本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康保険・年金
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   国民健康保険の出産育児一時金受取代理制度とは
回答
 平成23年4月以降の出産予定の方が、受取代理制度(実施する医療機関には条件があり厚生労働省の認可が必要です)を実施する医療機関等にて国指定の申請書を作成し、さらにお住まいの区の区役所保険年金課保険係へ出産前に届出を行う(出産予定日まで2ヶ月以内の方に限ります)ことにより、出産育児一時金の受け取りについて医療機関等に委任する制度です。
 この委任を受けて出産育児一時金を保険者から医療機関等へ支給することになるため、出産費用のうち、42万円分については退院時のお支払いが不要となります。
 なお、出産費用が出産育児一時金相当額(42万円)下回った場合は、区役所保険年金課保険係に申請することにより差額分が支給されます。

<関連ホームページ>
横浜市国民健康保険 出産育児一時金の支給
区役所保険年金課保険係

Q&A番号:649
Q&Aよくある質問集 > 健康保険・年金

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.