本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 住民票・戸籍・実印
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   (任意代理人による手続きの場合)一時停止した住基カードが出てきた場合どうしたらいいか
回答
一時停止した住基カードを発見した場合、一時停止解除届出を行うことで、見つかった住民基本台帳カードを引き続き使用することができます。
任意代理人による手続きの場合は、必ず文書照会方式となります。
【一時停止解除方法】
<申請先>お住まいの区の区役所戸籍課登録担当窓口
<取扱時間>平日8時45分〜17時(第2、4土曜開庁時は取り扱いできません)
<必要なもの>
 文書照会方式は、申請・届出を受付後、区役所から本人の意思を確認するための照会書が届きます。同封の回答書に署名・なつ印し、30日以内に申請・届出を行った区役所にお持ちいただいた時点で、申請・届出された処理を行います。
<必要なもの>
・一時停止解除を行う住民基本台帳カード
・任意代理人の運転免許証、パスポート、身体障害者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、マイナンバーカード、写真付き住民基本台帳カードのいずれか1点(申請時に限り、健康保険証等でも受け付けます)
の本人確認資料に加えて、さらに本人確認資料(健康保険証、年金手帳等)
・委任状

Q&A番号:146600
Q&Aよくある質問集 > 住民票・戸籍・実印

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.