本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 福祉
 
Q&Aよくある質問集
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "福祉" 【385 件中 251 件から 300 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q デイサービスやデイケアの食費が高くなるので、弁当を持参したいが、構わないか。
 弁当を持参することは差し支えありません。 また、「ご飯」だけ自宅から持参し、「おかず」は事業所の提供するものを受けることも可能です。その際、あらかじめ契約で定めておくことにより、通常の食費とは別価格とすることも可能です。(平成17年9月7日全国介護保険指定基準・監査担当者会議)
 
Q 特別弔慰金の請求はできますか?
お住まいの区役所生活支援課で請求していただくようお願いいたします。 毎月月初(1~5日)は窓口が大変混み合います。新型コロナウイルス感染症防止対策のため、混雑時を避けてご来庁ください。
 
Q 市外の介護保険施設に入所することになった場合は、どのような手続きが必要ですか。
 横浜市の介護保険に加入されている方(被保険者)が他の市町村にある介護保険施設(介護老人福祉施設<特別養護老人ホーム>、介護老人保健施設、介護療養型医療施設<療養病床等>)・養護老人ホーム・特定施設(有料老人ホーム・軽費老人ホーム)、サービス付き高齢者向け住宅の一部に入所することに伴い、施設所在地に住民票を異動した場合でも、保険者は施設所在地の市町村ではなく、引き続き横浜市となりますので届出が必要…
 
Q 【精神通院医療】診断書を医療機関で書いてもらうのに、意見書料はかかるのか?
医療機関(指定医療機関として指定を受けている医療機関)にご確認ください。
 
Q ヘルプマークをもらうのに申請などが必要ですか?
特に書類等の提示は必要なく、お申し出に対しお渡しすることとしています。
 
Q 認知症高齢者グループホーム(認知症対応型共同生活介護)について知りたい
(1)認知症高齢者グループホーム(認知症対応型共同生活介護)とは  認知症高齢者が家庭的な雰囲気の中、住み慣れた地域で共同生活(5〜9人)を送りながら、日常生活の介護を受けます。居室、居間、食堂、浴室などを備え、利用者が能力に応じて日常生活を送ることによって、認知症の症状の進行を緩和することをめざします。 (2)対象者  認知症の状態にあり、かつ要支援2から要介護5に認定されている方で、共同…
 
Q 濱ともカードの使える協賛店一覧のパンフレットはどこで配っているか
区役所、行政サービスコーナーで配っています。
 
Q 建築物に対する福祉のまちづくり条例の事前協議はどこで行っていますか。
建築物については、建築局市街地建築課で行っています。 【電話番号】045-671-4510 【ファックス番号】045-681-2438 【メールアドレス】kc-fukumachi@city.yokohama.jp また、建築物以外の道路、公園、公共交通機関の施設は健康福祉局福祉保健課で行っています。 【電話番号】045-671-2387 【ファックス番号】045-664-3622 …
 
Q 「横浜いのちの電話」に電話をしましたが話し中でつながりません。
社会福祉法人横浜いのちの電話では、ボランティアによる24時間の相談事業を行っ ており、本市は、この事業を支援しています。   「横浜いのちの電話」の相談体制は、夜間も含め、常時複数名の相談員を確保しておりますが、相談内容によっては1件が長時間にわたるため、特に深夜は電話がつながり難くなることがあるようです。ご理解をお願いいたします。
 
Q 精神障害者保健福祉手帳の交付を申請中だが、いつ頃交付されるのか
精神通院医療・手帳事務処理センターにお問い合わせください 電話番号は045-671-3623 (平日 9:00~17:00)
 
Q 介護保険の対象はどのような人ですか。
 横浜市内に住所がある40歳以上の市民の方が、横浜市の介護保険に加入することになります(介護保険に加入されている方を被保険者といいます)。 第1号被保険者…65歳以上の市民の方 第2号被保険者…40歳から64歳までの医療保険加入の市民の方  第1号被保険者及び第2号被保険者が介護サービスを利用する際の詳細については、関連Q&A509をご覧ください。
 
Q ハンディキャブについて知りたい。
(1) ハンディキャブ(リフト付車両)の運行 専任の運転手付で低額の利用料金で提供しています。対象者は車椅子常用者等重度身体障害者で事前の登録が必要です。 (2) ハンディキャブの貸出 低額の利用料でリフト付車両を貸出します。対象者は歩行困難な障害者等 (3) 運転ボランティア紹介 貸出し用のハンディキャブ利用者のために、運転ボランティアを紹介します。 詳細については、横浜市障害…
 
