本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 福祉
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   後見的支援を要する障害者支援条例について教えてください
回答
 「横浜市後見的支援を要する障害者支援条例」は2002年7月1日に施行されました。
 なお、詳細については、【健康福祉局 障害福祉部 障害企画課 企画調整係】(TEL 045-671-3603)までお問い合わせ下さい。

(参考)
(1) 条例の基本的な考え方
 1人では日常生活を営むことが困難な障害者で、特に親等がいない方や、親等が養護を行うことができない方に対して講ずべき施策を、市の責務として位置づけています。
 また、障害者本人に対する支援に加え、親等が、それぞれの子に対して抱いている今後の生活の場や福祉・医療サービスの利用方法等の不安について事前に相談できる仕組みを整えていきます。

(2) 後見的支援に関する相談について
 各区福祉保健センターで相談を受け付けています。なお、成年後見制度の利用や資産の保全など相談の内容によっては、横浜生活あんしんセンター等、適切な機関と連携して対応しています。

(3) 緊急対応事業について
 後見的な支援が必要となる障害者の養護を行っている親等が、養護を行うことができなくなったときの連絡先や当該障害者への対応方法について、あらかじめ、お住まいの区の福祉保健センターに登録しておきます。緊急時には区福祉保健センター(閉庁時は横浜市リハビリテーションセンター)が通報者からの通報により、登録内容に沿った対応を行います。


<関連ホームページ>
障害福祉のあんない

Q&A番号:220
Q&Aよくある質問集 > 福祉

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.