本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > その他
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   認知症対応型共同生活介護事業所(認知症高齢者グループホーム)、小規模多機能型居宅介護事業所、看護小規模多機能型居宅介護事業所に消防用設備(スプリンクラー設備、自動火災報知設備、消防機関へ通報する火災報知設備)を設置するにあたり補助制度はありませんか。
回答
平成27年3月末までに開所している事業所を対象に補助制度を設けています。
補助を受けるためには、募集期間中に事業計画書を提出していただき、所定の審査を経て、事業計画が選定される必要があります。
募集の時期は各年度によって異なりますので、最新の情報や手続きの概要については、ホームページでご確認ください。
なお、通所介護事業所(デイサービス)等その他の地域密着型サービス事業所を対象とした補助制度はありません。

【健康福祉局介護事業指導課】(TEL:671−3414 FAX:681−7789)

<関連ホームページ>
認知症対応型共同生活介護事業所(認知症高齢者グループホーム)の整備について
(看護)小規模多機能型居宅介護事業所の整備について

Q&A番号:154799
Q&Aよくある質問集 > その他

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.