本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 福祉
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   介護保険サービスを利用した際の利用料の負担について教えてください。
回答
1.利用者負担
 介護保険サービスを利用したときは、かかった費用の1割(一定以上の所得がある場合は、2割または3割)を自己負担します。また、介護保険施設等を利用した場合の食費や部屋代、日常生活費などは全額自己負担となります。
※施設サービス等を利用する際、所得に応じて自己負担が軽減される制度が設けられています(関連ホームページ1を参照してください)。

2.利用料の負担軽減
 1か月の1割(一定以上の所得がある場合は、2割または3割)負担分が高額になる場合には、一定金額を超えた部分について、高額介護サービス費として払い戻しを受けることができます。

 また、施設サービス等を利用する際、所得に応じて食費や部屋代の負担限度額が設けられています(負担限度額認定証の提示による特定入所者介護サービス費の支給)。

 このほか、在宅サービス・グループホーム・特別養護老人ホーム等のユニット型個室施設を利用している方で一定の要件を満たしている方に対し、介護保険サービスの利用料等を軽減する「介護サービス自己負担助成制度」を横浜市独自で行っています。詳しくは関連ホームページ2をご覧ください。

 また、社会福祉法人が行う、特別養護老人ホーム入所、訪問介護、通所介護、短期入所生活介護等の利用者負担額を軽減する制度として「社会福祉法人による利用者負担軽減制度」が設けられています。

<お問合せ先>
 社会福祉法人による利用者負担軽減制度:健康福祉局高齢施設課(TEL 045-671-3923)
 上記以外:お住まいの区の区役所保険年金課保険係

<関連ホームページ>
介護サービス自己負担助成関連資料
<問い合わせ先>

Q&A番号:515
Q&Aよくある質問集 > 福祉

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.