本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   廃棄物等保管場所は必要か、また、その広さは
回答
 廃棄物を適正に保管するには、十分に収納できる広さを確保するなどの基準を満たす必要があります。
 事業用建築物の所有者は、建築物から排出される廃棄物の保管場所の設置が義務付けられており、古紙類、金属くずなど再生利用の対象となる物についても保管場所の設置に努めなければなりません。

 また、新たに事業用大規模建築物を建設しようとする場合は、あらかじめ、廃棄物及び再生利用等の対象となる廃棄物の保管場所について資源循環局と事前協議を行い、所定の様式により市長に届け出てください。

 保管場所の広さの最低基準を算出する方法やその他資料などは資源循環局のホームページに掲載していますので、御確認ください。

 なお、御来庁の際は予約をしてからお越しください。

【協議及び提出先】
 資源循環局一般廃棄物対策課
 〒231-0005
 横浜市中区本町6丁目50番地の10横浜市役所23階

<関連ホームページ>
大規模建築物の建築主及び設計者の方へ

Q&A番号:605
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.