本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康保険・年金
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   海外で急病になり、現地の医療機関にかかりました。国民健康保険で払い戻しが受けられますか。
回答
 旅行や仕事などで一時的に日本を離れている間に、急な病気やけがで現地の医療機関で治療を受けた場合、支払った医療費の一部が戻ることがあります。

<申請に必要なもの>
・病名や治療の内容などが記載された診療内容明細書
(現地の医療機関が記入したもの、様式は各区役所にあります)
・費用の領収明細書(現地の医療機関が記入したもの、様式は各区役所にあります)
・代金の領収書
・申請書類が外国語で記載されている場合はその翻訳文
・被保険者証
・治療を受けた方の旅券(パスポート)原本(※)
 ※旅券で渡航の事実が確認できない場合は、法務省に対する出入国記録の開示請求を
  行っていただき、出入国に係る証明書をご提出いただきます。
・同意書(※)
 ※申請内容について、現地の医療機関等へ確認させていただく場合がありますので、診療を
受けた人の同意書をご記入いただきます。
・印鑑(世帯主名で朱肉を使うもの)
・預金通帳又は振込先の確認できるもの
(ゆうちょ銀行の場合、振込用の店名・預金種目・7桁の口座番号が必要となります)

 診療内容明細書、領収明細書、同意書の様式については、横浜市ホームページからダウンロードも可能です。

<申請先>
・お住まいの区の区役所保険年金課保険係
 関連ホームページを参照してください。

 このとき戻る費用は、日本の保険医療機関等で同様の病気やけがをして国民健康保険で保険診療を受けた場合の額(標準額)を基準にして決定されます。必ずしも海外で実際に支払った金額の保険給付分が戻るわけではありません。具体的には、実際に支払った額が大きい場合は標準額から被保険者の一部負担金相当額を控除した額、小さいときは実際に支払った額から被保険者の一部負担金相当額を控除した額を払い戻すことになります。
ただし、海外でかかる医療費は国により日本のものと比較した際に非常に高額であったりします。そのため、現地で支払った費用額と支給金額が必ずしも比例するとは限りません。ご注意ください。

<関連ホームページ>
横浜市国民健康保険 療養費の支給
区役所保険年金課保険係

Q&A番号:643
Q&Aよくある質問集 > 健康保険・年金

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.