本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 住民票・戸籍・実印
 
Q&Aよくある質問集
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "住民票・戸籍・実印" 【139 件中 1 件から 50 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q マイナンバーの通知カード廃止後は通知カードをマイナンバーの証明として使用できなくなるのか?
マイナンバー通知カードの廃止後(令和2年5月25日)も通知カードの記載事項(住所、氏名等)が住民票と一致している場合は、通知カードをマイナンバーを証明する書類として引き続きお使いいただけます。 通知カードと住民票の表記が一致していない場合は、マイナンバーを証明する書類として使用できませんのでご注意ください。 通知カードの廃止後に通知カードと住民票の表記が一致していない場合で、マイナンバーを証明…
 
Q マイナンバーの通知カード廃止後に再発行の手続きは行えるか?
マイナンバーの通知カード廃止後(令和2年5月25日以降)は通知カードの再発行手続きが行えなくなります。通知カード廃止後にマイナンバーを証明する書類が必要な場合は、マイナンバー入りの住民票をお取りいただくか、マイナンバーカードを取得していただく必要があります。
 
Q マイナンバーの通知カードの廃止後に住所等の記載事項変更手続きを行えるか?
マイナンバー通知カードの廃止後(令和2年5月25日以降)は通知カードの住所等の記載事項変更手続きは行えなくなり、通知カードの記載が住民票上の表記と異なる場合、マイナンバーを証明する書類として使用できなくなります。
 
Q 引越ししてから14日過ぎても転入届を届出できますか。
 お引越しされてから14日を過ぎても届出できます。ただし、長い期間が経過していると窓口で状況を確認させていただいたり、疎明資料等を求める場合がありますのでご了承ください。  なお、14日過ぎて届出される場合、児童手当、小中学校の転校、保育園の関係、各種健康保険、介護保険、福祉サービス、年金などの手続きに関し、影響がある場合がありますので、あらかじめ担当課に確認をお願いします。
 
Q マイナンバーカードを申請してから受け取りまでどれくらい時間がかかりますか。
ご申請されてから1か月半から2か月かかります。マイナンバーカードが出来上がりましたらお住いの区役所から交付通知書(ハガキ)をお送りしますので、お住いの区役所まで受け取りをお願いします。受け取りについては予約制を導入しています(一部予約制をとっていない区役所もあります)。受け取り予約については、インターネット「横浜市マイナンバーカード予約システム」にてご予約いただくか、「横浜市マイナンバーカード専用…
 
Q 長津田駅行政サービスコーナーは、なぜ廃止したのか
長津田駅行政サービスコーナーは、これまでの証明発行の減少を踏まえ、効率的な行政運営の観点から、廃止することになりました。 閉所後の住民票の写しなどの各種証明書の取得については、コンビニ交付サービスや区役所、近隣の行政サービスコーナーのほか、郵送請求をご利用ください。
 
Q 横浜市外への引っ越し(転出届)※郵送で申請
【概要】  ○横浜市から他の市町村に引越するときの手続きです。  ○申請後、転出証明書を交付します   (マイナンバーカード又は住民基本台帳カード所有者が異動する場合は、    転出証明書の交付が省略されることがあります)。  ○お住まいの区の区役所窓口で受付けます。  ○電話での受付はありません。  ○行政サービスコーナーでは取り扱っていません。  ○引っ越し前に申請することがで…
 
Q 署名用電子証明書とは何か。どのような時に使用するのか
「署名用電子証明書」は、氏名、住所、生年月日、性別の4情報が記載され、e-Taxの確定申告など電子文書を送信する際に使用できます。 
 
Q コンビニで住民票等の証明書を取得できなかった
住民票の写し、住民票記載事項証明書、印鑑登録証明書は、次の条件にあたると取得できません。 (1)転出届出済みでまだ転出予定日を迎えていない住民が世帯内にいる場合  ※転出予定日を過ぎると、その方を除いて請求できるようになります。 (2)横浜市のシステムにない文字が氏名や住所に含まれ、職員による補記が必要な場合 (3)氏名や現在の住所が長く、(文字数オーバーのため)住民票に入りきらない…
 
