族の方も手続をすることができます。 ・6か月以内に撮影した顔写真(たて4センチ、よこ3センチ、サングラス・ポラロイド写真は不可)が1枚必要となります。 ・指定医師が作…
 
Q 障害のある人が働く店について教えてください。
障害者の就労の場を確保し、障害者福祉に対する市民の理解を深めるため、「ふれあいショップ」を公共施設内に設置しています。 「ふれあいショップ事業」  【スタッフ】店長、障害者店員、サポート店員  【業  種】喫茶店、売店  【運営主体】社会福祉法人等(独立採算制) *障害者店員及びサポート店員の募集については、各店舗にお問い合わせください。 *各店舗の所在地、連絡先等については、…
 
Q 敬老パスの制度の趣旨は
 高齢者の方が気軽に外出し、地域社会との交流を深め、豊かで、充実した生きがいのある生活が送れることを目的としています。趣味などの楽しみ、友人との交流、ボランティア活動など、様々なことに敬老パスを活用し、活動の幅を広げていただければと考えております。
 
Q どのような場合に特別徴収となるのですか
 特別徴収の対象となる方は、年額18万円以上の老齢年金・退職年金・障害年金・遺族年金をその年度の4月に受給している方で、年金受給のために届け出ている住所が横浜市内の方です。 また、4月2日以降に市内に転入してきた方や65歳に年齢到達した方などは、「特別徴収」となるのは翌年度以降となりますので、ご理解ください。  特別徴収の対象となる年金は、老齢基礎年金と、老齢基礎年金ができる前の老齢基礎年金相当…
 
Q 新しいシーサイドライン定期券が届いたが、旧定期券は、破棄してよいのか
令和2年3月末までご使用いただき、4月以降に裁断し破棄してください。
 
Q 介護保険で利用できる施設サービスにはどのようなものがありますか。
介護保険で利用できる施設サービスには次のようなものがあります。(要支援の方は利用できません。) 1.特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)入浴、排せつ、食事の介護等、日常生活上の世話、機能訓練、健康管理および療養上の世話を行う施設です。 2.介護老人保健施設利用者が自立した日常生活を営むことができるよう、日常生活動作のリハビリ等を行いながら、在宅生活の復帰をめざす施設です。  在宅生活の復帰…
 
Q 障害者が鉄道に乗る際、割引を受けられる制度はありますか。
JR東日本、私鉄、市営地下鉄及び金沢シーサイドラインを利用する際に、本人及びその介護者について、運賃の割引が受けられます。 ※介護者に対しては、障害者割引の対象となる障害者ご本人と同伴して同一区間をご乗車される場合に限り、割引運賃が適用されます。 介護者の方が、単独でご乗車される場合(送迎など含む)は、割引運賃は適用されません。 問合せ先 各鉄道会社の各駅窓口 【詳細は下記の関連…
 
Q どうして施設入所やショートステイを利用した場合の食費と部屋代は全額自己負担なのか。
 在宅サービスの利用者など、在宅で暮らしている方の場合には、食費や部屋代が全額自己負担となっていることから、利用者負担の公平性を図ること等を目的として、平成17年10月から介護保険給付の対象外とされました。  しかし、市民税非課税世帯の方など低所得者の方については、負担限度額認定制度において、食費や部屋代の一部を介護保険給付の対象とし、一定の軽減措置を取ることで対応しておりますので御理解ください…
 
Q 【精神通院医療】 自立支援医療の申請をしたいのですが。
下記の事務処理センターが郵送申請先です。 郵送申請の他、各区役所の高齢障害支援課でも受け付けいたします。 関連ホームページの「申請方法について」をご確認ください。 インターネット環境のない方は精神通院医療・手帳事務処理センターへお問い合わせください。 <郵送申請先・問い合わせ先> 231-0005 横浜市中区本町6-50-10 横浜市健康福祉局精神通院医療・手帳事務処理センター…
 
Q 介護者の健康上の相談などに応じてもらえるところはありますか。
 区役所福祉保健センター高齢・障害支援課高齢者支援担当や、地域ケアプラザ(地域包括支援センター)などで相談に応じます。区役所の保健師などが、ご希望に応じてご家庭を訪問し、健康管理などのアドバイスをいたします。直接区役所や各施設にご相談ください。
 
Q 郵便局へ敬老パスの受け取りに行く時には本人が行かなくても大丈夫ですか
 代理の方でもお受け取りいただけます。御本人及び代理の方の本人確認書類(健康保険証、免許証など)を郵便窓口に御持参ください。なお、「納付書」又は「引換券」の名前の記載欄は、本人の署名でない場合には、押印が必要になりますので御注意ください。
 
