本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 住民票・戸籍・実印
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   第三者が住民票を取りに行くことができるのか。
回答
第三者でも正当な目的があれば住民票の写しを請求することができますが、使いみちを請求書に記入し、「使いみちが確認できる資料」の提示又は提出することが必要です。
 
 窓口に来る方の自動車運転免許証、旅券(パスポート)、マイナンバー、写真付き住民基本台帳カードなど写真付きの本人確認書類をお持ちください。本人確認書類が、健康保険証など写真付きでない場合や官公署以外の機関が発行した証明書等の場合には、その他の本人確認書類をご提示いただいたり、ご質問をさせていただく場合があります。  

 また、代理人が届出をされる場合には、委任状が必要です。  

 横浜市内の区役所、行政サービスコーナーで請求できます。 

 請求書に必要な方の住所・氏名、窓口に来た方の住所・氏名、請求事由を書いてください。
(原則必要な方のみで、本籍・続柄を省略した住民票の写しを交付します。) 

 1通300円の手数料がかかります。 

 行政サービスコーナーは、月曜日〜金曜日の午前7時30分〜午後7時、土曜日・日曜日は午前9時〜午後5時まで取り扱っています(祝日、振替休日は休館)。 

Q&A番号:240
Q&Aよくある質問集 > 住民票・戸籍・実印

アクセシビリティについて
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.