本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   店舗や事務所等から出るごみは、どう処理したらいいですか。
回答
 横浜市では原則として事業活動(営利・非営利を問わず)に伴って生じる廃棄物(事業系ごみ)は収集しません。
 自己処理するか、許可を持った業者に委託して処分してください。
 家庭ごみの集積場所に事業系ごみを排出すると、法令により罰せられることがあります。

 資源循環局ホームページ内の「事業系ごみのごみと資源の分け方」を参考にしていただき、分別を徹底してください。
 (家庭ごみの分別ルールとは違いますので、御注意ください。)

 なお、市の焼却工場では、資源化可能な古紙類(新聞・雑誌・ダンボール・OA用紙・紙パック・ミックスペーパー)、プラスチック類や金属類等の産業廃棄物は受入しておりません。
 資源化可能な古紙類は、古紙業者に依頼するなどしてリサイクルしてください。
 その他のリサイクルできるもの(生ごみやプラスチック類、金属類等)は、許可業者(一部許可が不要な場合があります)等にリサイクルを依頼してください。

 ごみを排出する際は水分を良く切り、敷地内に蓋付きポリバケツやネットを設置するなどカラス等の小動物による散乱の防止に努め、街の美観を損なわない方法で排出してください。

<関連ホームページ>
事業系一般廃棄物
事業系ごみのごみと資源の分け方

Q&A番号:1002
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.