Q 濱ともカードの裏面に氏名等を必ず記載しなくてはいけないか
濱ともカードの利用対象者は65歳以上の横浜市民のため必ず記載していただくようお願いします。
 
Q 民間の有料老人ホームについて知りたい
 有料老人ホームとは、高齢者が入居し、食事その他の日常生活上必要な便宜を供与する施設であって、老人福祉施設ではないものを指します。有料老人ホームを設置するためには市への届出が必要となります。介護が必要となったときの対応により、介護付有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームの3類型に分かれます。介護型有料老人ホームのうち、市の指定を受けたものは、介護保険法上の特定施設となり、入居者…
 
Q 濱ともカードが送付されてきたがこれは一体何か
濱ともカードは、横浜市が65歳以上の高齢者に発行しているカードです。「濱ともカード」を「濱とも協賛店」に提示すると、商品・入場料の割引など高齢者に優しいサービスを受けることができます。 ※介護保険証の年齢到達時に同封しています
 
Q 障害者総合支援法はどんな法律か。
平成25年4月1日、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)が施行されました。 この法律は、地域社会における共生の実現に向けて障害福祉サービスの充実等障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するため、障害者自立支援法を改正したものです。 この法律では、自立支援給付の対象者、内容、手続き等、地域生活支援事業、サービスの整備のための障害福祉計画の作成、費用の負…
 
Q 中途失明者のための社会適応訓練について知りたい。
目が見えない、見えにくい事から生じる生活面の不自由さを軽減するために、歩行やパソコン等の訓練のほか、福祉制度の相談等を実施しています。 詳細については、横浜訓盲院にお問合せください。 (TEL 045−641−3939) (FAX 045−641−1175)
 
Q 横浜市と他の市町村との境や市外で敬老パスは利用できるのか
 横浜市営バスは運行系統の全区間で使用できます。民営バスについては市内の停留所で乗車又は降車していただければ、原則として市外に通じる路線についても、御利用いただけます。  各路線の詳細につきましては、該当のバス事業者までお問い合わせいただきますようお願いいたします。
 
Q 横浜市福祉のまちづくり条例施設整備マニュアルはどこで販売していますか。また、いくらですか。
建築物編のみ、、新市庁舎3階の市政刊行物・グッズ販売コーナーで1部1,080円(税込み)で販売しています。 その他の施設(道路、公園、公共交通機関の施設等)については、横浜市ホームページよりダウンロードしてご利用ください。
 
Q 他の都道府県や市区町村で発行された敬老特別乗車証(敬老パス)で、市営バスに無料で乗れますか
 他の都道府県等で発行された敬老特別乗車証(敬老パス)には、それぞれ利用範囲が設定されており、横浜市内では御利用いただけません。  横浜市発行の敬老特別乗車証のみ御利用いただけます。  なお、詳細については発行元の自治体にお問い合わせください。
 
Q どこで濱ともカードはもらえるのか
各区役所高齢・障害支援課とそごう横浜店6階にあるミレニアムカウンターで交付しています。発行にあたっては、年齢と住所が確認できる公的証明書(本人確認書類)を持参ください。代理者も代理者とご本人の公的証明書(本人確認書類)があれば申請できます。
 
Q シニアボランティアに登録するにはどうすればいいですか。
 市が開催する登録研修会を受講してください。研修会終了時にポイントカードを交付します。  その後、受入施設と活動日、活動内容、活動上の留意点等を調整をした上で、活動開始となります。  研修会の日程は、区役所、地域ケアプアザ、介護施設等にチラシを配布しておりますのでそちらでご確認ください。また、ホームページでも公開しています。
 
Q 敬老パスの対象者は
 市内にお住まいで70歳以上の希望する方です。  今まで「福祉特別乗車券」をお持ちだった方も70歳になられたら「敬老パス」に切り替えになります。区役所からの案内により申請手続きをしてください。 「福祉タクシー利用券」をお持ちの方は、敬老パスとの選択制になります。
 
Q 横浜美術館で濱ともカードで無料になるのは何ですか。
横浜美術館で濱ともカードを提示することで無料となるのは「コレクション展」(いわゆる「常設展」のこと)のみで、企画展は対象とはなりません。
 
Q 福祉保健活動拠点とは、どのような施設ですか。開館日や利用等についても知りたいのですが。
(1)施設の概要    地域における市民の自主的な福祉・保健活動を行う場として提供しています。 (2)施設の利用   ・利用方法 利用については、あらかじめ登録が必要となります。           利用手続き、申し込みは、各施設にお申し出ください。   ・開館時間及び休館日     平日:午前9時から午後9時                 日曜及び祝日:午前9時から午後5時  …
 
Q 介護保険料の督促状というものが届いたがどういうものですか。
 介護保険料の納付が納期限までにお済みでない方に対し、法令に基づいて「督促状」をお送りしています。督促状には納付書がついていますので、まだお支払いがお済みでないようでしたら、そちらをご利用ください。また、お送りの時点ですでにお支払いいただいておりましたら、行き違いですのでどうぞご容赦ください。  問い合わせ先【各区役所保険年金課保険係】 連絡先は関連ホームページを参照して下さい。
 
