本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 福祉
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   介護保険で利用できる在宅サービスにはどのようなものがありますか。
回答
1.訪問介護
  ホームヘルパーが利用者の自宅を訪問し、身体介護や生活援助を行います。

2.訪問入浴介護
  看護職員や介護職員が家庭を訪問し、居室内に浴槽を運び込み、入浴サービスを
 行います。

3.訪問看護
  主治医の指示に基づき、看護師等が自宅を定期訪問し、健康チェックや療養の世話、
 助言などを行います。

4.訪問リハビリテーション
  在宅で療養できるようになった人に、主治医の指示により理学療法士や、
 作業療法士等が自宅を訪問して機能訓練などを行います。

5.通所介護
  デイサービス施設に通所し、食事や入浴の介護、リハビリ等を受けます。

6.通所リハビリテーション
  介護老人保健施設、病院、診療所に通所し、機能訓練を受けます。

7.福祉用具貸与
  生活の自立を助けるための福祉用具(12種類。要支援・要介護1の方は原則4種類)
 などが、一定の限度内で貸与されます。

8.福祉施設でのショートステイ
  特別養護老人ホーム等の福祉施設に短期滞在して日常生活上の世話を受けます。

9.老健・医療施設でのショートステイ
  介護老人保健施設や医療施設に短期滞在し医師や看護師、理学療法士等から、
 医学的管理のもと、リハビリや生活支援の世話を受けます。

10.居宅療養管理指導
  在宅で療養している人のもとへ、医師や歯科医師、薬剤師等が訪問し、
 療養するうえでの指導や助言を行います。

11.有料老人ホームでのサービス
  介護保険の指定を受けた介護付き有料老人ホームで、食事・入浴・排せつなどの
 介護やリハビリを受けます。

12.特定福祉用具購入
  レンタルになじまない福祉用具(5種類)は、都道府県(市内の場合は横浜市)
 から指定を受けた事業所から購入すると、一定の限度内で購入費の9割
 (一定以上の所得がある場合は2割または3割)が払い戻されます。

13.住宅改修
  在宅での生活に支障がないように、手すり等の住宅改修を行った場合に、
 一定の限度内においてかかった費用の9割(一定以上の所得がある場合は
 2割または3割)が払い戻されます。

14.このほかに、住み慣れた自宅や地域で生活ができるようにするためのサービスとして、
 地域密着型サービスがあります。
  地域密着型サービスの種類には、
   認知症対応型グループホーム、認知症対応型通所介護、夜間対応型訪問介護、
   小規模多機能型居宅介護、定期巡回・随時対応型訪問介護看護、複合型サービス
 があります。

<関連ホームページ>
利用できるサービス

Q&A番号:518
Q&Aよくある質問集 > 福祉

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.