本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   PCB廃棄物を保管していますが、届出や処理の方法について教えてください。
回答
 ポリ塩化ビフェニル(以下「PCB」という。)は、絶縁性、不燃性などの特性により変圧器やコンデンサー、業務用蛍光灯安定器などの電気機器を始め幅広い用途に使用されていましたが、昭和43年のカネミ油症事件を契機に、その毒性が社会問題化し、我が国では昭和47年以降その製造が行われておりません。また、PCB廃棄物の確実かつ適正な処理を推進するため、従来の「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」に加え、平成13年7月15日に「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法(以下「PCB特措法」という。)」が施行されました。
 
1 PCB特措法に規定する事項(抜粋)
(1)PCB廃棄物を保管している市内の事業者は、毎年6月30日までに前年度におけるPCB廃棄物等の保管及び処分の状況に関して横浜市に届出しなければなりません。また、電気工作物を除く高濃度PCB使用製品についても届出が義務化されています。
(2)PCB廃棄物の保管場所の変更は制限があります。保管場所を変更する場合は事前に産業廃棄物対策課排出指導係(TEL 045-671―2513~4)へ運搬計画の相談を行うとともに、変更後は「ポリ塩化ビフェニル廃棄物等の保管の場所等の変更届出書」を提出してください。
(3)PCB廃棄物には処分期間が定められています。処分期間内に処分をしなかった場合は、行政処分や罰則の対象となります。
(4)原則としてPCB廃棄物を譲り渡し、又は譲り受けてはなりません。譲り渡し、又は譲り受けを検討している場合には事前に産業廃棄物対策課排出指導係へ相談を行ってください。また、譲り受けた者は「譲受け届出書」を横浜市に提出してください。
(5)事業者の相続・合併・分割を行う場合は承継の届出が必要です。 

2 届出書式の入手及び届出先
 横浜市資源循環局産業廃棄物対策課排出指導係の窓口又はホームページで入手できます。また、提出に際しては窓口又は郵送でお届けください。なお、一部の届出については「電子申請」での提出が可能です。
 
3 その他の注意事項
 産業廃棄物を排出する事業所は、産業廃棄物排出事業所届出書等の提出が必要になる場合があります。詳しくは、産業廃棄物対策課のホームページを参照してください。不明な点は産業廃棄物対策課排出指導係(TEL 045-671―2513~4)へ問い合わせてください。

<関連ホームページ>
ポリ塩化ビフェニル廃棄物について

Q&A番号:1436
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.