Q 横浜市民で、本籍地は市外にあるが、コンビニ交付サービスで、住民票、戸籍証明書がとれるか
横浜にお住まいですので、マイナンバーカードを持っていれば、住民票はコンビニでとれます。戸籍証明書については、本籍地のある市区町村にお問い合わせください。
 
Q 電子証明書申請の持ち物のうち、官公署発行の顔写真付きの本人確認書類とは具体的にどういったものがありますか?
 官公署発行の顔写真付きの本人確認書類としては以下のものが該当します。 ・マイナンバーカード、写真つき住民基本台帳カード  窓口で住民基本台帳用(数字4桁)の暗証番号を照合します。 ・運転免許証、運転経歴証明書(平成24年4月1日以後に交付されたものに限る。)、旅券(パスポート)、在留カード、特別永住者証明書、特別永住者証明書、身体障害者手帳 ・官公庁職員の顔写真付きの職員…
 
Q コンビニ交付は、コンビニにマイナンバーカードや証明書を置き忘れるリスクが高いのではないか?
マイナンバーカードについては、マルチコピー機にカードをかざし、暗証番号を入力した後に、カードを取り外さないと、証明発行の画面に遷移しない仕組みとなっています。また、マイナンバーカード及び証明書の取り忘れを防止するためにマルチコピー機の画面や音声、アラームでお知らせする機能も搭載されています。 万が一取り忘れた際は、コンビニ店員が回収し、遺失物として警察に届ける運用が確立しています。
 
Q コンビニ交付とはどういったサービスなのか
コンビニ交付は、マイナンバーカードを利用して、全国のコンビニエンスストアに設置されているマルチコピー機で、住民票の写しなど各種証明書が取得できるサービスです。 【概要】 利用開始日:平成29年1月23日 利用できる方: 横浜市に住民登録されている方で、利用者証明用電子証明書を格納したマイナンバーカードをお持ちの方が利用できます。 ※住民基本台帳カード、印鑑登録証では利用できません…
 
Q 戸籍の附票の写しにより住所経過を証明したいのですが。
戸籍の附票は、本籍のある市区町村ごとに作成、管理され、戸籍届により新たに戸籍を作成する場合や既にある戸籍に新たに記載された場合には、戸籍と同時に作成されます。 その戸籍の附票に記載する住所は、戸籍が作成・記載された日からの住民票の住所を記載しています。 このため、過去の住所経過を証明する必要がある場合は、その方の戸籍届の状況や本籍の市区町村の戸籍の附票の管理状況により証明できるかはわかりません…
 
Q 平成20年7月19日に改正された戸籍の附票の改製原戸籍の附票の写しを請求することができますか。
横浜市に本籍のある方の戸籍は、平成20年7月19日に紙による方法から磁気ディスクによる方法に変更しています。これに伴い戸籍の附票の管理方法も変更しています。 平成20年7月19日以前の戸籍の附票を改製原戸籍の附票といい、平成20年7月19日から5年間は保存していましたが、現在は廃棄していますので、この改製原戸籍の附票の写しを交付することはできません。
 
Q 消除された戸籍の附票(戸籍の附票の除票)の写しは、何年前までのものの交付を受けることができますか。
戸籍の附票は、戸籍内の全ての方が消除されると戸籍の附票の除票となります。 戸籍の附票の除票は、法令が改正され令和元年6月20日より5年間から150年間保管することになりました。 横浜市では、平成25年3月31日までの戸籍の附票の除票は保管期間が経過しているため、戸籍の附票の除票の写しを交付することはできません。 平成25年4月1日以降に除票となった場合は、150年間保管されます。   …
 
Q 住民票に旧氏が併記するとマイナンバーカードや印鑑登録証明書に旧氏が併記されるのか
住民票に旧氏を併記するとマイナンバーカード、印鑑登録証明書に旧氏が併記されます。 なお、マイナンバーカードを既に交付を受けている方は、各カードの追記欄に旧氏を記載しますので、旧氏記載の手続きの際はお持ちください。これからマイナンバーカードを新たに発行される場合は、氏名に旧氏が併記されます。 また、住民票の写し、印鑑登録証明書、マイナンバーカードについて、旧氏を非表示とすること、旧氏のみを表示す…
 
