本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康保険・年金
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   65〜74歳で一定の障害がある場合、後期高齢者医療の認定が受けられると聞いた。手続について知りたい。
回答
65歳〜74歳で一定の障害の状態にあることにより神奈川県後期高齢者医療広域連合の認定を受けると、後期高齢者医療制度の資格を取得します。
資格を取得すると、医療機関にかかるときの窓口での負担が、医療費の1割(現役並みの所得がある方は3割)になります。

お住まいの区の区役所保険年金課保険係に届け出てください。

なお、「一定の障害」の基準については、関連ホームページ2を参照してください。

<届出先>
 関連ホームページ3を参照

<ご用意いただくもの>
 ・身体障害者手帳・年金証書・医師の診断書など障害の程度が確認できるもの
 ・本人確認のための証明書
 (免許証などの顔写真付の身分証明書、健康保険証、介護保険証)
 ・重度障害者医療証(交付されている方のみ)
 ・国民健康保険被保険者証(横浜市国民健康保険にご加入の場合)

<関連ホームページ>
県後期高齢者医療広域連合 加入・返却
県後期高齢者医療広域連合 資格(対象者)
区役所保険年金課保険係

Q&A番号:146770
Q&Aよくある質問集 > 健康保険・年金

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.