Q 65歳以上で介護保険の認定を受けていないのですが、介護予防や健康づくりのために、何か受けられるサービスはありますか。
 すべての高齢者を対象に、地域で自立した生活を送ることができるよう、健康づくり(介護予防)に関する講座や教室等を実施しています。 詳しくは、区役所福祉保健センター・高齢・障害支援課または地域包括支援センターへお問い合わせください。
 
Q 民生委員の主な活動について教えてください。
(1) 相談・援助活動…地域住民のさまざまな心配ごとなどの相談にのり、必要な援助を行うほか、生活福祉資金の貸し付け利用の相談などを行います。 (2) 連絡・協力活動…社会福祉事業施設やボランティアグループ等と密接に連携し、地域福祉の推進役として、その機能を助けたり、福祉事務所等の関係機関の業務への協力を行います。 (3) 在宅・地域福祉活動…ひとり暮らしやねたきりの高齢者の状況把握・励まし、福…
 
Q ユニバーサルデザイン(UD)タクシーとは、なんですか。
広い開口部にスライドステップを備え、車いすのまま乗車できるなど、障害者や高齢者に配慮された誰もが使いやすい一般タクシー車両で、一般タクシー料金で利用が出来ます。 *予約・詳細は、導入事業者に直接お問い合せください。
 
Q 自宅での入浴が困難なのですが、入浴サービスを受けられますか
  家庭での入浴が困難な重度障害者の方を対象者に訪問入浴サービス及び施設入浴サービスを行っています。  [対象者] 家庭での入浴が困難な64歳以下の在宅の重度障害者       ※介護保険対象者は介護保険優先  [費用]  訪問入浴の場合 1回1、250円       (生活保護世帯及び生計中心者が市民税非課税世帯は無料)        施設入浴の場合 1回1、290円       (生活保護世帯…
 
Q 郵便局へ敬老パスの受け取りに行く時には本人が行かなくても大丈夫ですか
 代理の方でもお受け取りいただけます。御本人及び代理の方の本人確認書類(健康保険証、免許証など)を郵便窓口に御持参ください。なお、「納付書」又は「引換券」の名前の記載欄は、本人の署名でない場合には、押印が必要になりますので御注意ください。
 
Q 横浜市と他の市町村との境や市外で敬老パスは利用できるのか
 横浜市営バスは運行系統の全区間で使用できます。民営バスについては市内の停留所で乗車又は降車していただければ、原則として市外に通じる路線についても、御利用いただけます。  各路線の詳細につきましては、該当のバス事業者までお問い合わせいただきますようお願いいたします。
 
Q ヘルプマークをもらうのに障害者手帳は必要ですか?
手帳の所持は条件になっていません。
 
Q 障害の程度に変化があった場合の手続を教えてください。
(1)申請手続 ・ご本人がお住まいの区の区役所高齢・障害支援課またはこども家庭障害支援課で手続してください。ご家族の方も手続をすることができます。 ・6か月以内に撮影した顔写真(たて4センチ、よこ3センチ、サングラス・ポラロイド写真は不可)が1枚必要となります。 ・指定医師が作成した身体障害者診断書・意見書が必要となります。(診断書・意見書の用紙は区役所高齢・障害支援課またはこども家庭障害支…
 
Q ボランティア活動の場はどのようなところがありますか。
ボランティア活動団体が会合等で利用できる身近な施設として、「地域ケアプラザ」、「区福祉保健活動拠点」、「地区センター」、「コミュニティハウス」、「区民活動センター」などがあります。市域の施設としては、「社会福祉センター」(桜木町)「市民活動支援センター」(桜木町)などがあります。
 
Q 腎不全者のための料理教室について知りたい。
効率の良い透析治療に必要な日常生活での水分、塩分など摂取の自己管理や、いかにおいしくその材料を調理するかを学びます。 詳細については、横浜市障害者社会参加推進センターにお問合せください。 (TEL 045−475−2060) (TEL 045−475ー2064)
 
Q 長寿のしおりをなくしてしまった(内容が古い)のですが、新しいのをもらえますか。
 長寿のしおりの優待は平成21年3月31日を持って終了しました。  引き続き【濱ともカード】でご利用ができます。一部利用施設やサービス内容が変更となっております。  詳しくは、【区役所高齢障害支援課】へお問い合せください。
 
Q 敬老パスがいらなくなった場合、どこに返却すればいいのか。
 お住まいの区役所に御返却ください。  有効期間の開始日前に横浜市外へ転出された場合やお亡くなりになった場合などは、負担金を返還できる場合がございますので、お住まいの区役所高齢・障害支援課へお問い合せください。なお、有効期限開始後の返金はできません。
 