Q 住民票に記載されていた旧姓(旧氏(きゅううじ))を削除したが、再度、旧姓(旧氏)を記載する場合
住民票に記載されていた旧姓(旧氏)を削除した後に、姓(氏)に変更があった方は、再度、削除した以降に生じた旧姓(旧氏)を住民票に旧姓(旧氏)として記載することができます。 《手続きをする場所》 お住いの区の区役所戸籍課 《手続きできる方》 本人及びその代理人 《必要な書類》 ・住民票に記載する旧姓(旧氏)と現在の戸籍が繋がる全ての戸籍(除籍)謄本又は抄本 ※受理証明書、届書記載事項…
 
Q 住民票に記載されている旧姓(旧氏(きゅううじ))を削除する場合
住民票に記載されている旧姓(旧氏)を使用しなくなった場合は、請求により削除することができます。 《手続きをする場所》 お住いの区役所戸籍課 《手続きできる方》 本人及びその代理人 《必要な書類》 ・マイナンバーカード ※カードに記載された旧姓(旧氏)を削除する必要があります。 ・窓口においでになる本人確認書類  ・代理人が届出をされる場合には委任状などの代理権限を確認できる書…
 
Q 住民票に記載されている旧姓(旧氏(きゅううじ))を変更する場合
住民票に記載されている旧姓(旧氏)の変更は、旧姓(旧氏)記載日以降に姓(氏)に変更があった場合に限り、新たに生じた旧姓(氏)に変更することができます。 《手続きをする場所》 お住いの区の区役所戸籍課 《手続きできる方》 本人及びその代理人 《必要な書類》 ・住民票に記載する旧姓(旧氏)と現在の戸籍が繋がる全ての戸籍(除籍)謄本又は抄本 ※受理証明書、届書記載事項証明書では受付でき…
 
Q 住民票に旧姓(旧氏(きゅううじ))を初めて記載する場合
氏に変更があった方は、戸籍及び除籍に記載されている旧姓(旧氏)を住民票に記載することができます。 《手続きをする場所》 お住いの区の区役所戸籍課 《手続きできる方》 本人及びその代理人 《必要な書類》 ・住民票に記載する旧姓(旧氏)と現在の戸籍が繋がる全ての戸籍(除籍)謄本又は抄本 ※受理証明書、届書記載事項証明書では受付できません。 ※戸籍謄本のコピーでは受付できません。原本…
 
Q 住民票などで使用する偽証明書専用用紙(地紋紙)の色は変更したのか
証明書専用用紙については偽造防止を目的として定期的に様式を変更しています。 証明書専用用紙の色は2019年9月2日(月)からピンク色から青色に変更しました。 【対象の証明書】 戸籍全部事項証明書・住民票の写し・印鑑登録証明書・課税証明書・納税証明書 など  なお、マイナンバーカードによる各種証明書のコンビニ交付サービスの用紙は変更ありません。(用紙は白色のままです。)
 
Q 金沢文庫駅東口行政サービスコーナーは、なぜ廃止したのか
金沢文庫駅東口行政サービスコーナーは、これまでの証明発行の減少を踏まえ、効率的な行政運営の観点から、廃止することになりました。 閉所後の住民票の写しなどの各種証明書の取得については、コンビニ交付サービスや区役所、近隣の行政サービスコーナーのほか、郵送請求をご利用ください。
 
Q 戸籍や住民票の証明書が無料(手数料減免)になりますか
戸籍全部(個人)事項証明書や住民票の写し、住民票記載事項証明書を交付する際に、法令の規定により、手数料を免除して交付できる場合があります。詳しくはお住まいの区の区役所へお問い合わせください。 【手数料を免除できるものの例】 1.国民年金や厚生年金の受給の手続で、年金事務所へ提出する場合   ※提出先の年金事務所や提出資料の一覧などを確認させていただく場合があります。 2.労働基準法…
 
Q コンビニで戸籍証明書が取得したいのだが、マルチコピー機の表示が「神奈川県」という表示以降進まない。
コンビニのマルチコピー機で「行政サービス」の選択後の画面で、「戸籍証明書交付の利用登録申請」ではなく、「証明書交付サービス」を選択してください。 また、「証明書交付サービス」の選択後の画面では、「他市町村の証明書」ではなく、「お住まいの市区町村の証明書」を選択してください。 ※コンビニでの戸籍証明書は市内在住・市内本籍の方しか取得できません。
 
