本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 住宅・生活環境
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   建築物の解体をする場合、どのような石綿製品を除去する時に届出が必要なんでしょうか     
回答
(1)石綿を0.1%以上含有する特定建築材料(吹き付け石綿又は保温材、耐火被覆剤、断熱材)を除去(又は封じ込め、囲い込み)する場合は、「大気汚染防止法」の届出  が必要になります。
(2)石綿を0.1%以上含有するセメント製品(屋根材、外壁材等)を1000㎡以上除去する場合又は石綿布を除去する場合は、「横浜市生活環境の保全等に関する条例」の届出が必要になります。


問い合わせ先
【環境創造局大気・音環境課】TEL 671-3843、4227
市役所本庁舎となり、関内中央ビル8F

<関連ホームページ>
「大気汚染防止法」の届出(特定粉じん排出等作業に関する手続き)
「横浜市生活環境の保全等に関する条例」の届出(石綿排出作業に関する手続き)

Q&A番号:1259
Q&Aよくある質問集 > 住宅・生活環境

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.