本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 福祉
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   ひとりでは日常のお金の管理や通帳などの保管が不安なので、どこか管理してもらえるところはないですか。
回答
自分で金銭や大切な書類を管理することに不安のある高齢者や障害者の財産や権利を守り、安心して日常生活が送れるよう、各区社会福祉協議会の「あんしんセンター」がご相談をお受けし、契約に基づき必要なサービスを提供します。

【対象者】
1 おおむね65歳以上の高齢者
2 20歳以上の知的障害者、精神障害者、身体障害者
3 その他、上記に準ずると認められる者

【事業内容】
1 相談(無料)
  (1)日常的な金銭の管理に不安がある
  (2)成年後見制度の内容や手続き方法について知りたい。
  (3)家族が不必要だと思われる商品を次々と購入していて心配 等
2 契約によるサービス(原則として有料。利用料は所得により異なります。)
(1)福祉サービス利用援助、定期訪問・金銭管理サービス
  (1)社会福祉協議会の職員による定期的な訪問
  (2)介護保険などの福祉サービスの利用の援助、提供状況の確認
  (3)預貯金の出納の代理・代行  等
(2)財産関係書類等預かりサービス
  (1)預貯金通帳(定期、定額)
  (2)有価証券(株券を除く)
  (3)証書(保険証書、契約書 等)

【問い合わせ先】
(1)各区社会福祉協議会
   問い合わせ先は横浜市社会福祉協議会のホームページを参照してください。
(2)横浜市社会福祉協議会横浜生活あんしんセンター
   (TEL 201−2009)
   (FAX 201−9116)
(3)受付時間
   月曜日〜金曜日 午前9時〜午後5時(祝日、年末年始を除く)

<関連ホームページ>
社会福祉法人横浜市社会福祉協議会

Q&A番号:1991
Q&Aよくある質問集 > 福祉

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.