本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 税金
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   普通徴収を希望する従業員の給与支払報告書はどのように提出すれば良いか。
回答
神奈川県及び県内全市町村で進めている「特別徴収の推進」にのっとり、平成28年度からすべての事業者様が特別徴収義務者となりますので、退職予定者等普通徴収にしなければならない方の「給与支払報告書(個人別明細書)」に例年のように「普通徴収」と記載し、提出いただいても普通徴収とすることはできません。
普通徴収を希望する場合、「神奈川県統一基準」に該当した場合のみ、普通徴収が認められますので、「普通徴収切替理由書」及び個人別明細書の摘要欄に符号を記入の上、給与支払報告書(総括表・個人別明細書)と併せて提出してください。
 なお、基準に該当しても、理由書の提出がない場合や、記載内容に不備がある場合は、普通徴収への切替ができないことがありますので、ご注意ください。

神奈川県統一基準や提出の仕方の確認についてはホームページ「特別徴収に関するよくあるご質問Q12及びQ15」をご確認ください。

<関連ホームページ>
個人住民税の特別徴収の推進について
申告書等様式・手引のダウンロード(個人市民税の特別徴収に関するもの)
特別徴収に関するよくあるご質問

Q&A番号:154751
Q&Aよくある質問集 > 税金

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.