本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 福祉
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   横浜市外から転入するが、どうやって敬老パスを手に入れられるのか。
回答
 横浜市外からの転入手続き後、1・2ヶ月後に区役所から敬老パスの御案内を送付いたします。交付を御希望の場合は、同封の申請書に必要事項を御記入いただき、必要となる書類と併せて御返送ください。後日、納付書を送付いたします。
 ただし、利用期間が短くなってしまう場合がありますので、早く利用したい場合には、住民登録の際に、御本人の確認ができるもの(健康保険証、免許証等)と転入前の市区町村で発行される課税証明書を御持参のうえ、お住まいの区役所高齢・障害支援課にお越しください。納付書をお渡しします。なお、代理人の方がお越しになる場合は代理人の方の本人確認書類と、対象者の本人確認書類・転入前の市区町村で発行される課税証明書及び印鑑(認印)を御持参ください。個人情報が含まれるため、代理人からの申請の場合は、その場で納付書・引換券を発行できません。本人あてに郵送いたします。区役所へお越しいただくのが難しいような場合などはお住まいの区役所高齢・障害支援課へお問合せください。
 どちらの方法で御申請をいただいた場合も、御負担いただく金額は変わりません。 

Q&A番号:2328
Q&Aよくある質問集 > 福祉

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.