本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > その他
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   海外に住んでいる方の投票方法(在外投票)
回答
外国にいても投票できます 在外公館(大使館、総領事館)を通じて市区町村の選挙管理委員会に在外選挙人名簿への登録を申請し、「在外選挙人証」の交付を受けた方は、国政選挙の投票ができます。○ 在外選挙人名簿への登録申請の仕方 1) 登録資格    満20歳以上の日本国民で、引き続き3か月以上、その方の住所を管轄する領事官(大使や総領事)の管轄区域内に住所を有する方 2) 申請書の提出方法    申請書のある在外公館(大使館や総領事館)の領事窓口に申請してください。    (受付時間は、在外公館の領事窓口の受付時間です。)    ※申請時点では、3か月以上住所を有していなくても申請できますので、在留届の提出時等に領事窓口へ申請してください。 3) 在外選挙人名簿の登録市区町村    原則として、日本国内の最終住所地の市区町村選挙管理委員会になります。    平成6年4月30日以前に国外に転出された方は、本籍地での登録となります。○ 在外投票の方法など 1) 在外公館投票    投票記載場所を設置している在外公館(大使館や総領事館)で、在外選挙人証と旅券等を提示して投票できます。    投票できる期間・時間は、原則として、選挙の公示日の翌日から投票記載場所毎に決められた日までの午前9時30分から午後5時までです(投票できる時間は投票 記載場所によって異なりますので、各在外公館にお問合せください)。 2) 郵便投票    在外選挙人名簿に登録されている市区町村選挙管理委員会に、在外選挙人証を同封し、投票用紙を請求して郵便により投票できます。 3) 日本国内における投票    在外選挙人は、選挙のときに一時帰国した場合や、帰国後、国内の選挙人名簿に登録されるまでの間は、在外選挙人証を提示して、公示日の翌日から、期日前投票所(区役所)、投票日当日は選挙管理委員会が指定した投票所で投票できます。※他市町村の選挙管理委員会で不在者投票する方法もあります。    詳細につきましては横浜市・区選挙管理委員会にお問合せください。

<関連ホームページ>
在外投票

Q&A番号:472
Q&Aよくある質問集 > その他

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.