Q 戸籍課窓口で申請する際の文書照会とはなんですか?
 マイナンバーカードや電子証明書に関する申請、印鑑登録に関する申請で官公署発行の顔写真付きの本人確認書類をお持ちではない場合には、文書照会方式での受付とさせていただく場合があります。  文書照会方式の場合は区役所の戸籍課窓口へ2回お越しいただく必要があり、最初の受付では申請書をお預かりします。その後申請した区の戸籍課から照会書というA4サイズの文書が郵送で届きますので、照会書の中の回答書欄に…
 
Q 住基カードに格納された電子証明書の有効期間が残り少ない又は切れてしまったが、再発行はできますか?
住基カードへの電子証明書の発行は終了しています。 マイナンバーカードに電子証明書が標準搭載されていますので、電子証明書をご利用になられる場合はマイナンバーカードをご申請ください。なお、マイナンバーカードは申請してから受け取りまで2か月程度かかりますので、余裕をもってお手続きください。
 
Q (紛失・焼失・盗難等により)通知カードを再交付(再発行)したいのですが、どうすればよいですか
通知カードの廃止により、令和2年5月25日以降に通知カード再交付手続きを行うことはできません。マイナンバーを証明する書類が必要な場合は、マイナンバー入りの住民票をお取りいただくか、マイナンバーカードの取得が必要となります。
 
Q 不在住証明書はどこの窓口で取れますか。
不在住証明書は、証明する日現在で「証明書の住所に住民票がない」ことを証明するものです。 該当の区の区役所で請求できます。他区の区役所や行政サービスコーナーでは取り扱っていません。郵送でも請求できます。 (1)証明書交付窓口 ・不在住証明書の対象となる区の区役所窓口でとることができます。 ・郵送で請求することもできます。電話及びファクシミリでの請求はできません。   <郵送請求の…
 
Q 不在籍証明書はどこの窓口で取れますか。
不在籍証明書は、証明する日現在で「証明書の本籍に戸籍がない」ことを証明するものです。 該当の区の区役所で請求できます。他区の区役所や行政サービスコーナーでは取り扱っていません。郵送でも請求できます。 (1)証明書交付窓口 ・不在籍証明書の対象となる区の区役所窓口でとることができます。 ・郵送で請求することもできます。電話及びファクシミリでの請求はできません。   <郵送請求の送…
 
Q コンビニ交付で証明書のデータがマルチコピー機に残ることはないのか。
 証明書等の印刷終了後、J-LIS及びコンビニ等の事業者は証明書データを即時消去する仕様となっており、データが残ることはありません。
 
Q コンビニ交付はコンビニでどうやって証明を取得するのか。
申請から交付まで、ご本人がマルチコピー機を操作します。 案内画面を見ながらのタッチパネルによる簡単操作で、申請書の記入も不要です。
 
Q コンビニ交付は4桁と16桁の暗証番号を登録したがどちらの暗証番号を入力するのか。
 4桁の数字の利用者証明用電子証明書の暗証番号を入力します。
 
Q 住民基本台帳カードや印鑑登録証でコンビニ交付を利用できますか?
コンビニ交付のシステムは、マイナンバーカードでないと利用できない仕様となっているため、住民基本台帳カードや印鑑登録証では利用できません。 また、住民基本台帳カードでコンビニ交付の利用ができる自治体もありますが、印鑑登録証は全国共通でコンビニの利用ができません。
 
Q コンビニ交付で利用できるカードは何があるのか。
 利用者証明用電子証明書の搭載されたマイナンバーカードのみです。
 
Q コンビニ交付の手数料はいくらか。
 住民票の写し、住民票記載事項証明書、印鑑登録証明書、戸籍の附票の写しは1通250円となります。  戸籍証明書は窓口で取得する場合と同じ450円となります。
 
Q コンビニ交付で取得できる証明書はどんなものがあるのか。
住民票の写し、住民票記載事項証明書、印鑑登録証明書、戸籍(全部・個人事項)証明書、戸籍の附票の写しが取得できます。
 