Q 障害者やその家族がいろいろな相談にのってもらえる身近な人はいますか
 横浜市では、横浜市社会参加推進センターにて障害者本人・家族によるピア相談センターを設置し、障害のある当事者の立場で、障害に関する相談に応じています。
 
Q 敬老パスについて、今はいらないが、後でも申請はできるか。
 御申請いただけます。ただし、数ヶ月遅れて発行した場合でも、負担金額が減額になることはありません。交付を御希望でしたら、なるべくお早目に御申請下さい。
 
Q 発達障害の人は障害者総合支援法を使えるのか。
発達障害のある方も、障害者総合支援法を使うことはできます。サービスのご利用にあたっては、お住まいの区福祉保健センターにお問い合わせください。
 
Q ヘルプマークを本人の代わりに受け取ることは可能ですか?
御家族等が代わりにいらっしゃる場合も、お渡ししています。
 
Q 介護保険で利用できる施設サービスにはどのようなものがありますか。
介護保険で利用できる施設サービスには次のようなものがあります。(要支援の方は利用できません。) 1.特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)入浴、排せつ、食事の介護等、日常生活上の世話、機能訓練、健康管理および療養上の世話を行う施設です。 2.介護老人保健施設利用者が自立した日常生活を営むことができるよう、日常生活動作のリハビリ等を行いながら、在宅生活の復帰をめざす施設です。  在宅生活の復帰…
 
Q 市営住宅の高齢者優遇措置について知りたい
○特認B組 住宅に困窮している高齢者世帯のため、市営住宅公募の際に一般申込者より当選率を優遇しています。 なお、「高齢者世帯」とは、申込者が60歳以上の方で「次の1〜4のいずれかに該当する同居親族」だけからなる世帯をいいます。 1 配偶者の方 2 60歳以上の方 3 18歳未満の方 4 身体障害者、知的障害者及び精神障害者の方
 
Q 【精神通院医療】自分の病気が「重度かつ継続」該当するかどうかわからないが?
自立支援医療診断書(精神通院医療用)の用紙をお持ちになって、かかりつけの医療機関(指定医療機関として指定を受けている医療機関)でご確認ください。
 
Q 第11回の特別弔慰金の受付期間はいつですか?
令和2年4月1日から令和5年3月31日までです。
 
Q 高齢者を対象としたIT講習会はありますか。
横浜市では、高齢者を対象としたIT講習は行っておりません。
 
Q 第11回戦没者等の遺族に対する特別弔慰金の申請受付窓口はどこですか?
(1)請求者または請求者から委任された代理人が申請する場合    請求者がお住まいの区役所生活支援課事務係です。 (2)成年後見人等が申請する場合    登記事項証明書に記載のある成年後見人等の住所地の区役所生活支援課事務係です。 ※毎月月初(1~5日)は窓口が大変混み合います。  新型コロナウイルス感染症防止のため、混雑時を避けてご来庁ください。
 
Q 民間の有料老人ホームについて知りたい
 有料老人ホームとは、高齢者が入居し、食事その他の日常生活上必要な便宜を供与する施設であって、老人福祉施設ではないものを指します。有料老人ホームを設置するためには市への届出が必要となります。介護が必要となったときの対応により、介護付有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームの3類型に分かれます。介護型有料老人ホームのうち、市の指定を受けたものは、介護保険法上の特定施設となり、入居者…
 
Q 敬老パスの対象者は
 市内にお住まいで70歳以上の希望する方です。  今まで「福祉特別乗車券」をお持ちだった方も70歳になられたら「敬老パス」に切り替えになります。区役所からの案内により申請手続きをしてください。 「福祉タクシー利用券」をお持ちの方は、敬老パスとの選択制になります。
 
Q 介護保険料の督促状というものが届いたがどういうものですか。
 介護保険料の納付が納期限までにお済みでない方に対し、法令に基づいて「督促状」をお送りしています。督促状には納付書がついていますので、まだお支払いがお済みでないようでしたら、そちらをご利用ください。また、お送りの時点ですでにお支払いいただいておりましたら、行き違いですのでどうぞご容赦ください。  問い合わせ先【各区役所保険年金課保険係】 連絡先は関連ホームページを参照して下さい。
 
Q 過去の高額介護サービス費の支給は受けられますか。
 サービスをご利用になった月の翌月1日から2年以内(※1)(※2)、又は勧奨通知が届いた翌日から2年以内(※2)であれば、区役所保険年金課で手続きができます。  介護保険被保険者証、印鑑、申請書、振込先を確認できるもの等をお持ちになって、お住まいの区の区役所保険年金課にお越しください。 ※1 サービス利用料の自己負担分の支払日がサービスをご利用になった月の翌月1日以降の場合は、支払日の翌日…
 
