本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 住宅・生活環境
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   ヨコハマ・りぶいんに入居したいが、申込み資格はどのようなものがあるのか。
回答
◎申込み資格
1 入居する世帯員全員が日本国籍の方、または住民票のある外国人の方。

2 同居の親族がある方。
 ◆配偶者(住民票の続柄が「未届けの夫又は妻」とある方を含む)及び2親等以内の親族を基本とし、扶養関係のある場合や介護の必要のある場合など同居理由がある場合は、6親等以内の親族若しくは3親等以内の姻族との申し込みもできます。
 ◆親族以外の同居人との申し込みや同居親族を不自然に除いて申し込むことはできません。
 ◆婚約者と申し込む場合は、入居まで(若しくは入居後6ヶ月以内)に、婚姻した旨の公的証明書が提出できる場合は申し込むことができます。
 ◆申込み時に離婚が成立していない夫婦(戸籍上の配偶者)を分割して申込む場合は、次のいずれかに該当する方。
  (1)入居手続きまでに離婚が成立する方(離婚が成立しない場合は、入居することができません)。
  (2)申込み時に住民票で引き続き1年以上の別居が確認でき、かつ、離婚の意思が確認できる方(資格審査時に離婚の意思を確認する書類を提出していただきます)。

3 収入基準を満たす方。

4 連帯保証人を立てられる方(原則として市内に在住し、申込世帯と同程度以上の収入があること)。

5 家賃の3カ月分に相当する敷金を納入できる方。

6 住民税の滞納がない方。なお、持ち家のある方(次の場合を除く)及び現在ヨコハマ・りぶいん制度による助成を受けている方はお申込みできません。
 ◆持ち家があっても入居資格がある場合・著しく老朽化している住宅に現在居住し、ヨコハマ・りぶいんに入居後に取り壊わす場合・差押え又は正当な事由による立退き要求等により自己名義の家屋を所有していないこととなる場合・自己の所有する住宅から勤務箇所に至る経路のうち、一般に利用し得る最短の経路での通勤所要時間が2時間以上かかる場合・アパート等を賃貸することを事業として行っている場合


 ※最寄りの区役所、行政サービスコーナー、にて空家登録募集時にパンフレットを配布しています。

<関連ホームページ>
ヨコハマ・りぶいん:制度の概要
「横浜市住宅供給公社」ホームページ
「株式会社ジェイエーアメニティーハウス」ホームページ

Q&A番号:820
Q&Aよくある質問集 > 住宅・生活環境

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.