Q 介護保険に加入している家族(被保険者)が亡くなった場合の手続きを教えてください。
◆届出先  本人の住民票がある区の区役所保険年金課 ◆お手続きが必要な方  ・65歳以上の市民の方  ・40歳から64歳までの「要介護認定」を受けている方および   「介護保険被保険者証」の交付を受けていた市民の方 ◆ご用意いただくもの  ・本人の介護保険被保険者証  ・窓口にいらっしゃる方の本人確認のための証明書  (免許証などの顔写真付の身分証明書)  ・窓口にいら…
 
Q 【障害者総合支援法】障害支援区分認定審査会の委員はどのような人がなるのですか。
障害者等(障害者若しくは障害児)の保健又は福祉に関する学識経験を有する者のうちから、市長が任命します。
 
Q ヘルプマークを身につけた方がいたら、どうすればいいですか?
電車・バスの中で、席を譲るなどの配慮をお願いします。
 
Q 閉庁時間に子どもを緊急一時的に預けたい場合
閉庁時間(月~金の8:45~17:15以外の夜間休日)に、保護者等の病気などで、お子さんを緊急一時的に預けたい場合は、下記の相談機関にご相談ください。 ○中央児童相談所(電話260-6510)
 
Q 【精神通院医療】診断書料を市で援助してもらえないか?
診断書料(意見書料)については、援助することは困難ですので、ご理解ください。
 
Q 敬老パスを拾ったが、どうしたらよいか
 お手数をおかけしますが、最寄りの区役所か交番へお届けください。
 
Q 他の区から転入しましたが、介護保険の手続きは必要ですか。
◆届出先  転入した区の区役所保険年金課  ※転出した区役所への届出は不要です。 ◆お手続きが必要な方  ・65歳以上の市民の方  ・40歳から64歳までの「要介護認定」を受けている方および   「介護保険被保険者証」の交付を希望される市民の方  ※一緒に住所変更をされるご家族の中に、上記に該当する方が   含まれる場合は、同様の届出が必要となります。 ◆ご用意いただくも…
 
Q 9月30日期限の敬老パスを持っているが、10月1日以降のパスをもらうにはどうしたらいいか?
 現在お持ちのパスを受け取られた際に、納付書(または引換券)裏面の次年度申請書に御記入いただいた場合には、9月上旬ごろから順次納付書(または引換券)を郵送いたしますので、そのままお待ちください。 申請書に御記入がなかった場合には、8月上旬ごろに申請書を送付いたしますので、そちらに御記入のうえ御返送ください。9月中旬ごろから順次納付書(または引換券)を郵送いたします。
 
Q 扶養共済制度に加入したいのだが、概要を説明してほしい。
[加入要件]  加入者(保護者)が①~③すべてに該当すること。 ①加入時の年度の4月1日時点の年齢が65歳未満であること。 ②保険契約の対象となりえない疾病や障害を有しないこと。 ③市内に住所を有すること。 障害児・者が④~⑥のいずれかに該当すること。 ④知的障害児・者 ⑤1~3級の身体障害者手帳を持っている方 ⑥精神または身体に④、⑤と同程度の永続的な障害を有する方 […
 
Q 濱ともカードで利用できるサービスはどういうものか
本事業に賛同してくださった協賛店が、独自に考えたサービスであり、高齢者に優しいサービスで事業の趣旨に沿ったサービスであれば各種サービスを受け入れています。
 
Q 濱ともカードはどういうものなのか
濱ともカードは、横浜市が65歳以上の高齢者に発行しているカードです。「濱ともカード」を「濱とも協賛店」に提示すると、商品・入場料の割引など高齢者に優しいサービスを受けることができます。
 
Q 介護保険の事業者を紹介して欲しい。
 介護サービスを提供する事業者及び施設などの情報は、各区高齢・障害(又は高齢)支援課窓口で区内通所施設、入所施設の位置を示した地図情報や各サービスごとの事業者一覧(事業所名、法人名、住所、電話、FAX番号)などの情報提供を行っています。  また、神奈川県、県下市町村、(社)かながわ福祉サービス振興会が共同開発したインターネット情報提供システム「かながわ福祉情報コミュニティ」では、個々の事業者情報…
 
Q 納付したはずなのに「督促状」が届いたが、なぜですか
金融機関等に納付された情報が、本市(区役所)に送られてくるまでに日数を要します。  すでに保険料を納付されている場合は、行き違いで督促状が発行されたものと思われますので、ご容赦ください。  問い合わせ先【各区役所保険年金課保険係】 連絡先は関連ホームページ1を参照して下さい。
 
