本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康保険・年金
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   入院費用が払えないとき、国民健康保険ではどうしたらよいですか。
回答
入院費用は大きく3つに分かれます。
 ・治療に関する費用
 ・入院している間の食事代
 ・保険の利かない費用

 治療に関する費用について、全部は無理だけれど高額療養費で支給される額を除く金額(自己負担限度額)までなら払えるというときは、国民健康保険限度額適用認定証の交付を事前に受け、医療機関の窓口で提示すると医療機関での支払いが自己負担限度額までとなります。国民健康保険限度額適用認定証の申し込み窓口は各区保険年金課です。
 
 失業や災害などで収入が減り、治療に関する費用全部を支払うのが難しいときは、一部負担金の減免制度がありますので、区役所保険年金課へご相談ください。

 食事代や保険の利かない費用については、社会福祉協議会で、低所得世帯及び高齢者世帯を対象に、低利の生活資金の貸付を行っていますので、ご相談ください。

 ※70歳未満の方の場合。70歳以上75歳未満の方や後期高齢者医療対象者はすでにお持ちの受給者証で限度額までの支払いになる場合があります。該当の負担区分については、お住まいの区役所保険年金課へお尋ねください。

<関連ホームページ>
区役所保険年金課保険係
高額療養費支給制度
社会福祉協議会(各種貸付)

Q&A番号:648
Q&Aよくある質問集 > 健康保険・年金

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.