本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 福祉
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   介護保険の要介護認定で非該当となったが、利用できるサービスはありますか
回答
 横浜市では、要介護認定で「該当しない(非該当)」と判定され、介護保険サービスの対象とならない方の中で、日常生活に支障があり、社会的支援があれば自立した生活が可能な方に、介護予防・自立支援を推進するため次のサービスを提供しています。
 詳しいお問い合わせ、お申し込みはお住まいの区役所又は地域包括支援センターへお問い合わせ下さい。

【生活支援ショートステイ】
 要介護1から要介護5に認定されていないおおむね65歳以上の方で、介護者不在やひとり暮らしなどのために生活管理が必要な方を対象に、養護老人ホームなどに短期入所し、体調の回復、生活習慣の改善などを図ります。
【中途障害者地域活動センター】
 40歳以上65歳未満の方で、脳卒中の後遺症などで心身の機能が低下している方を対象に、体力づくり等のリハビリテーションや仲間づくりを通して、日常生活の自立や社会生活の範囲の拡大を支援します。
【訪問指導】
 生活習慣病や認知症などで療養中の方、ひとり暮らしや閉じこもりがちな方、ねたきりの方などを介護している家族などを対象に、区役所の保健師、看護師、栄養士、歯科衛生士が家庭を訪問し、心身の健康に関する相談に応じながら、疾病の予防や療養生活などについてのアドバイスを行います。
【介護予防のサービス】
 すべての高齢者を対象に、地域で自立した生活を送ることができるよう、健康づくり(介護予防)に関する講座や教室等を実施しています。

<関連ホームページ>
在宅の要援護高齢者への支援
元気なうちから介護予防

Q&A番号:96
Q&Aよくある質問集 > 福祉

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.