本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   産業廃棄物を排出しますが、どのように処理すればよいのですか。
回答
 産業廃棄物は事業活動に伴って生じたものであるため、その処理については排出事業者の責任において適正処理すべきことが定められています。排出事業者自らが基準に適合した処理を行えない場合は委託による処理が認められていますが、この場合には産業廃棄物処理業者との委託契約と産業廃棄物管理票(マニフェスト)の運用が必要となります。

 1 まず、産業廃棄物を処理業者に引き渡すまで保管する場所には掲示板を設置してください。また、特別管理産業廃棄物に分類されるものである場合は資格をもった特別管理産業廃棄物管理責任者を置いてください。
    
 2 次に、処理委託しようとする産業廃棄物の収集運搬許可のある業者及びその産業廃棄物の処分許可のある業
者と、それぞれ委託契約書(業者の許可証の写しを添付してください。)により契約を締結してください。

 3 マニフェストについては、排出事業者が自ら記載し、受託者である運搬業者・処分業者に渡してください(自らの責任において記載すべき事項が定められています。)。交付した管理票の写し(A票)は、管理票を交付した日から5年間保存してください。また、業者から返送される運搬終了票(B2票)・処分終了票(D票)・最終処分終了票(E票)については、作業が指示どおり完了したことの報告であるため、内容を確認し、それぞれ送付を受けた日から5年間保存してください。
                                                                
 産業廃棄物と事業系一般廃棄物の区別や、上記1〜3についての詳しい内容については【横浜市産業廃棄物対策課排出指導係】(TEL 045-671−2513〜2514)までお問い合わせください。
 受付時間 月〜金 午前8:45〜12:00、午後1:00〜5:15(土・日・祝日を除く)

<関連ホームページ>
ようこそ産業廃棄物対策課のホームページへ

Q&A番号:1437
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.