本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   18歳未満で障害を持っていますが、医療費の援助はありますか。
回答
 指定医療機関において、身体の障害を軽くしたり、回復させる治療を行う場合に、公費負担で必要な治療が受けられる「自立支援医療(育成医療)の給付事業」があります。
 指定の医療機関で育成医療受給者証を提示することで、保険診療の自己負担の一部(生活保護の方は入院時食事代も対象)が公費で負担されます。

※原則として事前申請が必要です。

 育成医療の自己負担は原則1割です。ただし、所得に応じて月額の自己負担額に上限が設けられ、上限額を超えた分は公費負担となります。
 (横浜市の「小児医療証」「ひとり親福祉医療証」「重度障害者医療証」をお持ちの方は、育成医療受給者証と併用することで、自己負担分も助成され、事実上の自己負担がなくなります。) 

 なお、所得計算の対象となる年の市民税所得割額(住宅借入金等特別税控除及び寄付金等控除前の金額。扶養するお子さんの年齢・人数による控除あり)が23万5千円以上の場合には、公費負担の対象外となります。
 (ただし、国による負担軽減のための経過措置継続中は、「重度かつ継続」に該当する場合に限り対象となります。
 「重度かつ継続」は、特定の障害治療(下記参照)のほか、直近の12か月以内に3回以上、健康保険から高額療養費を受けている場合が該当します。)


【対象者】

  18歳未満で、次の障害がある方、または治療をしないと障害が残る可能性があると認められる方で、手術等により確実な効果が期待できる方が対象です。
  障害の程度は身体障害者福祉法の別表と同程度であることが基準となります。
 (障害の程度や状況、治療方針について、指定医療機関の指定医による「育成医療意見書」が必要です。様式は、区役所こども家庭支援課でお渡ししています。)

【対象の障害と治療】

  1 肢体不自由 (手術、治療用装具による矯正、理学療法)

  2 視覚障害 (手術、未熟児網膜症の光凝固治療)

  3 聴覚・平衡機能障害 (手術)

  4 音声・言語・そしゃく機能障害 (手術、口蓋裂に起因する歯科矯正、言語訓練)

  5 心臓機能障害 (手術、確定診断後のカテーテル検査、心臓移植後の抗免疫療法)
     ※移植後の抗免疫療法は「重度かつ継続」に該当します。

  6 腎臓機能障害 (手術、人工透析療法)
     ※「重度かつ継続」に該当します。

  7 小腸機能障害 (手術、中心静脈栄養法)
     ※「重度かつ継続」に該当します。

  8 肝臓機能障害 (手術、肝臓移植後の抗免疫療法)
     ※移植後の抗免疫療法は「重度かつ継続」に該当します。 

  9 その他の先天性内臓機能障害 (手術)
     ※呼吸器・膀胱・直腸以外は後天性も対象となります。

  10 ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害 (抗HIV療法)
     ※「重度かつ継続」に該当します。


【申請先】

  お住まいの区の区役所こども家庭支援課

  詳細は関連ホームページを参照して下さい。

<関連ホームページ>
自立支援医療(育成医療)の給付

Q&A番号:1183
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.