本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 福祉
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   市民税課税世帯の場合、介護保険施設に入所したときの負担軽減制度はないのか。
回答
市民税課税世帯の被保険者は負担限度額認定の対象になりませんが、一定の要件を満たす場合は、介護保険施設入所時の負担を軽減する制度(特例減額措置)があります。
 ※ショートステイは対象外です。

【特例減額措置の要件】①~⑥のすべてを満たす必要があります。
①被保険者が属する世帯の構成員が2人以上であること
②施設入所に伴い、第4段階の食費・部屋代の負担を行うこと
③世帯の収入等から、施設の利用者負担(1割、2割または3割の自己負担、食費・部屋代の年間見込額)を除いた額が80万円以下であること
④世帯の預貯金等の合計額が450万円以下であること
⑤日常生活に供する資産以外に活用できる資産がないこと
⑥世帯に介護保険料の滞納がないこと

詳しくはお住まいの区の区役所保険年金課にご相談ください。

<関連ホームページ>
<問い合わせ先>区役所保険年金課保険係

<関連Q&A>
夫婦の一方または両方が施設に入所している場合、負担を減額する制度があると聞いたが、どういう制度なのか。


Q&A番号:143653
Q&Aよくある質問集 > 福祉

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.