本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 福祉
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   介護保険料は誰が納めるのですか
回答
 介護保険は、横浜市内に住所がある40歳以上の市民の方が、横浜市の介護保険の加入者(被保険者)で 、保険料を負担することになります。

 被保険者は、65歳を境に2つの種類に分かれていて、保険料の負担方法はそれぞれ異なります。

1 65歳以上の市民の方(第1号被保険者)  
 第1号被保険者:65歳以上の方の保険料については、年額18万円以上の老齢・退職年金の受給者は年金からの天引き(特別徴収)により、その他の方は、個別に市町村に納め(普通徴収)ていただくことになります。なお、新たに被保険者になった方については、当初は普通徴収となります。

2 40歳から64歳までの医療保険加入の市民の方(第2号被保険者)  
 第2号被保険者:64歳までの方の保険料については、加入されている医療保険料と一体的に徴収されます。 

問い合わせ先【各区役所保険年金課保険係】 連絡先は関連ホームページ2を参照して下さい。

<関連ホームページ>
保険料のしくみ
介護保険料額決定通知書同封版
介護保険料額通知書同封版
問い合わせ先

Q&A番号:473
Q&Aよくある質問集 > 福祉

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.