本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 福祉
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   障害者が自動車を改造する際に助成はあるか。
回答
 障害者の社会参加を促進するため、普通自動車、小型自動車及び軽自動車のハンドル、ブレーキ、アクセル、移乗装置、車いす収納装置などを改造するための費用を20万円を限度に助成します(必要な装置が既に施された福祉車両を購入する場合を含む)。

1 助成対象者
(1)本人が運転する場合
肢体不自由1~3級の身体障害者手帳の交付を受けていて、自ら又は家族等が所有し自らが運転する自動車の一部を改造する必要のある方(運転免許証に限定条件の記載が必要な場合があります)。
(2)介護者が運転する場合
肢体不自由1~3級の下肢・体幹機能障害の身体障害者手帳をお持ちで(65歳以上で同手帳を取得した方を除く)、自らが運転不可能な方と同一の世帯で、その障害者の移動のために使用する自動車の一部を改造する必要のある方。

2 助成内容
(1)本人が運転する場合
普通自動車、小型自動車及び軽自動車のハンドル、ブレーキ、アクセル、移乗装置、車いす収納装置などを改造するための費用を20万円を限度に助成します(必要な装置が既に施された福祉車両を購入する場合を含む)。
(2)介護者が運転する場合
自ら運転が不可能な障害者の移動のために主に使用する普通自動車、小型自動車及び軽自動車の移乗装置、車いす収納装置を改造するための費用を20万円を限度に助成します(必要な装置が既に施された福祉車両を購入する場合含む)。

3 手続方法
自動車の改造終了後1年以内に、身体障害者手帳、印鑑または世帯員の源泉徴収表(又は課税証明書)、改造費用の明細書、自動車車検証の写し、運転免許証の写し、改造された自動車を購入する場合は標準仕様の自動車車両価格の見積書を持って各区福祉保健センターへ。

4 その他
再申請する場合は、前回の申請日から5年経過していることが必要です。(ただし、障害状況の変化などにより5年以内の再申請が可能な場合もあります。)

5 問い合わせ先
 【障害福祉課】(TEL 671-2401)
 具体的な相談は【各区福祉保健センター】にお願いします。

<関連ホームページ>
自動車改造費用の助成

Q&A番号:1631
Q&Aよくある質問集 > 福祉

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.