本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   廃棄物管理責任者の役割はどのようなことか
回答
 廃棄物管理責任者とは、所有者に代わってその建築物から発生する廃棄物の減量化、資源化及び適正処理を実質的に推進していく人です。
 廃棄物管理責任者には所有者自身を選任するか、あるいは所有者としての権限を委任できる人で、建築物全体の廃棄物について管理できる人を建築物ごとに1名ずつ選任してください。なお選任にあたって、条例等による資格要件はありません。

<管理責任者の役割>
(1)廃棄物処理法や横浜市一般廃棄物処理計画などの廃棄物関係法令に従って、
  当該建築物の分別ルールや排出方法、排出場所を定める。

(2)従業員やテナント事業者に分別ルールや排出方法、排出場所等の周知徹底をはかる。

(3)その建築物から排出される廃棄物の種類や量等を把握し、所有者等と協議して減量化・
  資源化等計画書を作成し、市へ提出する。

(4)廃棄物の発生抑制、減量化、資源化を推進する組織体制を整える。
  具体的には、社内に啓発担当者を配置する、テナント会議を開催し分別の協力を得る、
  清掃会社や収集運搬業者等との調整など。

(5)廃棄物の適正処理について、資源循環局と連絡調整を行う。

 ※横浜市では事業用大規模建築物に定期的に立入調査を実施しています。
  連絡等は廃棄物管理責任者に対して行います。

<関連ホームページ>
事業用大規模建築物の所有者の方へ

Q&A番号:608
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.