Q 「延滞金納付書」が届きましたが、延滞金はどのように計算されるのですか
 保険料を納期限までに納付していない場合は、督促状が送付されます。 督促状に記載されている指定期限後に保険料を納付された場合は、指定期限の翌日から納付された日までの期間の日数に応じ、延滞金が加算されることとなります。                                                                                     問い合わせ…
 
Q 複数の特別養護老人ホームへ申し込みできますか。
おひとりにつき5か所まで申し込みが可能です。入所申込書に希望施設名をご記入ください。ただし、複数施設に申し込む場合、後日、変更や取下げの連絡をする必要が生じた時には、必ず受付センターにご連絡ください。
 
Q 9月30日期限の敬老パスを持っているが、10月1日以降のパスをもらうにはどうしたらいいか?
 現在お持ちのパスを受け取られた際に、納付書(または引換券)裏面の次年度申請書に御記入いただいた場合には、9月上旬ごろから順次納付書(または引換券)を郵送いたしますので、そのままお待ちください。 申請書に御記入がなかった場合には、8月上旬ごろに申請書を送付いたしますので、そちらに御記入のうえ御返送ください。9月中旬ごろから順次納付書(または引換券)を郵送いたします。
 
Q 【精神通院医療】年間収入金額のわかるものは、どのような場合に必要か?
市民税非課税世帯に属し、利用者本人(18歳未満の場合は保護者)の年間収入が80万円以下の場合に必要です。
 
Q 福祉保健活動拠点とは、どのような施設ですか。開館日や利用等についても知りたいのですが。
(1)施設の概要    地域における市民の自主的な福祉・保健活動を行う場として提供しています。 (2)施設の利用   ・利用方法 利用については、あらかじめ登録が必要となります。           利用手続き、申し込みは、各施設にお申し出ください。   ・開館時間及び休館日     平日:午前9時から午後9時                 日曜及び祝日:午前9時から午後5時  …
 
Q 介護保険のサービスを利用するにあたって居宅介護支援事業者を選ぶにはどうしたらよいですか。
 区役所高齢・障害支援課の窓口や地域ケアプラザ等(地域包括支援センター)で、事業者の名簿を備えており、相談にも応じています。また、かながわ福祉サービス振興会が運営するインターネットホームページ「かながわ福祉情報コミュニティ」でも、福祉関連の最新事業者情報等を提供しています。(関連ホームページ1をご覧下さい)   利用者の意向をふまえてケアプラン(居宅サービス計画)を作成したり、個々のサービス事業…
 
Q よこはま地域包括ケア計画(第7期横浜市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画)を入手したい。
市庁舎1階の「市民情報センター」で「1冊620円」で販売しています。なお、市民情報センターでは郵送による対応も行っております(実費がかかります)。     【市民情報センター】 (TEL 045-671-3600)
 
Q  【精神通院医療】 誰の保険証(写し)が必要か?
○国民健康保険の場合 国民健康保険に加入されている家族全員分の保険証(写し) ○国民健康保険以外(健康保険組合、政府管掌保険等)の場合受診者と被保険者(被用者本人)の保険証(写し) ○生活保護世帯で医療保険に加入していない場合は不要です。
 
Q 敬老パスを拾ったが、どうしたらよいか
 お手数をおかけしますが、最寄りの区役所か交番へお届けください。
 
Q 納付したはずなのに「督促状」が届いたが、なぜですか
金融機関等に納付された情報が、本市(区役所)に送られてくるまでに日数を要します。  すでに保険料を納付されている場合は、行き違いで督促状が発行されたものと思われますので、ご容赦ください。  問い合わせ先【各区役所保険年金課保険係】 連絡先は関連ホームページ1を参照して下さい。
 
Q 移動に困難を抱える障害者等が、相談をする窓口はありますか。
移動に困難を抱える障害者等からの相談に応じて、支援制度のご案内や、サービス事業者等(タクシー事業者や地域のボランティアなども含む)の紹介・コーディネートを行う窓口として、「移動情報センター」を18区の社会福祉協議会に設置しています。 なお、「移動情報センター」では、移動支援に関するボランティア人材の発掘、育成等も行っています。 【開設日時】 月~金曜日(祝日・年末年始を除く) 午前9時…
 
Q 横浜美術館で濱ともカードで無料になるのは何ですか。
横浜美術館で濱ともカードを提示することで無料となるのは「コレクション展」(いわゆる「常設展」のこと)のみで、企画展は対象とはなりません。
 
Q&Aよくある質問集 > 福祉

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.