Q コンビニ交付の証明書を取れるコンビニはどこか。
 市内では、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ローソン・スリーエフ、ミニストップ、イオンリテール、全国では、これ以外にセイコーマート、セーブオン、コミュニティ・ストア、ポプラで取得できます。 ※マルチコピー機設置店舗に限ります。 【参考】店舗数:全国約54,000店舗(市内約1,400店舗)
 
Q コンビニ交付の証明書は24時間取れるのか。
 利用時間は、年末年始を除き午前6時30分から午後11時までとなります。また、戸籍(全部・個人事項)証明書及び戸籍の附票の写しは、平日の午前9時から午後5時までとなります。
 
Q コンビニ交付の戸籍証明書及び戸籍の附票の写しは、なぜ、平日の9時から17時までしか利用できないのか
戸籍の届出は、住民票の写しなどとは異なり、夜間や休日でも、提出することができます。届出の内容が反映されていない戸籍証明書の発行を防ぐため、区役所の開庁時間内の平日の9時から17時までの取り扱いで行うこととしています。
 
Q 行政サービスコーナーでは税証明を取得できたが、コンビニ交付では税証明を取得することはできるのか
コンビニ交付では、税証明を取得することができないため、区の証明発行窓口や近隣の行政サービスコーナーをご利用ください。
 
Q 新杉田行政サービスコーナーは、なぜ廃止したのか
新杉田行政サービスコーナーは、これまでの証明発行の減少を踏まえ、効率的な行政運営の観点から、廃止することになりました。 閉所後の住民票の写しなどの各種証明書の取得については、コンビニ交付サービスや区役所、近隣の行政サービスコーナーのほか、郵送請求をご利用ください。
 
Q コンビニ交付で取得した証明書の交換や手数料の返金は可能か
コンビニ交付で取得された証明書の交換・手数料の返金はできません。取得する証明書の内容をよくご確認の上、操作をお願いします。 証明書の内容を相談されたい方は、区の証明発行窓口や行政サービスコーナーをご利用ください。
 
Q コンビニ交付は、代理人・第三者からの請求や無料交付(手数料免除)は取り扱えるのか
コンビニ交付では、代理人・第三者からの請求や無料交付は取り扱えません。 代理人・第三者からの請求や無料交付で取得される方は、区の証明発行窓口や行政サービスコーナー、郵送請求事務センターをご利用ください。
 
Q コンビニ交付は、コンビニの店員が個人情報を扱うことはないのか
マルチコピー機の操作は利用者本人が申請から交付まで行うことになっているため、店員等の本人以外が扱うことはありません。 また、コンビニの店員は、個人情報の保護の観点から、証明書の内容や操作の補助などは行えないことになっています。
 
Q コンビニ交付のマルチコピー機は、不正なアクセスで個人情報が漏えいすることはないのか
専用の通信ネットワーク、通信内容の暗号化により、不正なアクセスができないよう守られています。
 
Q コンビニ交付は、証明書を偽造されることはないのか
普通コピー用紙を利用しますが、印刷時に、けん制文字、偽造防止検出画像及びスクランブル画像を施し、偽造防止対策をしています。
 
Q コンビニ交付で必要となる利用者証明用電子証明書の有効期限はどのくらいか
有効期間は、原則として発行の日後5回目の誕生日までとなります。 有効期間も満了の3か月前の日の翌日より更新を行うことができます。
 
Q コンビニ交付利用の際の暗証番号を間違えたらどうなるのか
暗証番号は3回連続で入力ミスをするとロックがかかり、利用できなくなります。その場合はお住まいの区の区役所戸籍課で暗証番号のロック解除及び初期化の申請が必要になります。
 
Q コンビニ交付サービスにおいて、戸籍証明書及び戸籍の附票の写しは取得できるのか
横浜市内に住所があり、本籍が横浜市内にある方については、コンビニ交付サービスにおいて、戸籍証明書及び戸籍の附票の写しは取得可能です。(マイナンバーカードが必要) 横浜市内に住所があり、本籍が横浜市外にある方は、本籍のある市区町村にお問い合わせください。 横浜市外に住所があり、本籍が横浜市内にある方については、コンビニ交付サービスでは戸籍証明書及び戸籍の附票の写しは取得できません。区役所…
 
Q&Aよくある質問集 > 住民票・戸籍・実印

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.