本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 福祉
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   不動産を担保にして生活費を貸し付ける制度(リバースモーゲージ)とは、どのような制度ですか。
回答
【概要】
 居住用不動産があり、将来にわたりその住居に住み続けることを希望する高齢者世帯に対し、その不動産を担保にして、生活費を貸し付ける制度です。
 以下、社会福祉協議会の制度内容です。(一部の銀行でも取扱いがあります。)
【主な貸付条件】
 (1)年齢  本人及び配偶者が原則として65歳以上
 (2)不動産 本人が単独で所有、あるいは同居の配偶者と共有する不動産(土地・建物)に居住していること。不動産に賃借権等の利用権や抵当権等の担保権が設定されていないこと。(同じ敷地内に子供世帯の家が建っている場合や2世帯住宅の場合、所有する不動産がマンション等集合住宅の場合は対象になりません。)
 (3)収入  市民税非課税世帯程度の低所得世帯
 (4)推定相続人の中から連帯保証人1名を選任
【主な貸付内容】
 (1)貸付限度額  居住用不動産(土地)の評価額の70%(評価額は概ね1、500万円以上であること)
 (2)貸付期間   貸付元利金が貸付限度額に達するまでの期間  または本人の死亡時まで
 (3)貸付額  1か月当たり30万円以内の額(臨時増額可能)
【問い合わせ先】
 各区社会福祉協議会 問い合わせ先は横浜市社会福祉協議会のホームページを参照してください。又、区社協によっては予約制によりご相談を承るところもありますので、お手数ですが、先に電話にてお問い合わせ下さい。
 受付時間  月曜日から金曜日(午前9時〜午後5時)

<関連ホームページ>
社会福祉法人横浜市社会福祉協議会

Q&A番号:2005
Q&Aよくある質問集 > 福祉

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.