本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 住宅・生活環境
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   建設(掘削)工事を行う場合の排水と地盤沈下に関する手続について教えてください。
回答
水質汚濁対策や地盤沈下対策のため、以下の手続きが必要な場合があります。詳しくは、お問い合わせ下さい。

建設工事に伴う工事排水量が、10立方メートル/日以上で排水先が公共用水域の場合は、「横浜市生活環境の保全等に関する条例」の届出が必要となります。
排水先が下水道の場合は、「横浜市下水道条例」の届出が必要となります。
問い合わせ先
 ○排出先が河川等公共用水域の場合
  【環境創造局水・土壌環境課 水質担当】
  (TEL 671−2489・3508)
 ○排出先が公共下水道の場合
  【各区の土木事務所下水道・公園係】

また、掘削深さが地表下4m以上かつその掘削面積500平方メートル以上の開削工事及び仕上がり内径1.35m以上かつ延長100m以上のトンネル工事も地盤沈下対策のため、市条例において、事前の届出が必要となります。
問い合わせ先
  【環境創造局水・土壌環境課 土壌対策担当】
  (TEL 671−2475・2494)

<関連ホームページ>
工事排水による水質の汚濁の防止
掘削作業による地盤の沈下の防止

Q&A番号:143423
Q&Aよくある質問集 > 住宅・生活環境

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.