本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 税金
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   固定資産税の住宅用地の申告とはどのようなものですか。
回答
 土地に対する固定資産税が課税される年の1月1日(賦課期日)において、住宅やアパート等の敷地として利用されている土地(住宅用地)については、特例措置があり、税金が軽減されています。 これらの土地について使用状況を変更した場合には、「住宅用地異動申告書」に必要事項をご記入のうえ、1月31日までに申告をいただくこととなっています。 (1)申告事項・住宅用地の所有者の住所及び氏名または名称・住宅用地の所在及び地積・住宅用地の上に建っている家屋の所在、所有者、種類、構造、床面積、住宅として利用されている部分の床面積及び住宅として使い始めた年月日並びにその上に建っている住居の数(2)申告が必要な場合  土地や家屋の状況に変更があった場合で、具体的には次のようなときです。・住宅を新築又は増築した場合・住宅を建て替える場合・住宅の全部又は一部を取り壊した場合・家屋の用途を変更した場合(例:店舗を住宅に変更した場合等)・土地の用途を変更した場合(例:住宅の敷地を駐車場に変更した場合等)(3)申告書の提出先 お持ちの土地のある区の区役所税務課土地担当へ提出してください。住宅用地異動申告書は各区役所税務課土地担当にあります。(横浜市のホームページからもダウンロードできます。)お問い合わせ先 【各区役所税務課土地担当】

<関連ホームページ>
申告書等様式・手引きのダウンロード

Q&A番号:1907
Q&Aよくある質問集 > 税金

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.