本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 住宅・生活環境
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   森を保全したい。
回答
(1)
 優良な緑地について、土地所有者の理解と協力を得て、様々な制度により保全に努めています。詳しくは電話等でお問い合わせください。
・市民の森 主に、樹林で形成された概ね2ha以上の土地を対象とし、土地所有者と市民の森契約を結び、市民の憩いの場として、市が散策路などの簡単な整備をし、市民に開放します。散策路などの管理は市が行い、清掃や巡視は愛護会にお願いしています。契約者へは、奨励金を支払うほか、固定資産税及び都市計画税の減免措置があります。
・緑地保存地区 市街化区域の概ね500平方メートル以上の樹林地で、土地所有者と10年間の「緑地保存契約」を締結し、緑地として保存し、良好な都市環境の確保を図っています。契約者へは、固定資産税及び都市計画税の減免措置があります。
・源流の森 市街化調整区域の概ね1000平方メートル以上の樹林地で、土地所有者と10年間の「源流の森保存契約」を締結し、緑地として保存し、郊外部の良好な環境の確保を図っています。契約者へは、固定資産税の減免措置があります。
・特別緑地保全地区 市域全域で、風致や景観に優れるなどの良好な緑地を、特別緑地保全地区として都市計画決定し、保全します。土地には開発行為ができないなどの厳しい制限がかかりますが、相続税評価額が8割減額されるなど課税上の優遇措置があります。

【環境創造局緑地保全推進課】(TEL 671-3534)

(2)「市民の森」や「ふれあいの樹林」の管理について
電話等でお問い合わせください。

【環境創造局みどりアップ推進課 森づくり担当】 (TEL 671-2624)
【北部公園緑地事務所】 (TEL 353-1166) 鶴見/神奈川/保土ケ谷/旭/港北/緑/青葉/都筑
【南部公園緑地事務所】 (TEL 831-8484) 西/中/南/港南/磯子/金沢/戸塚/栄/泉/瀬谷

<関連ホームページ>
環境創造局ホームページ

Q&A番号:62
Q&Aよくある質問集 > 住宅・生活環境

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.