Q ホームヘルパー(訪問介護員)の資格をとるにはどうすればよいか。
    神奈川県福祉子どもみらい局地域福祉課(福祉介護人材グループ)(045−210−4768)  にお問い合わせください。
 
Q 障害者が携帯電話を利用する際、割引を受けられる制度はありますか。
各携帯電話会社では、障害者が携帯電話を利用する際の基本使用料や通話料などを割引する制度などをおこなっています。割引内容などは、各社によって内容が異なります。 対象者は、障害者手帳の交付を受けている方です。 問合せ先 各携帯電話会社
 
Q 介護保険料の納付書を紛失してしまったので、新しい納付書を送ってもらいたいのですが。
 お住まいの区の区役所保険年金課にその旨をお申し出ください。区役所から再交付の納付書をお送りさせていただきます。  なお、再交付の納付書はコンビニエンスストアでのお取扱いができませんので、お近くの金融機関でお支払いください。 問い合わせ先【各区役所保険年金課保険係】 連絡先は関連ホームページを参照して下さい。
 
Q 介護老人保健施設の入所対象者及びサービス内容・入所費用について
介護老人保健施設は、利用者が自立した日常生活を営むことができるよう、日常生活動作のリハビリ等を行いながら、在宅生活復帰をめざす施設です。入所対象者は、病状安定期にある要介護度1から5までの高齢者の方で在宅復帰をめざし機能訓練可能な方です。詳しくは高齢施設課に問い合わせください。 (電話番号)045−671−4117
 
Q 東京都、神奈川県以外でのヘルプマークの取組はありますか?
京都府、青森県、徳島県、札幌市など、全国での取組が広がりつつあります。
 
Q 訪問看護ステーションを開設したいのですが、助成制度はありますか。
訪問看護ステーションの開設時の助成を行っていましたが、平成16年度をもって廃止となっています。
 
Q 敬老パス発行に伴うシーサイドライン定期券の有効期間は
 定期券の有効期間は、4月1日〜9月30日、及び10月1日〜3月31日の半年間です。
 
Q 福祉関係のボランティアを始めたいのですが、どこに相談すればよいでしょうか。
福祉関係のボランティア活動を行いたいときは、各区社会福祉協議会の区ボランティアセンターまたは横浜市社会福祉協議会の市ボランティアセンターへご相談ください。活動先やボランティアグループ等を紹介します。また、区民活動センターなどでも活動を紹介しています。
 
Q 手話通訳者・要約筆記者を派遣してほしい。
○日常生活上必要な要件について、手話通訳者・要約筆記者を派遣します。 [対象者]  聴覚又は音声・言語機能障害のある方 [利用料]なし [窓口]障害者スポーツ文化センター横浜ラポール3階     聴覚障害者情報提供施設     (TEL 045-475-2058)     (FAX 045-475-2059)
 
Q 敬老パスの負担金を支払うための納付書(又は引換券)の裏面の申請書に必要事項を記入しなかったのだが
 敬老パスに引き換えた後の記載及び修正はできません。  裏面に申請のない方には、8月上旬に10月1日から有効となるパスの申請書を送付いたしますので、交付を希望される場合は、そちらの申請書をご提出ください。  ※なお、裏面に申請のあった方には、9月上旬に納付書(無料の方は引換券)を送付いたします。   8月上旬に申請書は送付いたしませんので、そのままお待ちください。 
 
Q ガイドヘルパーをするには、資格はいるのですか。
横浜市でガイドヘルパーをする場合、資格が必要となります。なお、ガイドする相手の障害種別によって、必要となる資格がそれぞれ異なります。詳細は、担当課までお問い合わせ下さい。 〈お問い合せ先〉 障害福祉課 TEL:671-2401
 
Q 長寿のしおりをなくしてしまった(内容が古い)のですが、新しいのをもらえますか。
 長寿のしおりの優待は平成21年3月31日を持って終了しました。  引き続き【濱ともカード】でご利用ができます。一部利用施設やサービス内容が変更となっております。  詳しくは、【区役所高齢障害支援課】へお問い合せください。
 
Q 敬老パスで「ぶらり観光SAN路線」は利用出来るのか
平成28年10月1日(土)から運行の「ぶらり観光SAN路線」※は、敬老パスで御利用いただけます。 ※「ぶらり三溪園バス」、「ぶらり赤レンガバス」、「ぶらり野毛山動物園バス」があります。 詳細は下記交通局URLを参照 http://www.city.yokohama.lg.jp/koutuu/kankou/sanrosen/
 
Q 地域ケアプラザで働きたいのですが。
地域ケアプラザの職員については、各運営主体が募集及び雇用を行っていますので、詳細につきましては、各施設へお問い合わせください。 問合せ先は関連ホームページを参照してください。
 
Q&Aよくある質問集 > 福祉

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.